iOSエンジニアの求人・案件一覧

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.4万円

中央値単価

75万円

最高単価

140万円

最低単価

30万円

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は72.4万円、中央値単価は75万円、最高単価は140万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとtechtreeが264件、A-STAR(エースター)が229件、テクフリが165件、at-engineerが160件、ギークスジョブが141件、レバテックフリーランスが139件、TechStockが68件、スキルコネクトが64件、FREE-DAが57件、ビズリンクが40件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはtechtree、A-STAR(エースター)、テクフリであることがわかります。
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はtechtree、A-STAR(エースター)、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1441件、大阪府が53件、神奈川県が34件、埼玉県が23件、福岡県が14件、京都府が6件、兵庫県が5件、宮城県が4件、千葉県が3件、広島県が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

iOSエンジニアのフリーランス求人・案件について

iOSエンジニアはApple製品(iPhone・iPad・Mac)のiOSに搭載したアプリ開発を担当します。
iOSエンジニアのフリーランス求人・案件自体は小規模な開発も多く、5~6人のチームで担当部分を開発していき、開発規模が拡大しても基本的にチーム単位でタスクが課せられることが多いです。
また事業全体の技術を俯瞰し、全体を設計出来る能力があると理想的です。
iOSエンジニアとして必要なスキル・能力は、Objective-C・Swift・Swift2を使ったネイティブアプリ開発経験や実際の開発経験を必須になります。
職歴としての経歴が不十分な場合も個人でアプリを開発したり、独学でプログラミングを勉強したりなどのエンジニアとしての強い興味・意欲などがあればiOSエンジニアとして参画できるケースもあります。
なお、iOSエンジニアの活躍の場はフリマアプリ、マッチングアプリ、ソーシャルゲーム、SNSなど様々な業界に多岐に渡ります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではiOSエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでiOSエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■iOS習得難易度・勉強方法について
iOSエンジニアとして必要な開発言語は、SwiftとObjective-Cです。
iOSエンジニアを今後検討している方はObjective-CよりもSwiftの方が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめの言語です。
まず、前提としてiOSアプリケーション開発環境は、Mac OSが備わっているMacが必須です。
iOS開発に必要なXcodeというソフトウェアはAppleから無償ですが、開発環境はMac上でのみ動作する仕様です。
Swiftは2015年にオープンソース化され、WindowsやLinuxでも動作するようになっていますが、環境構築のための手順が複雑であるため初心者はMac環境をおすすめします。

iOS開発に必要なSwiftはPythonなどの言語の良い部分を参考に開発されているため、少ないコード量で記述できること、Xcodeという統合開発環境(IDE)があること、RubyやJavaなど他言語と比較して覚えることが少ないことなどの理由により初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめの言語です。
Objective-CはC言語をベースにオブジェクト指向された言語であり、初心者には習得難易度が高い言語です。

iOS開発の学習についてもう少し具体的に説明すると、
iOS開発に必要なXcodeがアプリ開発を簡単にしています。
Xcodeには、強力なコード編集機能があります。コードの補完、検索機能は動作も速く非常にコーディングしやすいです。また、画面の自動表示、分割機能などもあります、現在編集しているファイルと関連性が高いファイルを自動で表示します。画面の部品をドラッグ&ドロップでコードと関連づけることもできるため非常に直感的で開発がスムーズです。
そのため、Swiftを使ったアプリ開発が簡単になり、初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ言語です。

iOS開発の学習コストについて、JavaやC言語など他プログラミング言語と比較して時間は掛からないでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でiOS開発に必要なSwiftやObjective-Cを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
SwiftやObjective-Cを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、ある一定の学習コストは掛かってきます。
さらにiOS開発にはMacを持っていることが必要であるため、他プログラミング言語よりもその分コストが掛かるでしょう。
上述のことを総合的に考慮すると、iOS開発に必要なSwift習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ます。

iOS開発するにあたって、Appleの公式ドキュメントを熟読することをおすすめします。
Apple製品向けのアプリを公開する場合は「Appleの審査を通過する必要がある」ためです。Appleの規約に違反するアプリ、推奨されない作り方をしたアプリは審査に通らないです。
さらにAppleの公式ドキュメントにはiOS開発がスムーズに使いやすく設計されるための基礎知識が紹介されています。

iOS開発に必要なSwift習得を希望するエンジニアは、まず、Appleの公式ドキュメントを読み込む、周辺でiOS開発やSwiftに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。


■iOSエンジニアの将来性や需要
iOSエンジニアは現在フリーランス需要の高い職種です。
スタートアップを始めとする様々なインターネット企業でのiOSアプリ開発が増えたことにより、今後、iOSエンジニアのフリーランスフィ求人・案件は増加し、iOSエンジニアの需要が高まる事が予想されます。
一方リスクとしてはYappli(ヤプリ)などのアプリをクラウドサービスだけで作成できるSaasの出現によりアプリ開発の難易度が下がることなどが考えられます。

全2493件中1-10件を表示中

全2493件中1-10件を表示中