Tensorflowの求人・案件一覧

Tensorflowのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

79.4万円

中央値単価

80万円

最高単価

90万円

最低単価

55万円

Tensorflowのフリーランス案件に関するよくある質問

Tensorflowのフリーランス案件は高単価ですか?

Tensorflowのフリーランス案件の最高単価は90万円で、平均単価は79.4万円です。 Tensorflowのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は948~1,080万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のTensorflowの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるTensorflowのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Tensorflowのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Tensorflowの募集中フリーランス案件数は4件、累計掲載案件は11件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のTensorflowのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Tensorflowのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Tensorflowの募集中リモート案件数は0件、累計掲載案件は2件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるTensorflowのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Tensorflowのフレームワーク別募集中案件数推移

Tensorflowのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年2月がPython2,104件/Go言語1,007件、2022年3月がPython2,392件/Go言語1,189件、2022年4月がPython2,068件/Go言語838件、2022年5月がPython1,977件/Go言語969件、2022年6月がPython2,157件/Go言語1,020件、2022年7月がPython2,200件/Go言語1,088件となっています。
Tensorflowのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しPythonは43件(1%)の増加、Go言語は68件(6%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Tensorflowのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が4件、Relance(リランス)が1件、meetX FREELANCEが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Tensorflowのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはSEES(シーズ)、Relance(リランス)、meetX FREELANCEであることがわかります。
Tensorflowのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はSEES(シーズ)、Relance(リランス)、meetX FREELANCEを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Tensorflowのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Tensorflowのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が2件、meetX FREELANCEが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Tensorflowのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはSEES(シーズ)、meetX FREELANCEであることがわかります。
Tensorflowのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はSEES(シーズ)、meetX FREELANCEを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Tensorflowのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Tensorflowのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとmeetX FREELANCEが85万円、SEES(シーズ)が80万円、Relance(リランス)が75万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いTensorflowのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはmeetX FREELANCE、SEES(シーズ)、Relance(リランス)であることがわかります。
Tensorflowのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はmeetX FREELANCE、SEES(シーズ)、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Tensorflowのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Tensorflowのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Tensorflowのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるTensorflowのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Tensorflowのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Tensorflowのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Tensorflowのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Tensorflowのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

Tensorflowのフリーランス求人・案件数の推移

Tensorflowの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が5件、2022年3月が5件、2022年4月が5件、2022年5月が3件、2022年6月が5件、2022年7月が4件となっています。Tensorflowのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Tensorflowの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が1件、2022年3月が1件、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Tensorflowのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が78.4万円、2022年3月が78.4万円、2022年4月が78.5万円、2022年5月が78.5万円、2022年6月が78.5万円、2022年7月が78.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Tensorflowのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が941.1万円、2022年3月が941.1万円、2022年4月が942.5万円、2022年5月が942.5万円、2022年6月が942.5万円、2022年7月が942.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowの常駐案件・リモートワーク案件割合

Tensorflowの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が0件(0%)、常駐案件が4件(100%)となっており、Tensorflowフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Tensorflowのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Tensorflowのフリーランス求人・案件について

Tensorflowのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
Tensorflowのフリーランス求人・案件の平均単価は79.4万円、中央値単価は80万円、最高単価は90万円、最低単価は55万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Tensorflowのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Tensorflow経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Tensorflow経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・Tensorflow経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・Tensorflow経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・Tensorflow経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

TensorflowはGoogleが開発した機械学習のソフトウェアライブラリです。
Tensorflowの対応プログラミング言語はPythonをはじめとしC言語、C++、Java、Go言語です。
Tensorflowは機械学習や数値解析、ニューラルネットワーク(深層学習(ディープラーニング))に対応しており、GoogleとDeepMindの各種サービスなど幅広く普及しています。

Tensorflowの特徴として、Linux, macOS, Windowsなどの主要なOSで利用可能であること、データの読み込み、前処理、計算、状態、出力といった処理に対してテンソルを扱っていること、「データフローグラフを構築して処理すること」を想定して設計されていること、充実したライブラリやカスタマイズ機能があることなどが挙げられます。

Tensorflowは、scikit-learnなどの他機械学習ライブラリとは異なり、深層学習(ディープラーニング)の分野に注力しています。
また、データ分析のコンペティションとして有名なKaggleでも、TensorFlowの利用率はscikit-learnの82.8%に次50.5%と2番目に位置しています。

機械学習エンジニアを含むAI(人工知能)エンジニアの中でも深層学習(ディープラーニング)分野のフリーランス求人・案件に参画を検討しているエンジニアは習得しておくことをおすすめします。


ITフリーランスエンジニア向け求人・案件検索サイト-フリーランススタート-ではTensorflowのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでTensorflowのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。