VC++の求人・案件一覧

VC++のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

55.9万円

中央値単価

55万円

最高単価

140万円

最低単価

27万円

全673件中1-30件を表示中

全673件中1-30件を表示中

VC++のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

VC++のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとPE-BANKが28件、Midworksが22件、レバテックフリーランスが21件、パーソルテクノロジースタッフが8件、フォスターフリーランスが5件、テックビズフリーランスが3件、ギークスジョブが2件、ビズリンクが2件、TechStockが2件、アットエンジニアが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
VC++のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはPE-BANK、Midworks、レバテックフリーランスであることがわかります。
VC++のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はPE-BANK、Midworks、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

VC++のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

VC++のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
VC++のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランスであることがわかります。
VC++のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

VC++のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

VC++のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとテックリーチが75万円、TechStockが75万円、Midworksが71万円、アットエンジニアが70万円、テックビズフリーランスが68.7万円、Stylee(スタイリー)が65万円、ギークスジョブが65万円、フォスターフリーランスが64万円、ビズリンクが62.5万円、PE-BANKが61.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いVC++のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはテックリーチ、TechStock、Midworksであることがわかります。
VC++のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はテックリーチ、TechStock、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

VC++のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

VC++のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が110件、大阪府が40件、神奈川県が33件、福岡県が8件、北海道が6件、京都府が6件、千葉県が2件、愛知県が2件、岡山県が2件、埼玉県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
VC++のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
VC++のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

VC++のフリーランス求人・案件数の推移

VC++の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が67件、2022年1月が55件、2022年2月が76件、2022年3月が80件、2022年4月が83件、2022年5月が51件となっています。VC++のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、32件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

VC++のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

VC++の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が4件、2022年1月が3件、2022年2月が6件、2022年3月が6件、2022年4月が7件、2022年5月が10件となっています。VC++のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

VC++のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

VC++のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が55.3万円、2022年1月が55.4万円、2022年2月が55.5万円、2022年3月が55.7万円、2022年4月が55.9万円、2022年5月が55.9万円となっています。VC++のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

VC++のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

VC++のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が663.9万円、2022年1月が665.0万円、2022年2月が665.6万円、2022年3月が668.7万円、2022年4月が671.1万円、2022年5月が670.7万円となっています。VC++のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.4万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

VC++の常駐案件・リモートワーク案件割合

VC++の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が10件(19.6%)、常駐案件が41件(80.4%)となっており、VC++フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

VC++のフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

VC++のフリーランス求人・案件について

VC++のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
VC++のフリーランス求人・案件の平均単価は55.9万円、中央値単価は55万円、最高単価は140万円、最低単価は27万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

VC++のフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・VC++経験1年未満:28万円前後 (年収330万円)
・VC++経験1年~2年:33万円前後 (年収396万円)
・VC++経験2年~3年:47万円前後 (年収561万円)
・VC++経験3年~5年:55万円前後 (年収660万円)
・VC++経験5年以上:66万円前後 (年収792万円)

VC++について
Visual C++とは、Microsoft社のC言語・C++言語のソフトウェア開発のための統合開発環境です。
プログラム設計図のソースコード入力のテキスト編集・ソースコードを実行可能形式に変えるコンパイラ・ソフトウェア部品群のライブラリ・プログラムのバグ発見とデバッガ・言語仕様やライブラリ関数の文書データベース「MSDN」などで構成される。

VC++案件の単価を決定する要因は、
- C++・C言語自体での開発経験年数
- VC++環境での開発経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではVC++のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでVC++求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■VC++の市場動向やニーズについて
VC++は開発環境です。
C言語・C++の開発時に使用する為、他業界(製造業等)の組み込みシステム・大規模システム開発が多く、さらに一部Webシステム開発でも活用されることもあるので需要の安定性はあるでしょう。
今後C言語・C++を活用する場が見込めるため、VC++は市場価値がある環境の一つと言えるでしょう。