PL/SQLの求人・案件一覧

PL/SQLのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

54.2万円

中央値単価

50万円

最高単価

150万円

最低単価

30万円

全2281件中1-30件を表示中

全2281件中1-30件を表示中

PL/SQLのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

PL/SQLのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが92件、FREE-DAが45件、Midworksが42件、ギークスジョブが40件、TechStockが35件、PE-BANKが29件、パーソルテクノロジースタッフが24件、アットエンジニアが16件、フォスターフリーランスが13件、ビズリンクが12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
PL/SQLのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、FREE-DA、Midworksであることがわかります。
PL/SQLのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、FREE-DA、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PL/SQLのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

PL/SQLのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが4件、パーソルテクノロジースタッフが3件、PE-BANKが2件、TechStockが1件、indecoが1件、1 on 1 Freelanceが1件、Remogu(リモグ)が1件、マノア・リノが1件、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が1件、E-agentが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
PL/SQLのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、PE-BANKであることがわかります。
PL/SQLのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、PE-BANKを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PL/SQLのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

PL/SQLのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとSKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が110万円、ハイパフォコンサルが90万円、テックビズフリーランスが74.3万円、アットエンジニアが72.2万円、FREE-DAが69.9万円、TechStockが68.5万円、indecoが65.5万円、E-agentが65万円、テックリーチが65万円、マノア・リノが65万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いPL/SQLのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはSKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)、ハイパフォコンサル、テックビズフリーランスであることがわかります。
PL/SQLのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はSKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)、ハイパフォコンサル、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PL/SQLのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

PL/SQLのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が510件、大阪府が148件、神奈川県が53件、千葉県が15件、北海道が11件、福岡県が7件、京都府が5件、兵庫県が4件、埼玉県が3件、秋田県が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
PL/SQLのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
PL/SQLのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

PL/SQLのフリーランス求人・案件数の推移

PL/SQLの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が257件、2022年1月が163件、2022年2月が274件、2022年3月が327件、2022年4月が330件、2022年5月が123件となっています。PL/SQLのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、207件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

PL/SQLのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

PL/SQLの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が20件、2022年1月が11件、2022年2月が27件、2022年3月が22件、2022年4月が27件、2022年5月が30件となっています。PL/SQLのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

PL/SQLのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

PL/SQLのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が54.4万円、2022年1月が54.5万円、2022年2月が54.5万円、2022年3月が54.4万円、2022年4月が54.2万円、2022年5月が54.2万円となっています。PL/SQLのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

PL/SQLのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

PL/SQLのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が653.1万円、2022年1月が653.7万円、2022年2月が654.0万円、2022年3月が652.8万円、2022年4月が650.2万円、2022年5月が650.8万円となっています。PL/SQLのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

PL/SQLの常駐案件・リモートワーク案件割合

PL/SQLの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が30件(23.6%)、常駐案件が97件(76.4%)となっており、PL/SQLフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

PL/SQLのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

PL/SQLのフリーランス求人・案件について

PL/SQLのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
PL/SQLのフリーランス求人・案件の平均単価は54.2万円、中央値単価は50万円、最高単価は150万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

PL/SQLのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・PL/SQL経験1年未満:25万円前後 (年収300万円)
・PL/SQL経験1年~2年:30万円前後 (年収360万円)
・PL/SQL経験2年~3年:43万円前後 (年収510万円)
・PL/SQL経験3年~5年:50万円前後 (年収600万円)
・PL/SQL経験5年以上:60万円前後 (年収720万円)

PL/SQLについて
PL/SQLは、Oracle社がOracle Databaseのためにコンピュータのデータベース言語SQLを独自に拡張したプログラミング言語です。PL/SQLは高い生産性と優れたセキュリティに加え、強力なSQLをサポートしているため、データ間での仕様変換の必要なく、現場の生産性向上の技術として習得しておくべきでしょう。
近年Web系の企業でアプリケーション開発を中心にPL/SQLはニーズが増えており、特にデータベースを扱うエンジニアなら絶対に習得すべき言語です。

PL/SQLのフレームワーク
・ut PLSQL
・PLUTO

PL/SQL案件の単価を決定する要因は、
・PL/SQLでの開発経験年数
・Oracle・SQLでの開発経験年数
・ビッグデータ活用経験年数
・チームでの開発経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではPL/SQLのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでPL/SQLフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■PL/SQLの市場動向やニーズについて
PL/SQLのニーズは一定数あります。
PL/SQLは、基本的にはOracle DB上のプログラミング言語であるため、Oracle DBを使用したシステム開発で使われることが殆どです。特にCRMシステム・流通系・金融系システム等の可用性・信頼性の求められる分野で開発案件が多いです。

PL/SQLはSQLを拡張したプログラミング言語であることやデータベースの言語としてはSQLが標準として使われ続けていることや、Oracle DBも業務システムを中心に広く使われていることもあり、今後PL/SQLが一気に廃れるということはないでしょう。
しかし、クラウドの普及やGUIのツールの普及により、データベースを取り巻く環境も今以上に変化していくことが考えられるため、少しずつ変化していかなければならないでしょう。