データベースエンジニアの求人・案件一覧

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

68.2万円

中央値単価

65万円

最高単価

160万円

最低単価

30万円

全1566件中1-30件を表示中

全1566件中1-30件を表示中

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとTechStockが129件、フォスターフリーランスが69件、レバテックフリーランスが61件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が51件、Midworksが26件、PE-BANKが21件、ビズリンクが19件、Juntoが15件、ギークスジョブが12件、indecoが11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはTechStock、フォスターフリーランス、レバテックフリーランスであることがわかります。
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はTechStock、フォスターフリーランス、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとランサーズエージェント(Lancers Agent)が15件、E-agentが4件、PE-BANKが3件、レバテックフリーランスが3件、Midworksが1件、フォスターフリーランスが1件、ビズリンクが1件、i-common tech(アイコモン テック)が1件、マノア・リノが1件、Stylee(スタイリー)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはランサーズエージェント(Lancers Agent)、E-agent、PE-BANKであることがわかります。
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はランサーズエージェント(Lancers Agent)、E-agent、PE-BANKを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとDATA SOLUTIONが111.7万円、ハイパフォコンサルが110万円、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が100万円、i-common tech(アイコモン テック)が90万円、techtreeが88.1万円、TechStockが82万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が80.7万円、フィジオが80万円、フリーランスのミカタが80万円、Relance(リランス)が80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いデータベースエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはDATA SOLUTION、ハイパフォコンサル、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)であることがわかります。
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はDATA SOLUTION、ハイパフォコンサル、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が644件、大阪府が38件、神奈川県が25件、北海道が4件、埼玉県が3件、長野県が3件、群馬県が2件、兵庫県が2件、秋田県が1件、福島県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとOracleが729件、SQLが158件、PostgreSQLが59件、Javaが43件、MySQLが42件、SQL Serverが42件、DB2が34件、AWSが33件、Linuxが27件、PL/SQLが26件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Oracle、SQL、PostgreSQLのスキルを求めているデータベースエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Oracle、SQL、PostgreSQLの開発経験があるフリーランスはデータベースエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとRedshiftが130.0万円、Redmineが130.0万円、JUnitが120.0万円、ファイヤーウォールが108.0万円、Sybaseが100.0万円、CodeIgniterが99.0万円、Azureが90.0万円、VMwareが86.9万円、SASが85.0万円、Gitが84.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
高単価案件を求めているフリーランスはデータベースエンジニアのRedshift、Redmine、JUnitの求人・案件に参画すると良いでしょう。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

データベースエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が154件、2022年1月が159件、2022年2月が220件、2022年3月が244件、2022年4月が274件、2022年5月が175件となっています。データベースエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、99件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

データベースエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

データベースエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が51件、2022年1月が44件、2022年2月が54件、2022年3月が66件、2022年4月が70件、2022年5月が86件となっています。データベースエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、16件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が66.2万円、2022年1月が66.6万円、2022年2月が66.6万円、2022年3月が66.8万円、2022年4月が67.6万円、2022年5月が68.2万円となっています。データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が794.0万円、2022年1月が799.5万円、2022年2月が799.0万円、2022年3月が801.8万円、2022年4月が811.0万円、2022年5月が818.3万円となっています。データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し7.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

データベースエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

データベースエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が85件(45.9%)、常駐案件が100件(54.1%)となっており、データベースエンジニアフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件について

データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
データベースエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は68.2万円、中央値単価は65万円、最高単価は160万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

データベースエンジニアは、データベースの開発・設計・運用・管理を担当します。
データベースエンジニアの業務内容はデータベース開発と設計・データベース運用・データベース管理があり簡単に説明します。
まず、データベース開発・設計について、顧客がデータベースでどの様なデータを管理するのか確認し、顧客のニーズに応じて、最適なデータベースを開発・設計します。Oracle・MySQL・Microsoft SQL Server・PostgreSQL等のデータベースアプリケーションを使用して、データベースを開発します。
次にデータベース管理について、データベースシステムを動かすにはデータの適切な管理が必要です。データ保存しているサーバーの効率化・最適化等のチューニングを実施することも業務の1つです。
最後にデータベース運用について、データベースへのアクセス権管理・データバックアップ等、システム運用を実行します。稼働中のデータベースへの不正侵入・データ流出防止のセキュリティ設計も業務の1つです。
データベースエンジニアの必要なスキル・経験ですが、システムエンジニア(SE)の業務経験が望ましいです。また多くのシェアを占めているデータベースはOracle・MySQL・Microsoft SQL Server・PostgreSQL等であり、これらの製品の深い知識・業務経験にを持ち合わせていることが、データベースエンジニアに必要になります。
なお、ビッグデータ解析等の高速なデータ処理システムでは、MongoDB・Redis・Memchached等のデータベースソフトのスキル・知識があることが理想的です。他にも、別部門と多く接触があるデータベースエンジニアには高いコミュニケーション能力も要求されます。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではデータベースエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでデータベースエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■データベースエンジニアの将来性や需要
データベースエンジニアにおける現在フリーランス需要は横ばいです。
エンジニアがマルチタスク化されているため、他職種のエンジニアがデータベースに関わる仕事を 兼任する企業が多くなっており、データベースをメインに扱うエンジニアが減少していることやクラウドの普及により固有の環境におけるデータベース設計の機会が減少し、専任でデータベースエンジニアを採用するケースが減少しているためです。
なお、クラウドなどの知識や経験を幅広く持ったデータベースエンジニアにキャリアをシフトしていくことで市場価値は高くなり、対応可能な求人・案件が増加するでしょう。