クラウドエンジニアの求人・案件一覧

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.3万円

中央値単価

80万円

最高単価

110万円

最低単価

48万円

全80件中1-30件を表示中

全80件中1-30件を表示中

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとアットエンジニアが36件、フォスターフリーランスが19件、i-common tech(アイコモン テック)が5件、Midworksが4件、ビズリンクが2件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が2件、スマートキャリアが2件、Relance(リランス)が1件、Aegis(イージス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはアットエンジニア、フォスターフリーランス、i-common tech(アイコモン テック)であることがわかります。
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はアットエンジニア、フォスターフリーランス、i-common tech(アイコモン テック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが4件、フォスターフリーランスが4件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1件、スマートキャリアが1件、Aegis(イージス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、フォスターフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、フォスターフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとRelance(リランス)が110万円、ビズリンクが97万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が84万円、アットエンジニアが78.2万円、フォスターフリーランスが74.9万円、フリエンが72.5万円、i-common tech(アイコモン テック)が72万円、スマートキャリアが70万円、Midworksが65万円、Aegis(イージス)が60万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
月額単価の高いクラウドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはRelance(リランス)、ビズリンク、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はRelance(リランス)、ビズリンク、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が42件、大阪府が3件、北海道が1件、兵庫県が1件、広島県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、北海道に最も集中している事がわかります。
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、北海道あたりが良いでしょう。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとAWSが22件、Google Cloud Platform(GCP)が5件、VMwareが5件、Azureが3件、Citrixが2件、Zabbixが2件、Terraformが2件、Javaが1件、Pythonが1件、Rubyが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
AWS、Google Cloud Platform(GCP)、VMwareのスキルを求めているクラウドエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
AWS、Google Cloud Platform(GCP)、VMwareの開発経験があるフリーランスはクラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとLambdaが94.0万円、Tornadoが90.0万円、TypeScriptが90.0万円、Pythonが90.0万円、Azureが88.3万円、Citrixが88.0万円、Linuxが85.0万円、AWS CloudFormationが80.0万円、AWS RDSが80.0万円、AWS CloudFrontが80.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはクラウドエンジニアのLambda、Tornado、TypeScriptの求人・案件に参画すると良いでしょう。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

クラウドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年8月が1件、2021年9月が7件、2021年10月が17件、2021年11月が12件、2021年12月が26件となっています。クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、14件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

クラウドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

クラウドエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年8月が2件、2021年9月が5件、2021年10月が11件、2021年11月が6件、2021年12月が13件となっています。クラウドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、7件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年8月が73.3万円、2021年9月が77.6万円、2021年10月が77.6万円、2021年11月が76.5万円、2021年12月が77.5万円となっています。クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.0万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年8月が880.0万円、2021年9月が930.7万円、2021年10月が930.7万円、2021年11月が917.6万円、2021年12月が929.9万円となっています。クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し12.3万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

クラウドエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

クラウドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が14件(22.6%)、常駐案件が48件(77.4%)となっており、クラウドエンジニアフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件について

クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は77.3万円、中央値単価は80万円、最高単価は110万円、最低単価は48万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

■クラウドエンジニアについて
クラウドエンジニアについて説明します。
​​クラウドエンジニアとは、クラウド上でシステムを設計・構築・運用するエンジニアを指します。
近年コスト削減や開発スピードの向上を目的にインフラ環境をオンプレミスからパブリッククラウドへ移行する企業が増加しています。
クラウド上でサーバーやネットワークを構築・運用できるため、インフラエンジニアなどバックエンドエンジニアと異なりデータセンターなどで直接手を動かす作業が不要となります。
クラウドサービスとしては、AWS、Azure、GCP(Google Cloud Platform)が有名です。

クラウドエンジニアの仕事内容はインフラ設計、クラウド構築、クラウド運用・保守があります。
それぞれの工程を簡単に説明します。

インフラ設計
インフラの設計は、企業に最適なクラウドサービスを考え、選定や利用の特徴、開発目的などに留意しつつ、セキュリティや将来的に拡張するであろう機能なども考えての設計を行います。将来を見越して拡張性を考慮した設計を行うことと、クラウド環境に対応した特有のセキュリティを加味した設計を行うことが大切です。

クラウド構築
クラウド構築は、インフラ設計で作成した設計書をもとに、クラウド上でシステム環境を構築します。
クラウド構築内容は、クライアントの要望に合わせたソフトウェアの導入や仮想サーバーの作成、ストレージ設定、データベース構築などです。
クラウドシステムに必要な要素を用意するため、必要なコードをプログラムで書くことも仕事に含まれます。
構築作業が終わったら負荷テストを実施し、問題なく正常に動作するか確認をします。


クラウド運用・保守
構築したクラウドが正常な動作であるかを保守・監視するのもクラウドエンジニアの仕事です。オンプレミスに比べ構築が容易なクラウド環境において、保守・運用も大切です。
不具合が発生した場合は、すぐに原因を突き止め、企業に甚大な損害を与えないよう迅速な対応が求められます。


■クラウドエンジニアとインフラエンジニアの違い
クラウドエンジニアとインフラエンジニアの違いを説明します。

クラウドエンジニアはクラウドを利用したシステムの設計や構築、運用を行うエンジニアです。一方インフラエンジニアはサーバーやネットワークの設計や構築、運用などのインフラ環境を管理するエンジニアです。
また、知識/スキル面においてインフラエンジニアはサーバ技術を主体として設計・構築・保守・運用を担当しています。クラウドエンジニアはコンピュータを資源として取扱い、仮想化技術を用いて資源の割り当てや監視等を行っていきますので、より広範囲な知識が求められます。


■クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル
クラウドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルを説明します。
特に今後クラウドエンジニアへの案件参画を検討している方は参考にしましょう。

サーバー・ネットワークの知識/スキル
クラウドエンジニアはクラウド上にインフラ構築を行うため、サーバー・ネットワークの知識/スキルは必要です。つまりサーバーを理解し、その役割や構築・運用・保守方法の知識が必要です。
特にサーバーは主にLinuxベースなので、Linuxを用いたサーバーの構築・運用知識/スキルは必須です。
加えてオンプレミスとパブリッククラウドを併用する際、どのようなネットワーク構成が最適か判断し、実際に構築できる知識/スキルもあると良いでしょう。


ミドルウェアの知識/スキル
クラウドエンジニアはインフラ構築にあたり、ミドルウェアの知識/スキルが必要です。
ミドルウェアとは、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するソフトウェアの総称です。システム運用・管理、分散処理を可能にするソフトウェアで、データベース管理システム(DBMS)やデータ連携ツールがミドルウェアに当たります。

つまり、今までオンプレミスで構築していたものをクラウド上で構築するためにも、クラウドエンジニアにもミドルウェアに関する知識やスキルが必要です。


オンプレミスの知識/スキル
クラウドエンジニアはオンプレミスの知識/スキルが必要です。
その理由としてクラウド技術を必要とする企業は、インフラをオンプレミスからパブリッククラウドに移行することが多いためです。
オンプレミスの環境下では、サーバーやスイッチ、ルーター、ロードバランサー、ファイアウォールやIPS/IDSなどの機器が使用されています。

多様なIT機器を把握し、クラウド上に再現するためオンプレミスの知識/スキルは欠かせません。


コミュニケーションスキル
クラウドエンジニアはコミュニケーションスキルが必要です。
クラウドエンジニアはITシステムの基盤であるインフラを担当するため、インフラ設計の段階ではクライアントから仕様要求をヒアリングし、開発チームと連携してシステム構築を進め、運用のフェーズにはユーザーとのやり取りも発生します。
社内・社外の方とやり取りがあるため、コミュニケーションはあった方が良いです。


AWS/Azure/GCPに関する知識/スキル
クラウドエンジニアとして、AWS/Azure/GCP(Google Cloud Platform)などのパブリッククラウドの知識は必須です。
特にAWSはIaaSパブリッククラウド市場のシェア率を圧倒的に占めているため、フリーランス求人・案件数も多いです。


■クラウドエンジニアにおすすめの資格
クラウドエンジニアにおすすめの資格を説明します。
クラウドエンジニアへなるためには特に資格は必要ではないですが、クラウドエンジニアとして保有しておくと良い資格を説明します。

・AWS認定資格
・Microsoft Azure認定試験
・Google Cloud認定資格

AWS認定資格
AWS認定資格はAWSが認定しているベンダー資格です。AWS上でアプリケーション開発などができるだけの知識やスキルを持っていることを認定する資格なので、クラウドエンジニアとしてAWSを活用するスキルを持っていることを証明できます。

特にAWSに関する専門知識やスキルを証明するための認定資格であるAWS 認定ソリューションアーキテクトの取得をおすすめします。


Microsoft Azure認定試験
Microsoft Azure認定試験はMicrosoft社の認定資格であるMCP(マイクロソフト認定プログラム)内にあるベンダー資格であり、Azureに関する知識やスキルを認定する資格です。
学習方法はMicrosoft Learnと呼ばれるマイクロソフト社が提供する学習サービスがあり、無料でAzure環境に触れることができますのでおすすめです。
Microsoft Azure認定試験の資格を取得することで、Azureに関する一定の専門知識の証明になるでしょう。


Google Cloud 認定資格
Google Cloud 認定資格はGoogle Cloudを活用したアプリケーションやデータソリューションなどの開発、設計、運用を習得した証明となる資格です。
試験の分野には、開発者、データ、セキュリティ、ネットワークなどさまざまな種類が存在します。
認定資格を得ることで、Google Cloudに関する特定の分野のスキルの証明になるでしょう。


■クラウドエンジニアの市場動向やニーズ
クラウドエンジニアの市場動向やニーズを説明します。

将来的にクラウドエンジニアの需要は増加していくでしょう。

その理由としてIT人材不足であること、クラウド市場規模の拡大が挙げられます。
まず、IT人材不足について説明します。
経済産業省のIT人材需給に関する調査によると2030年最大で79万人が不足すると言われています。この要因はAIやIoT、5GなどIT産業の飛躍的な発達が挙げられます。

次にクラウド市場規模の拡大していることについて説明します。
2021年3月、IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社は、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しました。

同発表によると、2020年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比19.5%増の1兆654億円、2020年~2025年の年間平均成長率(CAGR)は19.4%で推移するとのことです。
2025年の市場規模は2020年比2.4倍の2兆5,866億円になると予測しています。


上記2点を考慮すると、今後クラウドエンジニアのニーズは高まっていく可能性が高いです。また、クラウドエンジニア市場も相対的に拡大していくでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではクラウドエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ぜひ一度フリーランススタートでクラウドエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。