該当する検索結果はありません。
検索条件を変更してください。

3Dデザイナーの求人・案件

3Dデザイナーについて

3Dデザイナーは、専用のCG作成ソフトを使い、デッサン画をベースに3Dグラフィックスを作るデザイナーです。
アプリ・ゲーム等の開発・アニメ・テレビ・映画等の幅広い分野で活躍が出来ます。なおCGの世界は、現実では不可能な表現をしたり、現実と錯覚するほどの実在感を与えることが可能です。近年技術が発展して、仮想現実を体験するVR(Virtual Reality)・現実を拡張するAR(Augmented Reality)・現実に仮想を投影するMR(Mixed Reality)の技術が誕生しています。また既にVRに関しては我々一般家庭にも徐々に普及しており、簡単に自宅でも仮想現実を楽しめる非常に身近な存在になっています。
3Dデザイナーの業務内容は他のデザイナーの方と分担し合うことが多く、2Dデザイナーが描いたデザインをベースに3Dグラフィックスを作ることが主です。3Dグラフィックスでキャラクター制作・モデリング・モーション・エフェクト作成等にも関わります。
3Dデザイナーに必要なスキルは、デッサン能力・3Dソフト(Maya・3dsMax・Softimageなど)の業務経験等です。平面のデザイン画から3Dグラフィックスを作るにあたっては、基本的なデッサン力・デザイン力が必要です。単純に3D化を行うだけではなく、ゲームの内容・製品などの特徴を理解し、見栄えの良い3Dグラフィックスを作成するスキルが要求されます。複数の3Dデザイナーが作業に携わっていたりするので、自身が作ったグラフィックスがどのように反映されるかをイメージして作成する能力も要求されます。さらに画像処理の際に必要となる"Photoshop"・"Illustrator"についての知識も持っておくと役立つでしょう。なお、ソフト/ツールは開発現場により使われるものが違いますが、他にも"Shade3D"・"CINEMA 4D"・"LightWave"等の高度なスキルが必要になる場合もあります。