3Dデザイナーのフリーランス求人・案件一覧

3Dデザイナーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

61.5万円

中央値単価

65万円

最高単価

90万円

最低単価

30万円

3Dデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

3Dデザイナーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

3Dデザイナーのフリーランス求人・案件について

3Dデザイナーは、専用のCG作成ソフトを使いデッサン画をベースに3Dグラフィックスを作成を手掛ける職種です。
3Dデザイナーは、アプリ・ゲーム等の開発やアニメ・テレビ・映画等の幅広い分野で活躍が出来ます。CGの世界は、現実では不可能な表現をしたり、現実と錯覚するほどの実在感を与えることが可能です。近年技術が発展して、仮想現実を体験するVR(Virtual Reality)・現実を拡張するAR(Augmented Reality)・現実に仮想を投影するMR(Mixed Reality)の技術が誕生しています。また既にVRに関してはBtoCにも徐々に普及しており、簡単に自宅でも仮想現実を楽しめる非常に身近な存在になっています。
3Dデザイナーの業務内容は他のデザイナーの方と分担し合うことが多く、2Dデザイナーが描いたデザインをベースに3Dグラフィックスを作ることが主です。3Dグラフィックスでキャラクター制作・モデリング・モーション・エフェクト作成等にも関わります。
3Dデザイナーに必要なスキルは、デッサン能力・3Dソフト(Maya・3dsMax・Softimageなど)の業務経験等です。平面のデザイン画から3Dグラフィックスを作ることは、基本的なデッサン力・デザイン力が必要です。単純に3D化を行うだけではなく、ゲームの内容・製品などの特徴を理解し、見栄えの良い3Dグラフィックスを作成するスキルが要求されます。複数の3Dデザイナーが作業に携わっていたりするので、自身が作ったグラフィックスがどのように反映されるかをイメージして作成する能力も要求されます。さらに画像処理の際に必要となるPhotoshop・Illustratorについての知識も持っておくと役立ちます。なお、ソフト/ツールは開発現場により使われるものが違いますが、Shade3D・CINEMA 4D・LightWave等の高度なスキルが必要になる場合があります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-では3Dデザイナーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートで3Dデザイナー求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■3Dデザイナー求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域
3Dデザイナー案件数を分析すると東京都26件、神奈川県1件となっています。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
3Dデザイナーは東京・神奈川に最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
フリーランスエンジニアとして3Dデザイナーの仕事に携わるには東京・神奈川あたりが良いでしょう。


■3Dデザイナーの求人・案件の給与・単価金額相場
3Dデザイナー案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安
を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
フリーランスエンジニアとして3Dデザイナー開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
3Dデザイナー案件の平均単価は58.3万円、中央値単価は57.5万円、最高単価は90万円、最低単価は35万円です。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)


■3Dデザイナーの将来性や需要
3Dデザイナーは現在フリーランス需要の高い職種です。
従来の活躍の場である映画、ゲーム、アニメなどの制作会社で活用が増加しているためです。

VR・AR・MRなどの領域でまた新しい市場が生まれる可能性も大いにあります。
体験型ゲームや不動産内見などVR・ARなどの社会実装が進む時に、3Dデザイナーの需要は非常に高いものになるでしょう。

全129件中1-10件を表示中

全129件中1-10件を表示中