Stylusの求人・案件一覧

Stylusのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

85.0万円

中央値単価

85万円

最高単価

85万円

最低単価

85万円

Stylusのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Stylusのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Stylusのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
Stylusのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Stylusのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Stylusのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Stylusのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
Stylusのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Stylusのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Stylusのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとレバテッククリエイターが85万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
月額単価の高いStylusのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
Stylusのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Stylusのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Stylusのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Stylusのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Stylusのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

Stylusのフリーランス求人・案件数の推移

Stylusの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年11月が1件、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Stylusのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Stylusのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年11月が85.0万円、2021年12月が85.0万円、2022年1月が85.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Stylusのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Stylusのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年11月が1020.0万円、2021年12月が1020.0万円、2022年1月が1020.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Stylusの常駐案件・リモートワーク案件割合

Stylusの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が0件(0%)、常駐案件が1件(100%)となっており、Stylusフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Stylusのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Stylusのフリーランス求人・案件について

Stylusのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、75~95万円程度です。
Stylusのフリーランス求人・案件の平均単価は85.0万円、中央値単価は85万円、最高単価は85万円、最低単価は85万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Stylusのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Stylus経験1年未満:43万円前後 (年収510万円)
・Stylus経験1年~2年:51万円前後 (年収612万円)
・Stylus経験2年~3年:72万円前後 (年収867万円)
・Stylus経験3年~5年:85万円前後 (年収1020万円)
・Stylus経験5年以上:102万円前後 (年収1224万円)

Stylusは、CSSメタ言語の1つであり、SassとLessの良い所を取り入れられたと言われています。
CSSメタ言語とは、CSSの生産性向上の為に拡張された技術です。
普通のCSSと異なり、セレクタを入れ子にする、四則演算、変数、関数、ifやeachなどの条件分岐ができることが特徴です。
Stylusは、Sassほどは機能は多くはありませんが、コロンが省略可能、セミコロンが省略可能、カンマも省略可能、波括弧{}は省略可能、変数宣言もRuby構文など、シンプルな記述方法で気軽にCSSが書けて、柔軟性が高いことが特徴です。
Stylus以外に有名なCSS拡張メタ言語は、SassやLESSがあります。
StylusはNode製であるため、使用するにはNode.jsをインストールする必要があります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではStylusのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでStylusのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。