該当する検索結果はありません。
検索条件を変更してください。

アートディレクターの求人・案件

アートディレクターについて

アートディレクターは、Webサイト・広告・雑誌等の制作過程における、視覚的表現の総括者です。
自社のプロデューサー・編集者・クライアントと企画の主旨・方向性を打ち合わせして、最適な視覚表現を考えます。その後、コピーライター・デザイナー・カメラマンとの打ち合わせをして、撮影現場に立ち会って指示を出したり、デザイナーの作品をチェックして全体を整えたり、クオリティーの高い作品を作っていきます。マネジメント要素・ディレクションの強い業務ですが、手を実際に動かしながらマネジメントをするアートディレクターなども多いです。
アートディレクターを目指すためには、クリエーターの確固たるセンスや幅広い知識(色彩・フォント・写真・映像など)があることが望ましいです。さらに、クライアントとのコミュニケーション能力・ビジネス感覚など、様々な能力が要求されます。従って、全くの未経験からのアートディレクター挑戦は難しいでしょう。広告はグラフィックデザイナー・雑誌はDTPデザイナー・映像系は美術担当者などそれぞれキャリアアップして挑戦していくことが一般的です。
なお、アートディレクターになるために特別必要な資格はありませんが、"CGクリエイター検定"・"色彩検定"・"DTPエキスパート"などの資格を持っていればキャリアアップ・レベルアップするでしょう。