アートディレクターの求人・案件一覧

アートディレクターのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

55.2万円

中央値単価

55万円

最高単価

95万円

最低単価

25万円

全275件中1-50件を表示中

全275件中1-50件を表示中

アートディレクターのフリーランス案件に関するよくある質問

アートディレクターのフリーランス案件は高単価ですか?

アートディレクターのフリーランス案件の最高単価は95万円で、平均単価は55.2万円です。 アートディレクターのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は660~1,140万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のアートディレクターの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるアートディレクターのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

アートディレクターの募集中フリーランス案件数は16件、累計掲載案件は275件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のアートディレクターのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

アートディレクターのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

アートディレクターの募集中リモート案件数は3件、累計掲載案件は23件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるアートディレクターのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

アートディレクターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが112件、techtreeが13件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が7件、Midworksが5件、TechStockが4件、レバテックフリーランスが4件、DYMテックが4件、マノア・リノが4件、ギークスジョブが3件、パーソルテクノロジースタッフが3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
アートディレクターのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、techtree、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
アートディレクターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、techtree、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

アートディレクターのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが9件、パーソルテクノロジースタッフが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
アートディレクターのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
アートディレクターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

アートディレクターのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとHiPro Tech(ハイプロテック)が90万円、ギークスジョブが85.8万円、TechStockが80万円、techtreeが71.3万円、テックリーチが70万円、1 on 1 Freelanceが70万円、アットエンジニアが70万円、Aegis(イージス)が65万円、Midworksが64万円、フリエンが61.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
月額単価の高いアートディレクターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはHiPro Tech(ハイプロテック)、ギークスジョブ、TechStockであることがわかります。
アートディレクターのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はHiPro Tech(ハイプロテック)、ギークスジョブ、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

アートディレクターのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が36件、週4日が21件、週3日が18件、週2日が11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
アートディレクターのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるアートディレクターのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

アートディレクターのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が200件、神奈川県が8件、大阪府が2件、群馬県が1件、埼玉県が1件、京都府が1件、兵庫県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
アートディレクターのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
アートディレクターのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

アートディレクターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとUnityが47件、Photoshopが45件、RPGが25件、Mayaが23件、Illustratorが21件、SAIが19件、HTMLが8件、CSSが6件、Excelが4件、Windowsが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Unity、Photoshop、RPGのスキルを求めているアートディレクターのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Unity、Photoshop、RPGの開発経験があるフリーランスはアートディレクターのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

アートディレクターのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

アートディレクターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとWordが80.0万円、Pythonが70.0万円、Figmaが65.0万円、RPGが64.4万円、ファイヤーウォールが64.4万円、Illustratorが61.7万円、Mayaが60.2万円、MotionBuilderが60.0万円、Windowsが60.0万円、HTMLが56.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
高単価案件を求めているフリーランスはアートディレクターのWord、Python、Figmaの求人・案件に参画すると良いでしょう。

アートディレクターのフリーランス求人・案件数の推移

アートディレクターの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が16件、2022年6月が14件、2022年7月が14件、2022年8月が9件、2022年9月が15件、2022年10月が14件となっています。アートディレクターのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

アートディレクターのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

アートディレクターの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が3件、2022年6月が3件、2022年7月が5件、2022年8月が4件、2022年9月が6件、2022年10月が3件となっています。アートディレクターのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

アートディレクターのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

アートディレクターのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年5月が59.2万円、2022年6月が58.2万円、2022年7月が57.4万円、2022年8月が56.8万円、2022年10月が56.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

アートディレクターのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

アートディレクターのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年5月が710.1万円、2022年6月が698.4万円、2022年7月が688.9万円、2022年8月が681.8万円、2022年10月が676.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

アートディレクターの常駐案件・リモートワーク案件割合

アートディレクターの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が3件(17.6%)、常駐案件が14件(82.4%)となっており、アートディレクターフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

アートディレクターのフリーランス求人・案件について

アートディレクターのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
アートディレクターのフリーランス求人・案件の平均単価は55.2万円、中央値単価は55万円、最高単価は95万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

アートディレクターは、Webサイト・広告・雑誌等の制作過程における、視覚的表現の総括者です。
アートディレクターの業務はプロデューサー・編集者・クライアントと企画の主旨、方向性の打ち合わせして最適な視覚表現を考えることです。また、撮影現場に立ち会い指示を出したり、デザイナーの作品をチェックしたり全体を統括することも業務の一つです。
マネジメント要素・ディレクションの強い業務ですが、手を実際に動かしながらマネジメントをするアートディレクターなども多いです。
アートディレクターを目指すためには、クリエーターの確固たるセンスや幅広い知識(色彩・フォント・写真・映像など)があることが望ましいです。さらに、クライアントとのコミュニケーション能力・ビジネス感覚など、様々な能力が要求されます。アートディレクターになるにはハイスペックな能力が必要です。広告はグラフィックデザイナー・雑誌はDTPデザイナー・映像系は美術担当者などそれぞれキャリアアップして挑戦していくことが一般的です。
なお、アートディレクターになるために特別必要な資格はありませんが、CGクリエイター検定・色彩検定・DTPエキスパートなどの資格を持っていればキャリアアップ・レベルアップするでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではアートディレクターのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでアートディレクターのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■アートディレクターの将来性や需要
アートディレクターは現在フリーランス需要がある職種です。
近年自社サイト、ECサイト、採用サイトなどの様々なWebサイトを作成する機会やスマートフォンなどのモバイルデバイス市場の拡大に伴ってSNS(ソーシャルゲームやブログなど)に触れる機会が増えたことにより、今後もアートディレクターの求人・案件が増える事が予想されます。