サーバーエンジニアの求人・案件一覧

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

200万円

最低単価

5万円

全17748件中1-50件を表示中

全17748件中1-50件を表示中

サーバーエンジニアのフリーランス案件に関するよくある質問

サーバーエンジニアのフリーランス案件は高単価ですか?

サーバーエンジニアのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は66.7万円です。 サーバーエンジニアのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は792~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のサーバーエンジニアの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるサーバーエンジニアのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

サーバーエンジニアの募集中フリーランス案件数は2,855件、累計掲載案件は17,748件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のサーバーエンジニアのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

サーバーエンジニアのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

サーバーエンジニアの募集中リモート案件数は690件、累計掲載案件は5,641件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるサーバーエンジニアのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとアットエンジニアが2002件、キャリアプラスが1130件、マノア・リノが1090件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1078件、Midworksが583件、techtreeが561件、レバテックフリーランスが385件、テックビズフリーランスが321件、レバテッククリエイターが252件、TechStockが249件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはアットエンジニア、キャリアプラス、マノア・リノであることがわかります。
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はアットエンジニア、キャリアプラス、マノア・リノを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが95件、マノア・リノが84件、アットエンジニアが55件、テックビズフリーランスが36件、レバテッククリエイターが30件、meetX FREELANCEが21件、ビースタイル バリューテクノロジーズが10件、ギークスジョブが9件、パーソルテクノロジースタッフが9件、キャリアプラスが8件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、マノア・リノ、アットエンジニアであることがわかります。
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、マノア・リノ、アットエンジニアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとDATA SOLUTIONが150万円、バチグマが100万円、フィジオが100万円、ハイパフォコンサルが92万円、Tech Choiceが89.9万円、株式会社カヤックボンドが87.5万円、techtreeが85.4万円、Cocoachが85万円、エイジレスが85万円、キャリアプラスが82.2万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
月額単価の高いサーバーエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはDATA SOLUTION、バチグマ、フィジオであることがわかります。
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はDATA SOLUTION、バチグマ、フィジオを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が6733件、週4日が1634件、週3日が1198件、週2日が197件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるサーバーエンジニアのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が12711件、神奈川県が350件、福岡県が165件、大阪府が129件、兵庫県が94件、埼玉県が81件、広島県が47件、千葉県が43件、秋田県が21件、群馬県が19件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、福岡県に最も集中している事がわかります。
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、福岡県あたりが良いでしょう。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとPHPが4444件、Javaが2763件、Rubyが2315件、Ruby on Railsが1724件、Laravelが1288件、Go言語が1258件、JavaScriptが1054件、Pythonが928件、Springが714件、Reactが412件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
PHP、Java、Rubyのスキルを求めているサーバーエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
PHP、Java、Rubyの開発経験があるフリーランスはサーバーエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとNumPyが102.0万円、Pytorchが102.0万円、SAPが101.3万円、TypeScriptが93.3万円、CodePipelineが90.0万円、SASが90.0万円、Backbone.jsが90.0万円、XMLが90.0万円、Kotlinが89.9万円、Solidityが86.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
高単価案件を求めているフリーランスはサーバーエンジニアのNumPy、Pytorch、SAPの求人・案件に参画すると良いでしょう。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

サーバーエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が3942件、2022年5月が4117件、2022年6月が4313件、2022年7月が5121件、2022年8月が3709件、2022年9月が4226件となっています。サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、517件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

サーバーエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

サーバーエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が1024件、2022年5月が1268件、2022年6月が1326件、2022年7月が2370件、2022年8月が1601件、2022年9月が1774件となっています。サーバーエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、173件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年4月が77.2万円、2022年5月が78.0万円、2022年6月が68.1万円、2022年7月が67.4万円、2022年8月が66.8万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年4月が926.0万円、2022年5月が935.9万円、2022年6月が817.8万円、2022年7月が809.2万円、2022年8月が801.5万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

サーバーエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

サーバーエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1746件(37.9%)、常駐案件が2861件(62.1%)となっており、サーバーエンジニアフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件について

サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
サーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は66.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は5万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

サーバーエンジニアは、サーバー機器の構築・設定・保守運用をする職種です。
サーバーエンジニアの業務内容は、コンピューターシステムを運用するサーバー機器の構築作業・サーバーの運用・保守業務・負荷分散・障害発生への対応・セキュリティ対策です。
構築作業は、サーバーを使うためにサーバー構成の設計を担当します。ネットワーク回線の利用電源容量・通信速度・コストバランスをプログラマーとコミュニケーションを取りながら最適に設定し、運用しやすい構成を考えます。
また、配線・ラッキングなどの物理作業もサーバーエンジニアにとって必要な構築作業です。
ラッキングを実施するときは、今後メンテナンスが簡単に行えるように配慮し設計を行う必要があります。サーバーアプリケーション・OSのインストール・設定等も重要な業務です。サーバーには様々な種類があり、使用するサーバーに見合ったアプリケーションを選択し設定します。
サーバーの運用・保守業務は、実際にサーバーを運用・セキュリティチェックしながら、その状況に応じて変更をして管理していきます。サーバーに障害が起こってしまった場合は、障害の原因を探し、再度問題なく運用可能なように復旧作業を行います。
サーバーエンジニアに必要なスキル・知識は、担当するサーバーの種類により異なります。
サーバーの種類としては主に、Webサーバー・アプリケーションサーバー・データベースサーバー・ファイルサーバー等があります。
しかし、どのサーバーを担当してもネットワーク・OS(Windows・Linux・UNIX・Mac OS)の知識・セキュリティの知識は必要です。アプリケーションサーバーの場合は、アプリケーション開発のスキル・知識が必須です。
なお、近年はネットワークのクラウド化が多く、自社にサーバーを置かない企業も多いため今後のサーバーエンジニアはネットワークのインフラについてのスキル・知識もあること活躍の場が広がります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではサーバーエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでサーバーエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■サーバーエンジニアの将来性や需要
サーバーエンジニアは現在フリーランス需要にあまり変化がない職種です。
サーバーエンジニアはまだ物理的なサーバーを使用している企業もあれば、すでにクラウド化している企業も存在することにより、サーバー関連案件の需要にあまり変化がないです。
今後、サーバーエンジニア求人・案件は横ばい傾向にあり、サーバーエンジニアの需要は特に変化しない事が予想されます。
なお、サーバーエンジニアとして将来性や需要を現状より高めるためにはAWSやAzureなどのクラウド関連の知識や経験やサーバー以外のインフラ全般の知識や経験を積んでいくことで高まっていくでしょう。