PdM(プロダクトマネージャー)の求人・案件一覧

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

84.6万円

中央値単価

80万円

最高単価

150万円

最低単価

29万円

全108件中1-30件を表示中

全108件中1-30件を表示中

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が20件、キャリアプラスが14件、パーソルテクノロジースタッフが14件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が8件、レバテックフリーランスが6件、i-common tech(アイコモン テック)が5件、Midworksが4件、ポテパンが3件、Stylee(スタイリー)が3件、レバテッククリエイターが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、キャリアプラス、パーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、キャリアプラス、パーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとキャリアプラスが14件、パーソルテクノロジースタッフが4件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が3件、Aegis(イージス)が2件、Midworksが1件、フォスターフリーランスが1件、PE-BANKが1件、レバテッククリエイターが1件、Relance(リランス)が1件、Stylee(スタイリー)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはキャリアプラス、パーソルテクノロジースタッフ、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はキャリアプラス、パーソルテクノロジースタッフ、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとPE-BANKが130万円、Relance(リランス)が120万円、ハイパフォコンサルが120万円、フォスターフリーランスが120万円、レバテッククリエイターが107.5万円、ポテパンが96.7万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が95.3万円、ギークスジョブが90万円、Aegis(イージス)が87.5万円、レバテックフリーランスが86.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
月額単価の高いPdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはPE-BANK、Relance(リランス)、ハイパフォコンサルであることがわかります。
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はPE-BANK、Relance(リランス)、ハイパフォコンサルを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が72件、神奈川県が2件、大阪府が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとRubyが31件、Ruby on Railsが29件、JIRAが8件、JavaScriptが5件、SQLが5件、Pythonが3件、AWSが3件、Reactが3件、PHPが2件、Go言語が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Ruby、Ruby on Rails、JIRAのスキルを求めているPdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Ruby、Ruby on Rails、JIRAの開発経験があるフリーランスはPdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとAdobe XDが150.0万円、Excelが120.0万円、AWSが106.7万円、TypeScriptが100.0万円、Google Cloud Platform(GCP)が95.0万円、CSS3が90.0万円、ASP.NETが90.0万円、Springが85.0万円、Javaが85.0万円、Ruby on Railsが80.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはPdM(プロダクトマネージャー)のAdobe XD、Excel、AWSの求人・案件に参画すると良いでしょう。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件数の推移

PdM(プロダクトマネージャー)の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年10月が28件、2021年11月が40件、2021年12月が68件となっています。PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、28件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

PdM(プロダクトマネージャー)のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

PdM(プロダクトマネージャー)の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年10月が12件、2021年11月が17件、2021年12月が23件となっています。PdM(プロダクトマネージャー)のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、6件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年10月が68.4万円、2021年11月が76.4万円、2021年12月が79.8万円となっています。PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し3.4万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年10月が820.8万円、2021年11月が917.2万円、2021年12月が957.7万円となっています。PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し40.5万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

PdM(プロダクトマネージャー)の常駐案件・リモートワーク案件割合

PdM(プロダクトマネージャー)の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が26件(32.1%)、常駐案件が55件(67.9%)となっており、PdM(プロダクトマネージャー)フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件について

PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
PdM(プロダクトマネージャー)のフリーランス求人・案件の平均単価は84.6万円、中央値単価は80万円、最高単価は150万円、最低単価は29万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

■PdM(プロダクトマネージャー)
PdMとは、プロダクトマネージャー(Product Manager)が省略された言葉です。
PdM(プロダクトマネージャー)とは顧客のニーズや製品、機能などその製品の成功とは何かを明確にし、そのビジョンを実現するためにチームを指揮する職種を指します。
近年では、IT企業やベンチャー企業での活躍が多く見られます。

PdM(プロダクトマネージャー)が必要とされるようになった背景には、インターネットを介してプロダクトを提供するケースが増えていることが理由のひとつとして挙げられます。
近年では、プロダクトのリリース後も、長くプロダクトを長期的に成長させていくアプローチも積極的に用いられています。

そして長期的な成長には、顧客満足度の向上や適切な市場ニーズの把握などが必要になります。プロダクトの開発から成長、衰退するまでのライフサイクルを一貫して指揮する人材の存在が必要であり、PdM(プロダクトマネージャー)が求められているのです。


■PdM(プロダクトマネージャー)とPM(プロジェクトマネージャー)の違い
PdM(プロダクトマネージャー)とPM(プロジェクトマネージャー)の違いについて説明します。

PdM(プロダクトマネージャー)は「What(何を作るのか)」「Why(なぜ作るのか)」を要求され、PM(プロジェクトマネージャー)は「When(いつまでに)」「How(どうやって作るのか)」を要求されます。
つまり、PdM(プロダクトマネージャー)は顧客の課題解決のためにどういう商品を作るのかという視点に対して、PM(プロジェクトマネージャー)は開発コスト、品質、スケジュール管理、開発チームの人材選定などに注力しているということです。


■PdM(プロダクトマネージャー)の仕事内容
PdM(プロダクトマネージャー)の仕事内容を説明します。

PdM(プロダクトマネージャー)の仕事とは、「こんなサービスや製品で世界を変えていきたい」という抽象的な思いがあり、その意思を実現するために、プロダクトという目に見える価値に変換することを担当します。
PdM(プロダクトマネージャー)は市場のニーズを分析し、マッチする製品やサービスのコンセプトを策定し、具体化のための企画や開発工程の指揮を取ります。加えて価格設定や販売戦略などプロダクトの価値を最大化することも重要な役割です。

では具体的にPdM(プロダクトマネージャー)の仕事を見ていきましょう。

・プロダクトのターゲット設定
PdM(プロダクトマネージャー)はプロダクトを開発にあたりプロダクトのターゲット層を決定します。

その後、PdM(プロダクトマネージャー)は、SWOT分析、4P分析やSTP分析などフレームワークを活用してマーケティング戦略を立て、市場におけるそのプロダクトの立ち位置や顧客へのアプローチ方法を決定していきます。
PdM(プロダクトマネージャー)として俯瞰的に情報を整理するスキルや知識が必要です。顧客のニーズ理解や課題の可視化、施策の思考を行い、プロダクトが顧客に大きな価値を与えられるよう、コンセプトを固めていきます。

・プロダクトの立案
PdM(プロダクトマネージャー)として、プロダクトの立案を行います。
プロダクト機能や仕様をプロダクト要求仕様書(PRD)に落とし込み、PM(プロジェクトマネージャー)や開発チームに共有し、開発工程に移ります。

・プロダクト戦略とロードマップ設定
PdM(プロダクトマネージャー)はプロダクト戦略やロードマップの設定も行います。

プロダクト戦略とは、コンセプト、顧客価値、市場での優位性などを明確にします。
プロダクトのターゲット層のペルソナを設定しプロダクトの訴求方法を決めます。
加えてプロダクトのロードマップを設定し、KPIを定めます。

ロードマップは短期、中期、長期それぞれの目標を設定します。KPIを設定することで施策の結果を検証でき、客観的な判断も可能になります。

・プロダクトの効果測定、分析、新たな施策の打ち出し
PdM(プロダクトマネージャー)として、プロダクトのリリース後効果測定と分析、施策の打ち出しを行うことも重要です。
既に定められたKPIや実際の売上推移、顧客からのフィードバックなどの詳細情報を回収し、改善点を探っていくのです。

改善点が明確になったら、戦略やロードマップを修正し、プロダクトの成長や目標を達成するように近づけていきます。


■PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキル
PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキルを説明します。
PdM(プロダクトマネージャー)を目指している方はどれか1つでもスキルをほゆうしていることをおすすめします。

・理解力・考察力
PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキルは理解力・考察力です。

PdM(プロダクトマネージャー)は開発前にターゲットを絞り込み、課題やニーズを明確にすることが大切です。つまり、課題を見つけられる理解力や課題解決するための考察力が必要になるのです。

・発想力・分析力
PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキルは発想力・分析力です。
「このプロダクトは、ヒットする可能性が高い」などのアイディアは、柔軟で豊かな発想力や現状の市場、今後の市場の立ち位置を理解していなければ出ない可能性が高いです。

そのため、世の中に新しいプロダクトをリリースさせる発想力や市場を読み解く分析力が必要です。

・コミュニケーション能力
PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキルはコミュニケーション能力です。

PdM(プロダクトマネージャー)は、マーケターやプロダクトの開発部門、営業、経営陣、協力企業、サプライヤーなど、社内のさまざまなセクションやステークホルダーの協力を取りつける必要があります。
あらゆる場面で引っ張っていく職種でもあるため、リーダシップの観点を含むコミュニケーション能力が要求されます。

・マネジメント能力
PdM(プロダクトマネージャー)に必要なスキルはマネジメント能力です。
PdM(プロダクトマネージャー)はプロダクトに関わる費用、情報、時間、人などを管理します。
フェーズごとにかかる時間や予算も管理、調整しながら、着実に計画を進めていくことがプロダクトマネージャーには求められます。

マネジメント能力はすぐに身につくスキルではないので、PdM(プロダクトマネージャー)を目指すのであれば、事前にスキルを磨いていくことをおすすめします。


■PdM(プロダクトマネージャー)は未経験/初心者でもなれるのか
PdM(プロダクトマネージャー)は未経験/初心者でもなれるのかについて説明します。
PdM(プロダクトマネージャー)経験はないが、既にシステム開発やアプリ開発などでのPM(プロジェクトマネージャー)経験がある方の場合、アサインされる可能性は大いにあります。
しかし、経験にもよりますが、一般的にシステムエンジニア(SE)やプログラマーはすぐにPdM(プロダクトマネージャー)になれる可能性は極めて低いでしょう。
PdM(プロダクトマネージャー)になれるスキルや経験が備わっていないためです。

PdM(プロダクトマネージャー)の基盤がしっかりしていないと、良いプロダクトは開発できないためです。
そのため、PdM(プロダクトマネージャー)を将来的に希望/検討している方は、PM(プロジェクトマネージャー)など、まずマネジメント経験やプロジェクトの上流経験が積める職種を経験しましょう。


■PdM(プロダクトマネージャー)におすすめする資格
PdM(プロダクトマネージャー)におすすめする資格を説明します。
現状、PdM(プロダクトマネージャー)に直接関係する資格はありません。

しかし、PdM(プロダクトマネージャー)としてあると役立つ資格を解説します。

・プロジェクトマネージャ試験(PM)
PdM(プロダクトマネージャー)関連のおすすめの資格はプロジェクトマネージャ試験(PM)です。
プロジェクトマネージャ試験(PM)はIPAが運営しておりプロジェクト責任者としての知識やスキルを証明する試験です。

プロジェクトマネージャ試験(PM)ではIT技術全般の知識だけでなく、プロジェクト管理や計画策定、予算やスケジュールの管理などプロジェクトマネジメントに関わるスキルが試されます。

PM(プロジェクトマネージャー)の経験がある方はもちろん、開発において管理手法を習得したい方や、PM(プロジェクトマネージャー)としての業務内容の理解度を高めたい方にもおすすめです。
PdM(プロダクトマネージャー)を目指す方によって持っていても良い資格の1つでしょう。

・ITストラテジスト試験
PdM(プロダクトマネージャー)関連のおすすめの資格はITストラテジスト試験です。

ITストラテジスト試験はIPAが運営する試験であり、ITに関する基礎知識から経営や企画に活かせるITスキルが証明できます。

ITストラテジストは、ITの高度な知識を持つプロフェッショナルとして、企業の経営陣に対して、ITを活用した経営戦略に沿った業務システムやプロセスを提案し、経営改革や最適化をアドバイス/サポートします。

加えて、ITストラテジストの資格保有者は企業のCIO(最高情報責任者)や情報システム部門長、ITコンサルタントなどで活躍している人材が多い傾向にあります。
ITストラテジストの資格を取得することにより、企業戦略を立てて企業が抱える経営課題の解決スキルや高度なIT技術や知識を得られます。

PdM(プロダクトマネージャー)として活躍している方や将来的に目指す方によっておすすめの資格の1つです。


■PdM(プロダクトマネージャー)の将来性や需要
PdM(プロダクトマネージャー)の将来性や需要について説明します。

PdM(プロダクトマネージャー)の将来性はあると言えるでしょう。

主な理由はPdM(プロダクトマネージャー)の担っている業務内容とIT市場の需要の拡大です。

PdM(プロダクトマネージャー)は企業が要求するニーズとユーザーのニーズを照合し、プロダクトを最適な方向に導くため、事業成長において重要な役割を担っています。

現在のサービスは、ユーザーのニーズをうまく汲み取って、プロダクトに落とし込まなければ、長期的に成長することは困難です。
つまり、UXの重要性が以前よりも高まっていると捉えることができるでしょう。
例えば現代では、UberやAirbnb、Netflixなどモノからサービスや体験にユーザーのニーズが移り変わっています。その証拠に上記企業は世界的にみても巨大企業に成長をしています。

ニーズを細かく捉える重要な役目を担当しているのはPdM(プロダクトマネージャー)であるため、現代のサービス開発において必要な職種なのです。

UXの重要性が高まっている現代においてUXなどを重要視してプロダクトの利益などを最大化させる役割のPdM(プロダクトマネージャー)は今後必要になる可能性は高いでしょう。

また、2021年1月25日Gartner, Inc.が発表した2021年の世界のIT支出総額によると、2020年から6.2%増の3.9兆ドルに達するという見通しです。世界的に驚異的な猛威を奮っているコロナの影響により、社内プロセス、サプライチェーン、顧客やパートナーとのやりとり、サービス提供のデジタル化が2021年以降さらに加速するでしょう。
5Gの本格稼動や働き方改革の推進、AI、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xRなどの普及によりIT市場は成長していく可能性が高いです。

様々なサービスやプロダクトがリリースされるため、IT市場の成長という観点から見ても、PdM(プロダクトマネージャー)の需要は増加する可能性が高いと言えるでしょう。

但し、現段階ではPdM(プロダクトマネージャー)を採用している/在籍している企業は多くなく、加えてエンジニアと異なり人員に必要な絶対数も少ないです。

そのためPdM(プロダクトマネージャー)へのキャリアを検討している方は、定期的に市場動向を確認し常に機会を伺うことをおすすめします。