マーケターの求人・案件一覧

マーケターのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.3万円

中央値単価

65万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

全6293件中1-50件を表示中

全6293件中1-50件を表示中

マーケターのフリーランス案件に関するよくある質問

マーケターのフリーランス案件は高単価ですか?

マーケターのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は66.3万円です。 マーケターのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は792~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のマーケターの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるマーケターのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

マーケターのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

マーケターの募集中フリーランス案件数は506件、累計掲載案件は6,293件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のマーケターのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

マーケターのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

マーケターの募集中リモート案件数は271件、累計掲載案件は2,479件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるマーケターのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

マーケターのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

マーケターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが3267件、レバテックフリーランスが639件、パーソルテクノロジースタッフが220件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が184件、Midworksが140件、ハイパフォコンサルが107件、アットエンジニアが65件、バチグマが60件、テックビズフリーランスが55件、SEES(シーズ)が50件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
マーケターのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
マーケターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

マーケターのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

マーケターのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが359件、レバテッククリエイターが270件、アットエンジニアが41件、Midworksが18件、パーソルテクノロジースタッフが17件、テックビズフリーランスが7件、ビズリンクが6件、ハイパフォコンサルが6件、HiPro Tech(ハイプロテック)が6件、バチグマが4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
マーケターのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、アットエンジニアであることがわかります。
マーケターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、アットエンジニアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

マーケターのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

マーケターのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが119.4万円、バチグマが105.4万円、ビットエーパートナーズが100万円、ギークスジョブが89.9万円、ハックスペックが89.5万円、FREE-DAが87.5万円、TechStockが86万円、indecoが77.7万円、テックリーチが76.8万円、アットエンジニアが74.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いマーケターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、バチグマ、ビットエーパートナーズであることがわかります。
マーケターのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、バチグマ、ビットエーパートナーズを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

マーケターのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

マーケターのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が885件、週4日が551件、週3日が407件、週2日が112件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
マーケターのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるマーケターのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

マーケターのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

マーケターのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が4598件、大阪府が144件、愛知県が99件、兵庫県が42件、埼玉県が33件、神奈川県が31件、長崎県が28件、広島県が26件、福岡県が15件、岡山県が14件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
マーケターのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、愛知県に最も集中している事がわかります。
マーケターのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、愛知県あたりが良いでしょう。

マーケターのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

マーケターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとWordが347件、CSSが270件、Excelが253件、JavaScriptが249件、Reactが229件、PHPが206件、HTMLが206件、SQLが189件、Rubyが152件、TypeScriptが146件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Word、CSS、Excelのスキルを求めているマーケターのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Word、CSS、Excelの開発経験があるフリーランスはマーケターのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

マーケターのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

マーケターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとR言語が150.0万円、SharePointが125.0万円、NumPyが120.0万円、Pytorchが120.0万円、Redshiftが120.0万円、MyBatisが100.0万円、viが99.0万円、Kubernetesが98.3万円、Asanaが91.4万円、Scalaが90.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはマーケターのR言語、SharePoint、NumPyの求人・案件に参画すると良いでしょう。

マーケターのフリーランス求人・案件数の推移

マーケターの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が492件、2022年8月が294件、2022年9月が410件、2022年10月が387件、2022年11月が467件、2022年12月が513件となっています。マーケターのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、46件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

マーケターのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

マーケターの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が194件、2022年8月が177件、2022年9月が205件、2022年10月が194件、2022年11月が240件、2022年12月が277件となっています。マーケターのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、37件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

マーケターのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

マーケターのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が61.7万円、2022年8月が61.4万円、2022年10月が62.2万円、2022年11月が63.7万円、2022年12月が64.2万円となっています。マーケターのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

マーケターのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

マーケターのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が740.1万円、2022年8月が736.8万円、2022年10月が746.1万円、2022年11月が764.8万円、2022年12月が770.4万円となっています。マーケターのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し5.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

マーケターの常駐案件・リモートワーク案件割合

マーケターの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が277件(54.2%)、常駐案件が234件(45.8%)となっており、マーケターフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

マーケターのフリーランス求人・案件について

マーケターのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
マーケターのフリーランス求人・案件の平均単価は66.3万円、中央値単価は65万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

■マーケティングについて
「マーケティング」は、ビジネスの世界でよく耳にする方も多いと思います。
マーケティングが指す言葉は業界もしくは企業毎により「リサーチ」や「広告宣伝」、「データ分析」など様々です。
ウィキペディアでは以下のように記載されています。
『企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念』
(引用:ウィキペディア)

顧客が買いたくなること状態とは、顧客のニーズに適した商品やサービスをその商品やサービスを一番求めている人々(ターゲット層)に向けて発信していく必要があります。

そのためマーケティングとは、商品やサービスが売れる仕組みを構築することであり、商品開発から販売戦略の策定、広告宣伝に効果検証までのプロセスを、計画して実行・管理することと捉えることができます。


■マーケティング活動の種類
マーケティング実務の種類について説明します。

・マーケティング・リサーチ(市場調査)
商品やサービスが属する分野や業界において、数字や数値で現在の市場を把握し、マーケティング施策(どうすれば製品が売れるかの作戦)を立てることを行います。
つまり、「現段階でのマーケットがどうなっているか」「消費者は今どう感じているのか」をメインに探りとる調査です。
リサーチ会社のデータ、政府の統計データ、アンケート調査結果などを活用します。

マーケティング・リサーチ(市場調査)をすることで以下のような項目が数値化されます。
---------------------------------------
・商品やサービスのシェア率
・商品やサービスの満足度
・ブランドの認知率
・競合の数・割合
・商品やサービスにかける平均的な費用
・日本や海外での利用率
・前年と今年での消費者の変化
---------------------------------------

上記項目は全て外部環境ですが、マーケティング・リサーチ(市場調査)は内部環境である自社分析も行います。商品やサービスにおける強みや弱み、脅威、機会などを分析します。

・広告・宣伝
商品の売り出し方、プロモーションの方法を決定し、効果的な手法を選んで実践します。
企業は広告費を使って、テレビや新聞などメディアの広告枠を購入し、広告内容を掲載します。内容や掲載期間などは企業側が決められるため、消費者はダイレクトに商品やサービスの特長を捉えることができます。
テレビや新聞などに広告を出すことはもちろんのこと、インターネットを使って検索エンジンやソーシャルメディアから広告・宣伝する手法も一般的です。

・効果検証
マーケティング活動が、目標としていた効果を出したのかを検証します。費やしたコストに対して、得られた売り上げなどを照らし合わせ、費用対効果を計測します。

施策の目的によって設定すべき指標は当然異なりますが、代表的な指標は以下です。
---------------------------------------
・ブランド認知率
ブランド認知率は、商品やサービスのブランドがどれくらい市場や見込み顧客に認知されているかを測る指標です。

・クリック単価
クリック単価は、リスティング広告やディスプレイ広告をユーザーがクリックした際に発生する費用を指します。

・TCR
TCRは、トランザクション・コンバージョン率のことで、Web広告などをクリックしてサイトに訪れたユーザーが商品・サービスを購入した割合を指します。

・広告費用対効果
広告費用対効果は、クリック単価やTCRなどから割り出した数値を指します。

・直帰率
直帰率は、Webサイトに訪れたユーザーが離脱してしまう割合です。
---------------------------------------


■Webマーケティングとは
Webマーケティングとは、Web中心に実施されているマーケティングのことであり、より具体的にいうと、オンラインショップなどのWebサイトやWebサービスにより多くの消費者を呼び込み、WebサイトやWebサービス上に掲載された商品やサービスの購入を促進させる活動を指します。
Webマーケティングが他のマーケティングとの決定的な違いは、全てのマーケティング施策の効果が数値として可視化される点です。
Webマーケティングは何をきっかけにWebサイトへ訪問したか、どのコンテンツをどれぐらい閲覧されていて、どのボタンをクリックして購入に繋がったのかを全て数値で確認することが出来ます。
また逆を言うとどのコンテンツが全く閲覧されていないかなども数値化されていると言うことです。
SNSなどWebサイト以外の媒体も含めた「デジタルマーケティング」という言葉も広がってきています。


■Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い
Webマーケティングとデジタルマーケティングは、どちらもITやインターネット関連のワードが含まれている点や、さらにWeb上で施策を展開する点も共通していることから、違いがわかりにくく混同されがちです。
この説明でWebマーケティングとデジタルマーケティングの違いをしっかり理解し説明できるようにしましょう。

Webマーケティングとは、先述した通りWeb中心に実施されているマーケティング手法です。
Webサイトを作成し、コンテンツを増やしSEOや広告などを考え、商品やサービスの購入や問い合わせへとつなげていく施策です。
デジタルマーケティングとはWebサイトに限定しないオンライン全体のマーケティング手法です。つまり、デジタルマーケティングの中にWebマーケティングが内包されているのです。
デジタルマーケティングは、コンテンツマーケティング、SNSマーケティング、メールマーケティングのほかMA、AR、IoTを利用したマーケティングも含まれます。


■Webマーケティングのフリーランス求人・案件例
Webマーケティングのフリーランス求人・案件例について見ていきましょう。

・広告運用
Webマーケティングにおける広告運用のフリーランス求人・案件は、目的や予算にあわせたWeb広告配信を含む運用をおこないます。
WEBサイト、ソーシャルメディア(SNS)、スマホアプリなどメディア媒体の広告配信先を選んで広告の入稿作業、分析、改善、レポーティングを行います。
広告の種類はGoogle、Facebook、Instagram、LINEなどがあります。
WEB広告運用者は数字に基づいた分析力や決断力をはじめとし、KGI, KPI, CV, CPA, ROASなど幅広い知識などが必要です。


・SEO
WebマーケティングにおけるSEOの案件では、Webサイトの認知向上や顧客獲得を目的とし、検索エンジン最適化の対策を実施します。
検索キーワードや競合サイトのコンテンツなど調査、フリーランス求人・案件によってはカスタマージャーニーやペルソナなどの作成を通じてターゲットを明確にするところから担当することもあります。

またSEO案件では、記事のリライトや新規記事制作、順位チェックなどメディア運営関連のフリーランス求人・案件も増加しています。


・データ分析
Webマーケティングにおけるデータ分析の案件では、データを解析してWebマーケティングの意思決定や判断に役立つ情報を提供します。
広告の配信結果やWebサイトのアクセスログ、CRM・SFA上の顧客データやECサイト上の購買情報、アプリ内の課金ログなど収集したデータを解析しを、レポートにまとめたりします。

データ分析を実施することにより広告媒体の予算配分を決める指標としても役立つでしょう。


・コンテンツマーケティング
Webマーケティングにおけるコンテンツマーケティングの案件は、企画や編集・ディレクションを含むオウンドメディアの運用や記事構成・制作、YouTubeやSNS運用、メールマーケティングなどを担当します。
BtoCやBtoBマーケティングの経験者を必須条件とする案件もありますので自分の保有スキルによって参画できるフリーランス求人・案件は様々です。


・コンサルティング
Webマーケティングのおけるコンサルティングの案件は、上記紹介したデータ分析を含むWebマーケティングを駆使し、マーケティング戦略やWeb戦略を立案・提案・実行を行います。
週複数回の打ち合わせを行い提案書や調査資料、実行計画や作業マニュアルの作成を行い、実行していきます。
フリーランスWebコンサルタントとして、Webマーケティングを新たにスタートさせる企業のコンサルから既存企業の改善を行うコンサルと様々です。


■マーケティングのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル
マーケティングのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルを説明します。
特に今後マーケティングへの案件参画を検討している方は参考にしましょう。

・マーケティングに必要なスキル:データ分析力/判断力
マーケティングに必要なスキルはデータ分析力/判断力です。
マーケティングに従事する者として、データ分析が分からなければ商品やサービスの売上アップできる糸口が見つけられないためです。

マーケティングで使用される分析方法には以下の方法があり、分析結果から答えを導き出す思考や判断力も問われます。
---------------------------------------
・3C分析:「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」の3つの頭文字を取ったもので自社を取り巻く業界環境整理に有効なフレームワークです。
3C分析のマーケティングフレームワークとしての特徴はシンプルでわかりやすいことです。

・PEST分析:自社を取り巻くマクロ環境(外部環境)が、現在または将来にどのような影響を与えるか、把握・予測するためのもの手法です。

・バリューチェーン分析:
バリューチェーンとは、原材料を調達してから商品やサービスが顧客に届くまでに企業が行う活動の連鎖を、モノの連鎖と価値の連鎖として捉えたもの分析手法です。
バリューチェーン分析を用いることにより、各活動にかかるコストを把握し、コスト削減に役立てることと、自社の強みと弱みを把握し差別化戦略に役立てることが可能です。
---------------------------------------


・マーケティングに必要なスキル:マーケティング全般の知識
マーケティングに必要なスキルはマーケティング全般の知識です。
マーケティング全般の知識とは、市場調査や広告宣伝活動、効果検証など、先述したマーケティング業務における一連の知識です。マーケティング全般の知識を持つことでマーケットを俯瞰的に捉えられます。

なおマーケティング全般の知識にはマーケティングスキルを証明できる資格が必要になってくるでしょう。


・マーケティングに必要なスキル:コミュニケーションスキル
マーケティングに必要なスキルはコミュニケーションスキルです。
マーケティングでは、市場調査や収集データなどの分析をもとに商品やサービスの販売戦略を立案する場合も多く、社内の多くの部門と連携して業務を進めることもあります。
そのため、コミュニケーションスキルは必須な要素となります。


■マーケティングにおすすめの資格
マーケティングにおすすめの資格を説明します。
マーケターへなるためには特に資格は必要ではないですが、マーケティングとして保有しておくと良い資格を説明します。

・マーケティング・ビジネス実務検定
マーケティング・ビジネス実務検定は、2005年に開始されたマーケティングの基礎知識からプロモーション戦略、マーケティング関連法規といったマーケティング実務の知識を総合的に判定するための初めての検定試験です。
また学生の検定試験としても最適とされており、大学生の方や体系的な知識の取得を重視している方におすすめします。
C級・B級・A級の3つの級に分かれており、C級とB級は初心者向けとされています。まずはC級またはB級の取得を目指しましょう。


・マーケティング検定
マーケティング検定は、内閣府認定であり、公益社団法人日本マーケティング協会主催のマーケティング能力を測定するための試験です。
マーケティング検定は、従来の研究で体系化されたマーケティング戦略、マーケティング・リサーチ、消費者行動、製品戦略などのマーケティング理論(考え方)を習得することを目的としています。
マーケティング検定には3級と2級が存在し、3級は初心者向けでマーケティングの基本習熟度を2級では社会で活躍できるマーケターとして認定できる実力が測られます。


・Webアナリスト検定
Webアナリスト検定は、アクセス解析のデータやインターネットにおける市場動向、トレンド、Webマーケティングのコツや基礎知識などの情報を把握し、成果につなげることを目的とする資格です。
Googleアナリティクスの出力結果から何かを読み取るために必要なユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方を軸とし、集客・回遊・コンバーション・リピート等の分析のポイントを学習できます。
アクセス解析やWebマーケティングの基礎を学びたい方やGoogleアナリティクスの活用方法を知りたいなどの方は取得しておきたいマーケティング資格です。


・ネットマーケティング検定
ネットマーケティング検定とは、株式会社サーティファイが主催する民間の検定試験でありWeb担当者向けにインターネットマーケティング全般の基本知識や方法論の知識を認定を目的としています。
特にSEOやSEM(検索エンジンマーケティング)の知識を得たい方におすすめなマーケティング資格です。マーケティングサイドに立った体系的かつ網羅的な検定となっています。


・GAIQ(Google Analytics Individual Qualification(Googleアナリティクス個人認定資格))
GAIQは、Googleアナリティクスの習熟度を認定する資格です。
Webアナリスト検定とターゲットは似ていますが、GAIQはGoogleが提供しています。
GAIQ取得することにより、アナリティクス能力を証明できたり、実務に活用できたりします。
「Google アナリティクス初級者向けコース」「Google アナリティクス上級者向けコース」を受講してから、試験を受けましょう。


・ウェブ解析士
ウェブ解析士は成果につながるウェブ解析ができる人材を育成するための認定資格です。
あらゆるデータを活用してWebサイトの課題点を見つけ、業務改善を目指すマーケティング担当者におすすめします。
ウェブ解析士の資格には、「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3つのレベルがあります。

ウェブ解析士
ウェブ解析士の資格では、アクセス解析などのウェブ解析データを活用してウェブマーケティング業務を遂行し効率化するスキルが必要となります。

上級ウェブ解析士
上級ウェブ解析士の資格では、ウェブマーケティングやウェブ解析に関する応用的な知識を習得し、クライアントや経営陣への説明、説得や新しい取り組みの提案などに関するスキルが求められます。

ウェブ解析士マスター
ウェブ解析士マスターは、クライアントの経営課題に関わるKPI設定やデータをもとにした提案などウェブコンサルティングとしてのあらゆるスキルが求められます。



■マーケティングの市場動向やニーズ
マーケティングの市場動向やニーズを説明します。
ソーシャルメディアマーケティング市場を分析し、マーケティングの市場動向を見てみましょう。
結論として、マーケティング市場は今後も拡大していき、またマーケティング関連求人も相対的に需要が拡大していくでしょう。

2020年10月、株式会社サイバー・バズと株式会社デジタルインファクトが行った国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査の発表によると、2020年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は5,519億円で、前年比107%となる見通しとのことです。
企業のソーシャルメディアにおけるキャンペーン等、新規顧客育成・顧客獲得への投資は引き続き堅調に推移しており、2025年のソーシャルメディアマーケティング市場規模は、2020年対比で約2倍、1兆1,171億円に達すると予測されるとのことです。

上記調査結果を考慮すると、マーケティングのニーズは今後より拡大していく可能性が高いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではマーケティングのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ぜひ一度フリーランススタートでマーケティングのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。