VPoEの求人・案件一覧

VPoEのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

73.7万円

中央値単価

69万円

最高単価

100万円

最低単価

29万円

VPoEのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

VPoEのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が5件、i-common tech(アイコモン テック)が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
VPoEのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、i-common tech(アイコモン テック)であることがわかります。
VPoEのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、i-common tech(アイコモン テック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

VPoEのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

VPoEのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとi-common tech(アイコモン テック)が75万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が73.2万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
月額単価の高いVPoEのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはi-common tech(アイコモン テック)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
VPoEのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はi-common tech(アイコモン テック)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

VPoEのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

VPoEのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
VPoEのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
VPoEのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

VPoEのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

VPoEのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとScalaが2件、Azureが1件、iOSが1件、Adobe XDが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Scala、Azure、iOSのスキルを求めているVPoEのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Scala、Azure、iOSの開発経験があるフリーランスはVPoEのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

VPoEのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

VPoEのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとAzureが100.0万円、Scalaが84.0万円、Adobe XDが69.0万円、iOSが50.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはVPoEのAzure、Scala、Adobe XDの求人・案件に参画すると良いでしょう。

VPoEのフリーランス求人・案件数の推移

VPoEの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年8月が1件、2021年10月が6件、2021年11月が7件、2021年12月が6件となっています。VPoEのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

VPoEのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

VPoEの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年10月が3件、2021年11月が3件、2021年12月が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

VPoEのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

VPoEのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年8月が50.0万円、2021年9月が50.0万円、2021年10月が69.3万円、2021年11月が73.7万円、2021年12月が73.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

VPoEのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

VPoEのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年8月が600.0万円、2021年9月が600.0万円、2021年10月が832.0万円、2021年11月が884.6万円、2021年12月が884.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

VPoEの常駐案件・リモートワーク案件割合

VPoEの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が3件(50%)、常駐案件が3件(50%)となっており、VPoEフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

VPoEのフリーランス求人・案件について

VPoEのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、59~79万円程度です。
VPoEのフリーランス求人・案件の平均単価は73.7万円、中央値単価は69万円、最高単価は100万円、最低単価は29万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

■VPoEについて
VPoEについて説明します。
​​VPoEとは、Vice President of Engineeringの略でありエンジニア組織のマネジメント責任者のことを指します。

つまりVPoEはエンジニアの採用・育成・評価・配置などに責任を持ち、効率的なチームビルディングをリードしていきます。
面接など細かい採用業務や各エンジニアの仕事評価はチームメンバーやチームリーダーがおこなうことが多いですが採用、評価、教育など大局の方針を決定したり問題発生時に責任をとるのはVPoEです。

エンジニアの配置や体制によってプロジェクトの成長度合いが異なったり、開発工数が増減することも起こり得ますのでVPoEは重要な職種と言えるでしょう。


■VPoEとCTOの違い
VPoEとCTOの違いを説明します。
​​VPoEとは、エンジニア組織のマネジメント責任者のことを指します。
CTOとは、技術部門のトップであり会社の経営に参加し 経営視点で技術部門を指揮する職種です。

VPoEとCTOは双方エンジニア組織の責任者ですが、VPoEはCTOから降りてきた方針に対してエンジニア組織自体を向上させるために新たなエンジニアを採用したり、能力向上のための環境整備をしたりなどのマネジメントを担当します。一方でCTOは経営の視点に立ち、会社が更なる発展を継続していくための方向性を技術的な観点で決定したり開発方針を決めたりする担当です。


■VPoEとエンジニアリングマネージャーの違い
VPoEとエンジニアリングマネージャーの違いを説明します。
​​VPoEとは、エンジニア組織のマネジメント責任者のことを指します。
エンジニアリングマネージャーとは、プロジェクトなどの責任者の1人であり、技術者の支援や技術的なことがらの運用や管理、エンジニアの教育・キャリア・人事など「ピープルマネジメント」を担当します。

VPoEとエンジニアリングマネージャーの役割は、エンジニア全体の成長や向上をサポートしたり、開発環境を改善するなどに関しては共通ですが、エンジニアリングマネージャーはチームマネジメント以外のより広範な領域を担当する可能性があります。

エンジニアリングマネージャーの業務範囲は各企業によって異なるため、明確な違いを説明することは難しいです。


■VPoEのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル
VPoEのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルを説明します。
特に今後VPoEへの案件参画を検討している方は参考にしましょう。


マネジメント能力
VPoEがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてマネジメント能力が
挙げれらます。

VPoEはエンジニアチーム全体のマネジメントを行うため、俯瞰的に物事をみる必要があります。そのため問題の発見や解決をすると同時に、細かな変化にも注目する必要があります。

VPoEは、プロジェクトを成功させるため困っているエンジニアのサポート、各エンジニアの仕事量に無理はないか組織運営をしていきます。
またエンジニアリングマネージャーがメンバーの能力や意欲を向上させるには、各メンバーとの面談などで目標を明確にし、会議などでも発言をしやすい環境を作ることが大切です。
VPoEとしてマネジメント能力を身に付けましょう。


コミュニケーション能力
VPoEがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてコミュニケーション能力が挙げれらます。
VPoEは様々な人と接するため、コミュニケーションスキルも重要な要素です。
VPoEとして関わる人と協力的な関係を築き、エンジニアチームが業務を円滑に進められる最適な開発環境を作り出す必要があります。

VPoEはエンジニアチームや他部署とも良い関係を構築するためには、コミュニケーションを積極的にとり、個人に寄り添って話し合うことが必要です。
またVPoEは、コミュニケーションの欠如によって起こった問題に対して問題の原因を言語化できる能力もあるとなお良いでしょう。


リーダーシップ
VPoEがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてリーダーシップが挙げれらます。
エンジニア達を引っ張っていくためには今後の目標を提示したり課題解決に対して適切な答えを出したりすることが求められます。
VPoEはエンジニアそれぞれが得意な領域などを見抜き、エンジニアを適材適所に配置することが必要です。

VPoEはエンジニアに対して単純に指示を出すのではなく、それぞれのエンジニアがどのように行動すべきかを考えられるようにリードすることが大切なのです。



■VPoEにおすすめの資格
VPoEにおすすめの資格を説明します。
VPoEへなるためには特に資格は必要ではないですが、VPoEとして保有しておくと良い資格を説明します。

VPoEへなるためには特に資格は必要ではなく、またVPoEに直接関係ある資格はありません。

しかし下記資格を持っておくと多少有利になるでしょう。

・ITストラテジスト試験
・プロジェクトマネージャ試験(PM)

ITストラテジスト試験
VPoE関連資格としてまず挙げられるのが、ITストラテジスト試験です。

ITストラテジスト試験は、IPAが実施している情報処理技術者試験の一つです。
ITに関する基礎知識からマネジメントや戦略/企画に関するにITスキルを問われます。

なお、ITストラテジストはITストラテジスト試験に合格した人を指し、ITの高度な知識を持つプロフェッショナルとして、企業の経営陣に対してITを活用した経営戦略に沿った業務システムやプロセスを提案し、経営改革や最適化をアドバイス/サポートします。

ITストラテジストの資格を取得することにより、高度なIT技術と知識に加え、企業戦略を立てて企業が抱える経営課題の解決スキルを身に付けられるためVPoEとしておすすめの資格です。
学習時間の目安ですが人それぞれ異なります。100時間ほどで合格した方やコツコツ半年かけて学習した方もいますので、自分の生活や仕事などを考慮して学習していきましょう。


プロジェクトマネージャ試験(PM)
VPoE関連資格としてまず挙げられるのが、プロジェクトマネージャ試験(PM)です。

プロジェクトマネージャ試験(PM)はIPA(情報処理推進機構)が実施している情報処理系の国家資格の1つです。

プロジェクトマネージャ試験(PM)ではIT技術全般の知識だけでなく、プロジェクト管理や計画策定、予算やスケジュールの管理などプロジェクトマネジメントに関わるスキルが試されます。

VPoEとしてプロジェクトの予算管理やプロジェクトの進捗管理などPM(プロジェクトマネージャー)の知識/スキルがあった方がより幅広く知識が身につくでしょう。

上記資格が絶対に必要になるわけではないため、VPoE関連資格は時間的に余裕がある方におすすめします。

VPoEとして実務未経験の場合、まずプロジェクトマネージャー(PM)やプロダクトマネージャーなどの実務経験やマネジメントの実務経験を積むことに注力しましょう。



■VPoEの市場動向やニーズ
VPoEの市場動向やニーズを説明します。

将来的にVPoEの需要は増加していくでしょう。

その理由としてIT人材不足であること、国内大手企業がVPoEを採用し始めていることなどが挙げられます。
まず、IT人材不足について説明します。
経済産業省のIT人材需給に関する調査によると2030年最大で79万人が不足すると言われています。この要因はAIやIoT、5GなどIT産業の飛躍的な発達が挙げられます。

次に国内大手企業がVPoEを採用し始めていることについて説明します。

株式会社メルカリやヤフー株式会社といった大手企業を中心にVPoEが配置されています。
VPoEがエンジニアに最適化された働きやすい職場環境を整えることで、社内の文化として企業のブランディングにも繋がり、企業の環境に魅力を感じたエンジニアを確保しやすくなるでしょう。

上記2点を考慮すると、今後VPoEのニーズは高まっていく可能性が高く、各企業でも新規で採用する可能性は高いでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではVPoEのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ぜひ一度フリーランススタートでVPoEのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。