イラストレーターの求人・案件一覧

イラストレーターのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

50.1万円

中央値単価

50万円

最高単価

200万円

最低単価

4万円

全5334件中1-50件を表示中

全5334件中1-50件を表示中

イラストレーターのフリーランス案件に関するよくある質問

イラストレーターのフリーランス案件は高単価ですか?

イラストレーターのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は50.1万円です。 イラストレーターのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は600~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のイラストレーターの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるイラストレーターのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

イラストレーターの募集中フリーランス案件数は92件、累計掲載案件は5,334件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のイラストレーターのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

イラストレーターのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

イラストレーターの募集中リモート案件数は18件、累計掲載案件は721件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるイラストレーターのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

イラストレーターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが2196件、パーソルテクノロジースタッフが462件、techtreeが336件、ギークスジョブが119件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が118件、レバテックフリーランスが101件、Midworksが56件、FREE-DAが54件、エンジニアルーム(Engineer Room)が52件、ビズリンクが43件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
イラストレーターのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフ、techtreeであることがわかります。
イラストレーターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフ、techtreeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

イラストレーターのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが138件、パーソルテクノロジースタッフが44件、Midworksが2件、ギークスジョブが2件、テックリーチが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
イラストレーターのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフ、Midworksであることがわかります。
イラストレーターのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフ、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

イラストレーターのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが80万円、PE-BANKが77.7万円、techtreeが75.5万円、TechStockが72万円、freelancedays(フリーランスデイズ)が70万円、バチグマが66.7万円、アットエンジニアが65.4万円、FREE-DAが64.9万円、テックビズフリーランスが64.8万円、FLEXY(フレキシー)が63.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
月額単価の高いイラストレーターのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、PE-BANK、techtreeであることがわかります。
イラストレーターのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、PE-BANK、techtreeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

イラストレーターのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が563件、週4日が385件、週3日が273件、週2日が79件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
イラストレーターのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるイラストレーターのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

イラストレーターのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が3471件、大阪府が115件、愛知県が54件、福岡県が43件、神奈川県が32件、埼玉県が22件、兵庫県が16件、北海道が11件、広島県が10件、長崎県が10件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
イラストレーターのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、愛知県に最も集中している事がわかります。
イラストレーターのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、愛知県あたりが良いでしょう。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

イラストレーターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとIllustratorが2057件、CSSが950件、Photoshopが473件、HTMLが442件、JavaScriptが160件、Sketchが152件、Adobe XDが152件、WordPressが143件、jQueryが135件、Mayaが118件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Illustrator、CSS、Photoshopのスキルを求めているイラストレーターのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Illustrator、CSS、Photoshopの開発経験があるフリーランスはイラストレーターのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

イラストレーターのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

イラストレーターのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとReactNativeが80.0万円、viが80.0万円、3ds Maxが75.0万円、Blenderが75.0万円、Node.jsが72.5万円、GitHubが71.4万円、Vue.jsが71.0万円、Mayaが70.0万円、MotionBuilderが70.0万円、SVNが70.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
高単価案件を求めているフリーランスはイラストレーターのReactNative、vi、3ds Maxの求人・案件に参画すると良いでしょう。

イラストレーターのフリーランス求人・案件数の推移

イラストレーターの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が267件、2022年5月が251件、2022年6月が321件、2022年7月が290件、2022年8月が110件、2022年9月が186件となっています。イラストレーターのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、76件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

イラストレーターのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

イラストレーターの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が78件、2022年5月が65件、2022年6月が72件、2022年7月が79件、2022年8月が81件、2022年9月が75件となっています。イラストレーターのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、6件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

イラストレーターのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

イラストレーターのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年4月が53.5万円、2022年5月が53.6万円、2022年6月が53.0万円、2022年7月が52.2万円、2022年8月が51.6万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

イラストレーターのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

イラストレーターのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年4月が642.4万円、2022年5月が643.5万円、2022年6月が635.8万円、2022年7月が626.4万円、2022年8月が618.7万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

イラストレーターの常駐案件・リモートワーク案件割合

イラストレーターの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が63件(29.2%)、常駐案件が153件(70.8%)となっており、イラストレーターフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

イラストレーターのフリーランス求人・案件について

イラストレーターのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
イラストレーターのフリーランス求人・案件の平均単価は50.1万円、中央値単価は50万円、最高単価は200万円、最低単価は4万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

■イラストレーターについて
イラストレーターは、Web・ソーシャルゲームなどのWebサイトやアプリ上で利用するイラストデザインと雑誌などの紙媒体で使用するイラスト作成などの仕事があります。
イラストレーターとして業務するには、技術やクライアントの希望に沿いつつ、デザインや絵を作成することが要求されます。


■イラストレーターの仕事内容
イラストレーターの仕事内容を説明します。

イラストレーターの主な業務内容はクライアントの依頼に対してイラストを制作し提供することです。イラストの多くはPhotoshop、lllustratorを使用して作成します。広告デザインの場合は、ライター・グラフィックデザイナーとチームを組み、1つのクリエイティブなものを完成させていくこともあります。
例えば、ソーシャルゲームのキャラクターや本の挿絵・雑誌・広告関係のポスター・チラシ等、数多くの分野でイラストレーターとしての活躍の場があります。

なお、制作会社・広告代理店等の社内で働くイラストレーターも存在しており、特にフリーで働く人が多いです。他にも医療業界に注力したメディカルイラストレーターや工業製品のマニュアルに掲載するイラスト等を作成するテクニカルイラストレーターなども活躍しています。

イラストレーターの世界は、流行・時代に大変左右される傾向が強いため同業者間の競争も激しいです。制作物のクオリティー以外にもトレンドを読む感度の高さも要求されます。
イラストレーターを目指す方に必須のツールがあり、Adobe社が販売しているPhotoshop、Illustratorです。

Web上で画像を制作・編集する際にはPhotoshop、Illustratorを使うことが殆どであるため、この2つのツールのどちらかを使いこなす必要があります。


■イラストレーターとグラフィックデザイナーの違い
イラストレーターとグラフィックデザイナーの違いを説明します。
何となく違いがわかっている方はここでしっかりと違いについて理解しましょう。

イラストレーターとグラフィックデザイナーの違いは商業的に絵を描くことが中心なのか、あらゆる媒体のデザインを行うことが中心なのかといった仕事内容です。
また、イラストレーターはイラスト担当がほとんどですが、グラフィックデザイナーは一つの作品を全体的に携わることも違いの1つでしょう。

イラストレーターは、商業用のイラストなど描くことを仕事としている人のことです。手がけるのは、本の表紙や挿絵、広告、商品パッケージ、ポスター等が主になります。

グラフィックデザイナーとは、各種商品を構成するデザイン作成をしている人のことです。
クライアントからの要望を受けてオリジナルのデザインを考案し、作品として完成させるのが主な仕事となっています。
グラフィックデザイナーの仕事には、イラスト、フォント、写真、動画、3Dデザインなどさまざまな要素が含まれます。

近年、デジタルでの制作が主流になってきたのもあり、イラストレーターとグラフィックデザイナーの境目が曖昧となっていることが事実です。


■イラストレーターのフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
イラストレーターは企業・個人等のクライアントより依頼されたWebサイトのデザインを担当するこ職種です。

「イラストレーター リモート」をフリーランススタート上で検索すると154件です。(2021年9月時点)
イラストレーターリモートワーク求人・案件の割合を常駐フリーランス求人・案件と比較すると約6.5%です。

ゲーム、広告、Webサービス、EC業界においてフリーランスのリモートワーク求人・案件があります。
toC向けサイトデザイン業務、コーポレートサイトサイトのデザイン業務、バナー/LP制作業務、WebシステムのUIデザイン業務などフリーランスのリモートワーク求人・案件があります。

今後、イラストレーターを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響や会社の採用や雇用形態が見直され始めていることなど挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

イラストレーターのフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、ゲーム、広告、Webサービス、EC業界を中心に探してみることをおすすめします。


■イラストレーターでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
イラストレーターにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

イラストレーターの週2日、週3日フリーランス求人・案件はフリーランススタート上で検索すると110件です。(2021年9月時点)

週2日、週3日でも月収50万円や60万円などイラストレーターのフリーランス案件・求人があり、中には90万円の高単価もフリーランス求人・案件あります。
またイラストレーターの週2日・週3日フリーランス求人・案件はエンタメ、ゲーム、Webサービス、広告、EC業界やメーカーが多いです。
商業デザイン業務、広告資料制作業務、コーポレートサイトのデザイン業務など多様な業務があります。

複数のイラストレーターのフリーランス求人・案件に参画できるため、様々な規模のプロダクト開発やデザイン制作に携われたり、他デザイナーなどのクリエイティブ職種とコミュニケーションを取れます。
イラストレーターとしてデザインスキル向上に繋がったり常駐フリーランス求人・案件と比較してより多くのデザイン実績/経験を積むことが出来ます。

イラストレーターとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富なデザイン実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■イラストレーターの必要スキル
イラストレーターの必要スキルを説明します。
特に未経験や初心者からイラストレーターを目指す方は参考にしましょう。

・デザインスキル
イラストレーターはデザインスキルや実務経験を身に付ける必要があります。
例えばPhotoshop、Illustrator、Sketch、Figma、Adobe Dreamweaver、Adobe XDなどデザインソフトの業務経験や知識が必要になります。
上記デザインスキルが全て必要というわけではなく、参画するフリーランス求人・案件ごとに異なります。
どんなデザインスキルから習得したらよいか迷っている方はPhotoShopとIllustratorを習得しましょう。
PhotoShopとIllustratorは多くのフリーランス求人・案件で要求されるデザインスキルです。

・デッサンスキル
イラストレーターはデッサンスキルを身に付ける必要があります。
イラストレーターは、必ずしも自分の描きたいイラストを描けるわけではありません。

誰に何を伝えたいのか、どのようなテイストに仕上げたいのかなど、クライアントの要望に合わせてイラストを描くことが仕事になります。
そのため本来の自分の絵柄や雰囲気と違うイラストを描くことも必要であるため一定のデッサンスキルが重要です。

このスキルを身につけるには、一定の時間が掛かるかと思いますが、「デッサンスキル」があることにより、高年収獲得のための1つのスキルでしょう。
その他イラストレーターなどのクリエイティブな仕事は個性が重要ですので、そのイラストレーターならではの感性で独自の雰囲気を持った作品を作り上げることも大切になるでしょう。

・プログラミングスキル
イラストレーターはプログラミングスキルを身に付けておいても良いスキルです。

イラストレーターとして参画するフリーランス求人・案件によっては、HTML/CSSやJavaScript、jQueryなどのライブラリを含むプログラミング言語やWeb周りの知識を必要とするものも多くあるでしょう。
つまり、プログラミングスキルを理解しておくと、イラストレーターとして仕事の幅を広げられます。
必須スキルではありませんが、多少余裕のある方は習得しておいて損のないスキルでしょう。

・UI・UXに関するスキルや知識
イラストレーターなのでUI・UXに関するスキルや知識が身についていると良いでしょう。
イラストレーターはイラストレーター業務のみではなく、Webサイト制作や運用などのフリーランス求人・案件も豊富に存在します。
UI(User Interface)はユーザーの使いやすさ、UX(User Experience)はユーザーの体験を意味します。

UI/UXデザインはユーザーが心地よく利用できるデザインを目的とします。
ユーザー目線のデザインを実現させることができれば、ユーザー満足度を高め、コンバージョンを発生させることが可能となります。

必須スキルではありませんが、今後イラストレーターとして仕事の幅を拡大していくにはUI・UXに関するスキルや知識があると良いでしょう。

・コミュニケーションスキル
イラストレーターはコミュニケーションスキルを身に付ける必要があります。
イラストレーターは、現場で働く他デザイナーやエンジニアと連携をとっていくことが多いです。

つまり現場で働く他デザイナーやエンジニアとの常にコミュニケーションをとっていくことが必須になります。
また、クライアントの要望に合わせたものを描く必要があります。きちんとヒアリングし、要望に応えるイラストに落とし込む力が必要です。
そのため要望を正確に把握できるコミュニケーションスキルも大切でしょう。


ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではイラストレーターのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ぜひ一度フリーランススタートでイラストレーター求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■イラストレーターに未経験/初心者からなる方法
イラストレーターは未経験の採用はそんなに多くないのが現状です。しかし、諦めることはありません。
イラストレーターになるためのファーストステップとしてすぐに行動できる2つの方法をご紹介します。

・独学でデザインスキルを身につける
未経験/初心者がイラストレーターになる方法として独学でデザインスキルを身につけましょう。
Webデザインについての書籍は多く出版されているため、独学でも勉強は可能です。

Webデザインを独学で身に着けるメリットは、スクールに比べて費用がかからない点や自分のペースで学習ができることです。
一方デメリットは、途中で挫折する可能性があることや、独学では質問できる相手がいないこと、途中で辞めやすいなどが挙げられます。

近年ではオンライン学習サービスなども普及しており、独学でも続けやすい仕組みであるためオンラインサービスなどを積極的に活用してみてましょう。

特にイラストレーターが自分に合っている職種なのか良くわからないからお金をそんなに掛けたくないという方にはおすすめです。
PhotoShopやIllustratorを購入する費用は発生しますが、月額1000円ほどで学習できるため合わなければ途中で辞めることも出来ます。


・デザインスクールを受講する
未経験/初心者がイラストレーターになる方法としてデザインスクールを受講しましょう。

デザインスクールはオンライン型とオフライン型の2種類ありますので、自分の現状に適した学習環境を見つけていきましょう。

デザインスクールを利用するメリットは、不明点をすぐに質問できることや人脈形成がしやすくモチベーション維持ができること、実践的なデザインスキルが学習できること、デザインソフトが割引き価格で購入できることです。
加えて、デザインスクールによっては受講終了後の転職斡旋などの就職サポートを行っていることもメリットです。

一方、デザインスクールのデメリットは多額の費用が発生することや、オフライン型の場合通学時間が発生すること、途中で辞めづらいことです。

無料で受講可能なオンラインスクールもありますが、事前に審査などの選考がある場合はおおいです。
その他、1日や数日間という短期間で集中的に講義を行うブートキャンプのデザインスクールもあるので、自分に適しているデザインスクールを選択しましょう。


■イラストレーターがフリーランスを目指すための準備
イラストレーターがフリーランスを目指すための準備を説明します。

フリーランスとなるため、以下のことに気をつけ準備を行いましょう。

・ポートフォリオや自作サイトの制作
・クレジットカードの準備
・国民年金や健康保険への加入準備
・税務署へ開業届の提出
・2~3ヶ月分の生活資金準備

フリーランスとして活動するには、上記のことに注意する必要がありますが、ここでは一番時間をかけるべき「ポートフォリオや自作サイトの制作」に注力して説明します。

イラストレーターとして営業活動をするため欠かせないのが自分の作品や経歴をまとめたポートフォリオや自作サイト制作です。
フリーランスにとってポートフォリオや自作サイト制作は、仕事を受注するため、クライアントなどの相手に自分のスキルをPRする重大な役割を持っています。

ポートフォリオにはプロフィールやスキルをはじめとし、自分の過去の成果物を記載します。
ポートフォリオはPDFでも問題ないですが、できればWebサイトを制作しましょう。
Webサイトであれば、クライアントもアクセスしやすくかつ、仕事の依頼などのお問い合わせも届きやすくなります。
ポートフォリオを制作する際はポートフォリオ全体のビジュアルや見やすさや使いやすさを考慮しましょう。
また、イラストレーターとして得意なジャンルを最低5点あるとどんな作品を得意としているかが相手に伝わって良いでしょう。
いくら過去の成果物が良くても、自分のポートフォリオのWebデザインが良くなければ本末転倒です。

クライアントなどの相手は自分の何を知りたいのか、常に客観的な視点を持つことに注力したポートフォリオであれば、フリーランス求人・案件を受注しやすくなるでしょう。

ポートフォリオ制作に何を記載するかいまいち思いつかないイラストレーターは、検索してみると他イラストレーターがどんなポートフォリオを制作しているかが理解でき、作業効率が上がります。


■イラストレーターにおすすめする資格
イラストレーターにおすすめの資格を説明します。
イラストレーターになるためには様々なスキルが要求されるため、イラストレーター関連の資格を保持していることで、自分のスキルを証明する材料となります。

・Illustratorクリエイター能力認定試験
Illustratorクリエイター能力認定試験は、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催のAdobe社が提供する「Illustrator」というグラフィックデザインソフトを使った、コンテンツ作成能力を認定する試験です。
Illustratorクリエイター能力認定試験は問題の指示に従い新規ドキュメントから1つのグラフィックコンテンツを作り上げる実践的な試験内容となっており、コンテンツを制作する「操作スキル」や、与えられた指示を正確に読み取り形にする「問題解決力」が習得できます。

Illustratorクリエイター能力認定試験には、スタンダードとエキスパートの2種類あります。
Illustratorの知識を証明できる認定試験であるため、イラストレーターとしておすすめの資格です。

・Photoshopクリエイター能力認定試験
Photoshopクリエイター能力認定試験は、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催のクリエイターとして、Photoshopを用いた画像ファイルの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定するための試験です。

Photoshopクリエイター能力認定試験は、スタンダードとエキスパートの2種類あります。
Photoshopクリエイター能力認定試験は、PhotoShopの操作方法の習得以外にも、与えられた課題を的確に行う実行力を身に付けられる試験です。
そのため、イラストレーターとして取得しておきたい資格の1つです。

・アドビ認定エキスパート(ACE)
アドビ認定エキスパート(ACE)は、Adobe社が実施しているソフトに関する知識やスキルがあることを証明する資格です。アドビシステムズ認定の世界共通資格です。

アドビ認定エキスパート(ACE)には、単一製品認定、スペシャリスト認定、マスター認定の3つの認定レベルがあります。

Adobe社のソフト普及率は高く、デザイン現場でも頻繁に活用されることが多いため、イラストレーターとしておすすめの資格です。

・色彩検定
色彩検定は、公益社団法人 色彩検定協会(A・F・T)が行う、文部科学省後援の公的資格です。色彩検定は色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く習得できます。
目指すレベルに合わせて「1級」「2級」「3級」「UC(ユニバーサルデザイン)級」があり、どの級からでも受験が可能です。幅広いジャンルの職種から志願者がおり、活かせる職種も様々です。

色彩検定は、イラストレーターとして活躍するため色の配置や組み合わせ方などの色彩感覚は大切ですので、取得しておいて損のない資格でしょう。


■イラストレーターの将来性や需要
イラストレーターは現在フリーランス需要の高い職種です。
近年ソーシャルゲームの人気が高騰していること、自社コーポレートサイト、採用サイト、ECサイトなど様々なWebサイトを作成する機会が増えたことでより多くのデザイン素材が必要になります。

市場が拡大するに伴い、イラストレーターを含むクリエイティブ職種の需要も拡大していくでしょう。今後もイラストレーターの需要が高まる事が予想されます。

その他、イラストレーターと関わりのあるコンテンツ市場のデータを分析してみましょう。
2020年2月商務情報政策局コンテンツ産業課が発表しているコンテンツの世界市場・日本市場の概観によると、2018年の日本のコンテンツ市場規模は約10.6 兆円。世界のコンテンツ市場規模は約128.8兆円です。

今後日本のコンテンツ市場は顕著に成長していき、2023年には11.3兆円になると予想されています。
コンテンツ分野別の割合を見てみると、2014年には出版や映像で70%と占めています。

しかし2023年まで出版は40%から30%と衰退し、映像やゲーム分野が64%を占めると予想されています。
上記を考慮すると、今後もコンテンツ分野の市場は拡大することが予想でき、その分野で活躍できるイラストレーターを含むクリエイティブ職種の需要は拡大していく可能性が高いでしょう。