テクニカルサポートの求人・案件一覧

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

50.1万円

中央値単価

44.5万円

最高単価

200万円

最低単価

24万円

全365件中1-30件を表示中

全365件中1-30件を表示中

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが127件、レバテックフリーランスが24件、TechStockが19件、SEES(シーズ)が15件、エンジニアルーム(Engineer Room)が12件、Midworksが11件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が8件、フォスターフリーランスが7件、FREE-DAが5件、ギークスジョブが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが46件、レバテックフリーランスが1件、Relance(リランス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、Relance(リランス)であることがわかります。
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとRelance(リランス)が80万円、TechStockが77.2万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が76.8万円、techtreeが70万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が68.3万円、スマートキャリアが65万円、PE-BANKが65万円、ギークスジョブが65万円、フォスターフリーランスが61.4万円、FREE-DAが60.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
月額単価の高いテクニカルサポートのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはRelance(リランス)、TechStock、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はRelance(リランス)、TechStock、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が143件、大阪府が9件、埼玉県が4件、神奈川県が3件、愛知県が2件、広島県が2件、茨城県が1件、千葉県が1件、兵庫県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、埼玉県に最も集中している事がわかります。
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、埼玉県あたりが良いでしょう。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとWindowsが65件、Wordが21件、Javaが14件、Excelが13件、iOSが12件、JavaScriptが10件、Linuxが9件、WindowsServerが9件、Oracleが9件、SQLが8件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Windows、Word、Javaのスキルを求めているテクニカルサポートのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Windows、Word、Javaの開発経験があるフリーランスはテクニカルサポートのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとSAPが150.0万円、Ruby on Railsが90.4万円、Rubyが89.9万円、Tableauが82.5万円、C#が80.0万円、jQueryが78.0万円、CSS3が72.3万円、SQLが70.9万円、Salesforceが70.0万円、Node.jsが70.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはテクニカルサポートのSAP、Ruby on Rails、Rubyの求人・案件に参画すると良いでしょう。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件数の推移

テクニカルサポートの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年7月が21件、2021年8月が21件、2021年9月が29件、2021年10月が77件、2021年11月が78件、2021年12月が91件となっています。テクニカルサポートのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、13件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

テクニカルサポートのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

テクニカルサポートの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年7月が5件、2021年8月が4件、2021年9月が4件、2021年10月が26件、2021年11月が28件、2021年12月が38件となっています。テクニカルサポートのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、10件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年7月が57.5万円、2021年8月が57.5万円、2021年9月が57.4万円、2021年10月が53.5万円、2021年11月が51.9万円、2021年12月が50.1万円となっています。テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.9万円下降し、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年7月が690.5万円、2021年8月が689.4万円、2021年9月が689.2万円、2021年10月が641.9万円、2021年11月が623.1万円、2021年12月が600.6万円となっています。テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し22.5万円下降し、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

テクニカルサポートの常駐案件・リモートワーク案件割合

テクニカルサポートの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が41件(44.1%)、常駐案件が52件(55.9%)となっており、テクニカルサポートフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件について

テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、34.5~54.5万円程度です。
テクニカルサポートのフリーランス求人・案件の平均単価は50.1万円、中央値単価は44.5万円、最高単価は200万円、最低単価は24万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

テクニカルサポートは、ユーザー・クライアント等からの問い合わせを対応する技術職のことです。
コンピューターのハードやソフトウェア・システムトラブル・電化製品の使用方法・管理方法等、自社製品に関わる様々な問い合わせの窓口を行います。
無料・有料があり、有料の場合は、会員のお客様へ手厚いサービスをすることが多く、深い技術的な問い合わせが間々あるため専門的な知識が要求されます。また、法人向けサービスでは、クライアント先へ出向して問題・原因を究明・解決することも業務の1つです。なお、テクニカルサポートは別名ヘルプデスクと呼ばれたりもします。
テクニカルサポートの業務内容は主に2つあり、ヒアリング・問題の解決です。
テクニカルサポートはヒアリングを実行することで問題の原因は何かを的確に把握出来るため重要です。具体的には現在の状況・直前までの出来事・トラブルの経過時間・いつまでに解決して欲しいのかなど、正確かつ多くの情報可能な限り聴き出します。問題解決については、お客様が個人の場合はその場で使用方法を教えたり、遠隔操作を実行したりすることで解決に導きます。また、ハードウェアに関する問題解決などは、直接訪問して解決したりします。
なお、法人の場合はシステム導入後のサポート・パッケージシステム・ネットワーク・アプリケーション等のトラブルに対応します。
テクニカルサポートに必要なスキル・能力は法人・個人がありますが、共通しているのが豊富な技術的な知識と高いコミュニケーション能力です。ユーザーからの技術的な質問に対応するため製品・ソフトウェアに関して豊富な知識が要求されます。最新製品を使用している方・旧製品を使用している方など様々な問い合わせがあるため、自社製品全般について幅広くかつ専門的な知識があることが必要です。また、コミュニケーション能力においては様々なお客様からのお問い合わせ対応するため、高いコミュニケーション能力を駆使して正確に原因究明のための情報を聞き取れることが要求されます。
テクニカルサポートはそのまま、キャリアを築き上げることも可能ですし、身につけた経験・知識を活かし、ネットワーク監視・システムの設計・構築などキャリアパスが豊富にあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではテクニカルサポートのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでテクニカルサポートのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■テクニカルサポートの将来性や需要
テクニカルサポートは現在フリーランス需要がある職種ですが、サポートの種類によっては規模が衰退していくでしょう。
質問に答えるだけのテクニカルサポートではAIチャットボットなどによって、代替されていく可能性があります。
しかし、Saasなどのクラウド関連のサービスのカスタマーサクセスなど、顧客の成功にコミットするような職種は今後より一層需要が高まる可能性が高いです。