kintoneの求人・案件一覧

kintoneのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

61.4万円

中央値単価

65万円

最高単価

160万円

最低単価

24万円

全244件中1-50件を表示中

全244件中1-50件を表示中

kintoneのフリーランス案件に関するよくある質問

kintoneのフリーランス案件は高単価ですか?

kintoneのフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は61.4万円です。 kintoneのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は732~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のkintoneの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるkintoneのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

kintoneのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

kintoneの募集中フリーランス案件数は46件、累計掲載案件は244件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のkintoneのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

kintoneのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

kintoneの募集中リモート案件数は13件、累計掲載案件は77件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるkintoneのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

kintoneのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

kintoneのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが58件、パーソルテクノロジースタッフが52件、レバテッククリエイターが25件、PE-BANKが9件、TechStockが8件、SEES(シーズ)が8件、Midworksが7件、スキルコネクトが5件、テックリーチが5件、ハイパフォコンサルが4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
kintoneのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、レバテッククリエイターであることがわかります。
kintoneのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、レバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

kintoneのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

kintoneのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが42件、レバテッククリエイターが9件、パーソルテクノロジースタッフが4件、PE-BANKが2件、TechStockが1件、SEES(シーズ)が1件、マノア・リノが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
kintoneのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
kintoneのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、パーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

kintoneのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

kintoneのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが152.5万円、レバテッククリエイターが82.8万円、FLEXY(フレキシー)が80万円、レバテックフリーランスが76.7万円、PE-BANKが74.2万円、株式会社mijicaが70万円、テックビズフリーランスが70万円、TechStockが64.6万円、マノア・リノが63.8万円、フリエンが63.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いkintoneのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、レバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)であることがわかります。
kintoneのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、レバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

kintoneのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

kintoneのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が44件、週4日が31件、週3日が23件、週2日が12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
kintoneのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるkintoneのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

kintoneのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

kintoneのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が124件、埼玉県が3件、福島県が1件、神奈川県が1件、兵庫県が1件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
kintoneのフリーランス求人・案件数は東京都、埼玉県、福島県に最も集中している事がわかります。
kintoneのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、埼玉県、福島県あたりが良いでしょう。

kintoneのフリーランス求人・案件数の推移

kintoneの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が20件、2022年8月が16件、2022年9月が37件、2022年10月が34件、2022年11月が38件、2022年12月が45件となっています。kintoneのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、7件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

kintoneのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

kintoneの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が6件、2022年8月が12件、2022年9月が15件、2022年10月が13件、2022年11月が12件、2022年12月が12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

kintoneのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

kintoneのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が57.1万円、2022年8月が58.2万円、2022年10月が58.5万円、2022年11月が60.0万円、2022年12月が64.9万円となっています。kintoneのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し4.9万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

kintoneのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

kintoneのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が684.6万円、2022年8月が698.8万円、2022年10月が701.7万円、2022年11月が719.9万円、2022年12月が778.7万円となっています。kintoneのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し58.8万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

kintoneの常駐案件・リモートワーク案件割合

kintoneの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が12件(28.6%)、常駐案件が30件(71.4%)となっており、kintoneフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

kintoneのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

kintoneのフリーランス求人・案件について

kintoneのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
kintoneのフリーランス求人・案件の平均単価は61.4万円、中央値単価は65万円、最高単価は160万円、最低単価は24万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

kintoneのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・kintone経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・kintone経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・kintone経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・kintone経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・kintone経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

kintoneは、サイボウズ株式会社が提供している、webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスです。つまり、kintoneはプログラミングの知識が必要なく、難しい操作もせずに、自社の業務に合ったアプリを簡単に作成できるツールです。
kintoneは、日報・案件管理・タスク管理・交通費申請など、さまざまな機能が利用できます。アプリを組み合わせてグループウェアとして利用するのも可能です。

kintoneは、マウス操作で直感的に自社に最適なシステムが作成可能であることや、豊富なAPIを通じて他システムとの連携も簡単かつ可能になっています。

サービス提供企業のサイボウズ株式会社は、kintone導入企業数、20,000社を超えており、国内向けグループウェア販売で12年連続導入シェアNo1を達成しています。
コロナ禍の影響でテレワークが進み、情報共有や遠隔コミュニケーションに悩む企業が月に400社以上のペースで導入しています。


■kintoneとサイボウズ Officeの違い
kintoneとサイボウズ Officeの違いはカスタマイズ性です。
kintoneはアプリを選んでカスタマイズしていく運用であり、サイボウズOfficeにはグループウェアとして必要な機能が標準搭載されています。サイボウズOfficeも、JavaScriptによるカスタマイズは出来ます。


■kintoneの特徴
kintoneの特徴としては以下のようなことが挙げられます。

・業務に必要なアプリを簡単に作成可能:
 kintoneはサンプルのアプリが100種類以上あり、社内で必要となる様々な業務システムを自社で制作が可能。

・表計算ソフトウェアを使用しなくて済む:
kintoneを活用することで、表計算ソフトを使わずにデータベース管理ができます。

・改修や機能の追加が可能:
kintoneは自社で構築可能なアプリであるため、大小問わずフローやプロセスの変更に対応できます。例えば、CSSファイルやJavaScriptのデータを読み込むことで必要な機能を付け足したり、より使いやすく改良できます。エンジニアなど改修や機能追加にかけていたコストが軽減できます。

・情報共有を一括で管理可能:
 kintoneはプロジェクト進捗度やタスクを一括管理でき、メンバー全員に共有することが可能
加えてkintoneは「スペース機能」と呼ばれる機能があり、参加メンバーが情報共有や連絡の場として活用できる機能のことです。

・属人化されたデータを防ぎやすい:
kintoneは属人化していたデータや、社内で検索が困難であったデータを一括で管理出来ます。チーム単位はもちろん、社内全体への情報共有も簡単になるでしょう。

・高いセキュリティーレベル:
 kintoneは複数の認証プロセスでセキュリティを強化していることや、アクセス権の詳細設定可能です。組織単位・ユーザー毎に閲覧や編集など、操作範囲を変更出来ます。

・アプリによっては専門知識が必要
「PCやスマホを殆ど使わない」という方の場合、kintoneにおける業務アプリの開発は困難でしょう。複雑なアプリ開発には、システム開発スキルが要る場合もあります。


kintoneの導入企業は、日産自動車株式会社、株式会社資生堂、全日本空輸株式会社(ANA)、株式会社朝日新聞社、ソフトバンク株式会社など、世界を代表する数々あります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではkintoneのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでkintone求人・案件の仕事探しをしてみてください。