プログラマーの求人・案件一覧

プログラマーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

51.4万円

中央値単価

50万円

最高単価

100万円

最低単価

30万円

プログラマーのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
プログラマーのフリーランス求人・案件の平均単価は51.4万円、中央値単価は50万円、最高単価は100万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

プログラマーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

プログラマーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が9件、TechStockが6件、at-engineerが6件、ギークスジョブが5件、スキルコネクトが4件、レバテックフリーランスが3件、フォスターフリーランスが2件、Hack'enが1件、レバテッククリエイターが1件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
プログラマーのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはSEES(シーズ)、TechStock、at-engineerであることがわかります。
プログラマーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はSEES(シーズ)、TechStock、at-engineerを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

プログラマーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

プログラマーのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が34件、大阪府が4件、千葉県が2件、兵庫県が2件、埼玉県が1件、富山県が1件、愛知県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
プログラマーのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、千葉県に最も集中している事がわかります。
プログラマーのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、千葉県あたりが良いでしょう。

プログラマーのフリーランス求人・案件数の推移

プログラマーの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が33件、2020年10月が31件となっています。プログラマーのフリーランス求人・案件数は前月と比較し大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

プログラマーのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

プログラマーのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が51.4万円、2020年10月が51.4万円となっています。プログラマーのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

プログラマーのフリーランス求人・案件について

プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。
物流システムや金融システム、テレビやスマートフォン、電子レンジなど、身の回りのあらゆるところにプログラムが活用されています。

プログラマーは、Web系、ゲーム系、組み込み/制御系械、パッケージアプリケーション系、社内システム系、設備制御系、オープン/オンライン系、汎用系、通信系などのジャンルで活躍出来ます。

プログラマーの仕事内容はシステムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング作業を行うことです。
システム開発は、以下の流れで進みます。
要件定義
設計
開発
テスト
つまり、プログラマーは開発、テストのフェースがメインになります。実務をこなしながら、コンピューターやシステム知識、理論的な思考を身に付けていきます。
使用するプログラミング言語はJava、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Perl、C言語、C++、C#、Swift、Objective-C、Kotlin、COBOL、Scala、VBなど多数あります。どのようなジャンルの仕事を担当するかによって、必要になるプログラミング言語も変化します。
その他、システム上のバグを発見することもプログラマーの重要な仕事のひとつです。システムエンジニアの計画に沿って設計しても、意図しない動作をする場合も有り得ます。テストを繰り返してバグを処理し、不備のない状態で納品できるように修正します。

プログラマーとして必要なスキルは以下のようなものです。
プログラミング能力、コミュニケーション能力、数学的な処理知識、論理的な思考など幅広く要求されます。
特にプログラミング能力は必須です。プログラマーは、プログラミング言語を使いシステムやソフトウェアを作り上げる仕事です。そのため、プログラミングスキルは必須スキルとなります。
ただし、企業によって求められるスキルレベルは異なります。プログラミング経験が1年未満のプログラマーや未経験者を対象としている場合は、言語の基本構文を習得しているなど基礎レベルしか求められない求人が多いです。
また、Web系、ゲーム系、汎用系、通信系などジャンル毎により、使うプログラミング言語も異なってくるため、自身がどのジャンルのプログラマーになりたいのか、しっかり目標を立てましょう。
どのジャンルでもプログラミング経験3年以上あると求人・案件の選択出来る幅が広がりやすいでしょう。

プログラマーとして必要な資格は特にありません。
プログラマーとして、おすすめの資格は、ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験などがあります。

プログラマーとしておすすめする資格の概要です。
ITパスポート試験は、ITに関する基礎的な知識を証明出来る資格です。
情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通し組織の情報セキュリティ関連のスキルを認定する試験です。
基本情報技術者試験は、情報技術全般に関する基本的な知識やスキルをもつ人や、プログラム設計書を作成し、プログラム開発や単体テストなどの一連のプロセスを担当する人のための国家資格です。
応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位に位置付けられている試験です。
ネットワークスペシャリスト試験は、ネットワークに精通したプロフェッショナルの資格です。
データベーススペシャリスト試験は、情報処理推進機構(IPA)が運営している『情報処理技術者試験』の1つです。
プログラマーが資格を取得する理由として、プログラマーのフリーランス求人・案件時のスキル証明になること、関連知識を体系的に習得できること、目標の設定によりモチベーションを向上できることなどが挙げられます。
プログラマーとして活躍をする上で資格はあって損のないものです。しかし、資格を取得したからといってプログラマーのフリーランス求人・案件に確実に参画できるというものではありません。
まずは、自身の開発スキルを向上することが資格取得よりも先決かつ重要です。
プログラマーとして活躍をする上で時間的/身体的/金銭的に余裕が出てきた場合、資格を取得へチャレンジすることをおすすめします。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではプログラマーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでプログラマーのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■プログラマー求人・案件の習得難易度・勉強方法
プログラマーのフリーランス求人・案件に参画するため、プログラミング言語を習得する必要があります。
プログラマーのフリーランス求人・案件に参画するため、どのプログラミング言語を習得すれば良いのか、どのような学習方法があるのかを説明します。
ここでは、プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもJava、JavaScript、Ruby、PHP、Pythonと主要なプログラミング言語を例にします。
まず、Java、JavaScript、Ruby、PHP、Python、それぞれのプログラミング言語について習得難易度を説明します。
<Javaについて>
Javaは、GitHubPullRequestの2019年1月~3月統計にて第3位を獲得している人気のある開発言語です。
Javaはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
Javaは、プログラマーにとって覚えておきたいプログラミング言語です。
プログラマーにとって、Javaは最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできないです。
Javaは記述ルールは非常に厳格であること、オブジェクト指向などプログラミング基礎などの知識や経験が必要になること、ハードウェア知識が必要になることなどの理由により、難易度が高いプログラミング言語となっています。
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもJavaは人気のあるプログラミング言語であり、求人・案件が多い傾向にあります。
そのためプログラマーとして、Javaを習得するとWebシステム開発、業務システム開発、Webアプリ開発、組み込み/制御開発、IoT開発など様々な開発に携わることが出来ます。
JavaはSpring Framework、Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)、Apache Struts、Apache Wicket、Play Framework、Spark Framework、JSF(JavaServer Faces)、SAStruts (Super Agile Struts)など多数のJavaフレームワークがあります。
プログラマーのフリーランス求人・案件によっては、それらJavaフレームワーク開発経験や知識を求めていることもあります。
そのため、プログラマーとしてJavaフレームワークも同時に習得すると良いでしょう。

<JavaScriptについて>
JavaScriptは、世界のプログラマーにとって非常に人気の高いプログラミング言語です。
その証拠として、JavaScriptはGitHubPullRequestの2019年1月~3月統計にて1位を獲得している非常に人気のある言語です。
JavaScriptは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては習得しやすく、おすすめです。
JavaScriptは、プログラマーにとって覚えておきたいプログラミング言語です。
JavaScriptは動的型付け言語であること、実行環境の構築が不要であること、日本語の参考書や記事などJavaScriptの情報を豊富に収集出来ること、サンプルソースコードも多数公開されていることなどが理由により、難易度が比較的低いプログラミング言語となっています。
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもJavaScriptは人気のあるプログラミング言語であり、求人・案件が多い傾向にあります。
そのためプログラマーとして、JavaScriptを習得するとWebアプリ開発、Webページ制作、スマホアプリ開発、IoT開発、ブロックチェーン開発、ゲーム開発など様々な開発に携わることが出来ます。
JavaScriptはNode.js、React(React Native)、jQuery、Angular(AngularJS)、Vue.js、Backbone.js、Knockout.jsなど多数のJavaScriptフレームワークがあります。
プログラマーのフリーランス求人・案件によっては、それらJavaScriptフレームワーク開発経験や知識を求めていることもあります。
そのため、プログラマーとしてJavaScriptフレームワークも同時に習得すると良いでしょう。

<Rubyについて>
Rubyは、GitHubPullRequestの2019年1月~3月統計にて第6位を獲得している人気のあるプログラミング言語です。
日本のプログラマーには特に人気になっています。
Rubyは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、習得しやすい言語でしょう。
Rubyは、プログラマーにとって覚えておきたいプログラミング言語です。
Rubyは開発者が日本人であり、サンプルコードが豊富にあること、書きやすく、読みやすくをコンセプトとして開発されており、直感的に記述できること、ポータルサイトが日本語で運営されていること、日本語の書籍や記事などRubyの情報を豊富にあることなどの理由により、難易度が低いプログラミング言語となっています。
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもRubyは人気のあるプログラミング言語であり、求人・案件が多い傾向にあります。
そのためプログラマーとして、Rubyを習得するとWebサイト制作、SNS開発、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、SaaS開発、機械学習を含む人工知能開発など様々な開発に携わることが出来ます。
RubyはRuby on Rails、Sinatra、Padrino、cuba microframework、HANAMI、Ramazeなど多数のRubyフレームワークがあります。
プログラマーのフリーランス求人・案件によっては、Ruby on Railsの開発経験や知識を求めていることもあります。
そのため、プログラマーとしてRuby on Railsを同時に習得すると良いでしょう。

<PHPについて>
PHPは、GitHubPullRequestの2019年1月~3月統計にて第8位を獲得している人気のあるプログラミング言語です。
PHPは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ます。
PHPは、プログラマーにとって覚えておきたいプログラミング言語です。
PHPはサンプルコードが豊富にあること、スクリプト言語であり構文が理解しやすいこと、日本語の書籍やPHP関連記事など情報を豊富に取り入れることが出来ることなどの理由により、難易度が低いプログラミング言語となっています。
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもPHPは人気のあるプログラミング言語であり、求人・案件が多い傾向にあります。
そのためプログラマーとして、PHPを習得するとSNSやECサイトなどのWebサービス開発やWebアプリ開発など様々な開発に携わることが出来ます。
PHPはLaravel、CakePHP、Symfony、Phalcon、Slimなど多数のPHPフレームワークがあります。
プログラマーのフリーランス求人・案件によっては、それらPHPフレームワーク開発経験や知識を求めていることもあります。
そのため、プログラマーとしてPHPフレームワークも同時に習得すると良いでしょう。

<Pythonについて>
Pythonは、GitHubPullRequestの2019年1月~3月統計にて第2位を獲得している非常に人気のある開発言語です。
Pythonは最初に学ぶプログラミング言語としては、RubyやPHPと比較すると習得難易度が高いですが比較的習得しやすい言語でしょう。
Pythonは、プログラマーにとって覚えておきたいプログラミング言語です。
Pythonはライブラリが豊富であること、開発者が非常に読みやすいソースコードであること、コンパイルが必要ないこと、日本語の書籍やPython関連記事など情報が豊富であることなどの理由により、比較的難易度が低いプログラミング言語となっています。
プログラマーのフリーランス求人・案件の中でもPythonは人気のあるプログラミング言語であり、求人・案件が多い傾向にあります。
そのためプログラマーとして、Pythonを習得するとWebアプリ開発やゲーム開発、組み込みアプリ開発、機械学習を含むAI(人工知能)開発に携わることが出来ます。
PythonはDjango、bottle、Flask、Plone、Tornado、Tensorflow、Keras、Pytorch、web2pyなど多数のPythonフレームワークや機械学習で活用するフレームワークがあります。
プログラマーのフリーランス求人・案件によっては、それらPythonフレームワーク開発経験や知識を求めていることもあります。
そのため、プログラマーとしてPythonフレームワークも同時に習得すると良いでしょう。


ここからは、学習方法について説明します。
Java、JavaScript、Ruby、PHP、Python、各プログラミング言語の学習方法はおおよそ同じです。
近年オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
プログラミング言語の参考書は、まずは初心者向けを選びましょう。基礎を確認せずにより深い知識を必要とする内容に挑戦すると、難しく感じてしまい、挫折する可能性があるためです。
学習サイトの場合、動画で説明を受けながら学習できるもの、イラスト中心のスライドで解説するものなど、学習サイトにより学習方法は違います。無料で利用できる学習サイトや中級者以上のコンテンツは有料となっているものとあるため、利用前に料金設定を確認すると良いでしょう。
プログラミングスクールを活用する場合、独学と比較するとコストが掛かってしまいますが、講師に直接質問したり、勉強仲間が出来たりと様々なメリットがあります。モチベーション維持やスキルアップのために活用すると良いかもしれません。
なお、プログラミングスクールによっては、就職をサポートしてもらえたり、フリーランスとして独立し、フリーランス求人・案件参画のサポートをしてもらえることもあります。
なおJava、JavaScript、Ruby、PHP、Python、各プログラミング言語を学習するにあたって、参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。
学習時間は個人差が出るため、目安になりますが、独学の場合一般的に1000時間の学習をすればしっかりとしたプログラミングスキルが身につくと言われています。1000時間は1日4時間しっかり学習したとして、約8~9ヶ月間の期間がかかります。1000時間の内に実務時間は入っていません。
そのため、プログラマーとして実務未経験の場合、実務未経験可能なフリーランス求人・案件を探し、徐々に実務経験を付けていくと良いでしょう。


■プログラマーのの将来性や需要
プログラマーのニーズに関して、無くなることはないでしょう。
DODAの転職求人倍率レポートによると、2020年4月におけるのITエンジニア(技術者)における有効求人倍率は10.71倍という結果が出ており、他業界と比較すると特にIT業界は深刻な人材不足となっております。
さらに人工知能やIoTなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
上記のことを考慮すると、プログラマーの需要は今後も無くなることがないでしょう。

プログラマーとしてさらに活躍をしていくためにプログラミングスキルなどを積極的に学習したり、IT業界の市場動向を常に確認し、先手を打っていくことにより、今以上に仕事の理解が深まり、希少性が高まるでしょう。

全384件中1-30件を表示中

全384件中1-30件を表示中