プログラマーの求人・案件一覧

プログラマーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

50.8万円

中央値単価

50万円

最高単価

100万円

最低単価

30万円

プログラマーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

プログラマーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

プログラマーのフリーランス求人・案件について

プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。
物流システムや金融システム、テレビやスマートフォン、電子レンジなど、身の回りのあらゆるところにプログラムが活用されています。

プログラマーは、Web系、ゲーム系、組み込み/制御系械、パッケージアプリケーション系、社内システム系、設備制御系、オープン/オンライン系、汎用系、通信系などのジャンルで活躍出来ます。

プログラマーの仕事内容はシステムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング作業を行うことです。
システム開発は、以下の流れで進みます。
要件定義
設計
開発
テスト
つまり、プログラマーは開発、テストのフェースがメインになります。実務をこなしながら、コンピューターやシステム知識、理論的な思考を身に付けていきます。
使用するプログラミング言語はJava、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Perl、C言語、C++、C#、Swift、Objective-C、Kotlin、COBOL、Scala、VBなど多数あります。どのようなジャンルの仕事を担当するかによって、必要になるプログラミング言語も変化します。
その他、システム上のバグを発見することもプログラマーの重要な仕事のひとつです。システムエンジニアの計画に沿って設計しても、意図しない動作をする場合も有り得ます。テストを繰り返してバグを処理し、不備のない状態で納品できるように修正します。

プログラマーとして必要なスキルは以下のようなものです。
プログラミング能力、コミュニケーション能力、数学的な処理知識、論理的な思考など幅広く要求されます。
特にプログラミング能力は必須です。プログラマーは、プログラミング言語を使いシステムやソフトウェアを作り上げる仕事です。そのため、プログラミングスキルは必須スキルとなります。
ただし、企業によって求められるスキルレベルは異なります。プログラミング経験が1年未満のプログラマーや未経験者を対象としている場合は、言語の基本構文を習得しているなど基礎レベルしか求められない求人が多いです。
また、Web系、ゲーム系、汎用系、通信系などジャンル毎により、使うプログラミング言語も異なってくるため、自身がどのジャンルのプログラマーになりたいのか、しっかり目標を立てましょう。
どのジャンルでもプログラミング経験3年以上あると求人・案件の選択出来る幅が広がりやすいでしょう。

プログラマーとして必要な資格は特にありませんが、ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験などを取得しておくと活躍出来る仕事の幅が広がるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではプログラマーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでプログラマー求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■プログラマーのの将来性や需要
プログラマーのニーズに関して、無くなることはないでしょう。
DODAの転職求人倍率レポートによると、2020年4月におけるのITエンジニア(技術者)における有効求人倍率は10.71倍という結果が出ており、他業界と比較すると特にIT業界は深刻な人材不足となっております。
さらに人工知能やIoTなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
上記のことを考慮すると、プログラマーの需要は今後も無くなることがないでしょう。

プログラマーとしてさらに活躍をしていくためにプログラミングスキルなどを積極的に学習したり、IT業界の市場動向を常に確認し、先手を打っていくことにより、今以上に仕事の理解が深まり、希少性が高まるでしょう。

全359件中1-10件を表示中

全359件中1-10件を表示中