AIエンジニア(人工知能)の求人・案件一覧

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

79.5万円

中央値単価

75万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

全1920件中1-30件を表示中

全1920件中1-30件を表示中

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとtechtreeが190件、レバテックフリーランスが190件、TechStockが135件、テクフリが65件、ハイパフォコンサルが59件、at-engineerが53件、Midworksが35件、ビズリンクが32件、フォスターフリーランスが30件、ギークスジョブが28件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはtechtree、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はtechtree、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとテクフリが11件、レバテックフリーランスが7件、TechStockが4件、Midworksが3件、ハイパフォコンサルが3件、キャリアプラスが2件、ギークスジョブが1件、at-engineerが1件、エンジニアルーム(Engineer Room)が1件、Next Career Freelanceが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはテクフリ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテクフリ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが130万円、PMO NAVIが127.5万円、techtreeが121.4万円、BIGDATA NAVIが92.4万円、LOWCALが90万円、スキルコネクトが88.5万円、TechStockが88.5万円、メリーが87.5万円、joBeetが85.9万円、キャリアプラスが84.2万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
月額単価の高いAIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、PMO NAVI、techtreeであることがわかります。
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、PMO NAVI、techtreeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が945件、大阪府が34件、神奈川県が24件、広島県が13件、兵庫県が9件、愛知県が7件、福岡県が6件、埼玉県が4件、秋田県が3件、静岡県が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとPythonが537件、Javaが149件、JavaScriptが101件、Wordが66件、Rubyが65件、C++が62件、AWSが62件、PHPが57件、SQLが48件、Djangoが46件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
Python、Java、JavaScriptのスキルを求めているAIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Python、Java、JavaScriptの開発経験があるフリーランスはAIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとMacOSが140.0万円、Wordが133.8万円、PlayFrameworkが115.0万円、SAPが110.0万円、Tableauが107.2万円、Elixirが105.0万円、Hiveが102.5万円、AWSが101.8万円、Sparkが100.0万円、Kubernetesが97.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
高単価案件を求めているフリーランスはAIエンジニア(人工知能)のMacOS、Word、PlayFrameworkの求人・案件に参画すると良いでしょう。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件数の推移

AIエンジニア(人工知能)の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年1月が191件、2021年2月が205件、2021年3月が209件、2021年4月が224件、2021年5月が143件、2021年6月が199件となっています。AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、56件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年1月が82.4万円、2021年2月が80.9万円、2021年3月が80.5万円、2021年4月が80.1万円、2021年5月が79.7万円、2021年6月が79.5万円となっています。AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年1月が989.4万円、2021年2月が970.8万円、2021年3月が966.5万円、2021年4月が960.8万円、2021年5月が956.9万円、2021年6月が953.9万円となっています。AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し3.0万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

AIエンジニア(人工知能)の常駐案件・リモートワーク案件割合

AIエンジニア(人工知能)の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が38件(18.3%)、常駐案件が170件(81.7%)となっており、AIエンジニア(人工知能)フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件について

AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
AIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の平均単価は79.5万円、中央値単価は75万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

AIエンジニア(人工知能)はAI(人工知能)を使用した機械・製品(ロボット・スマートフォン・スマートスピーカーなど)の開発・運用するエンジニアです。
AIエンジニア(人工知能)の業務内容は、様々なデータをAI(人工知能)に与え、それを処理させAIを教育させることです。人がしている学習能力をコンピュータに学習させて再現することを機械学習といいますが、人工知能エンジニアは、AIの機械学習をより効率的に設計することが要求されます。そのため企業の膨大なデータ(ビッグデータ)を分析し、AIが簡単に習得出来るデータを探し、AIの学習をコントロールすることで目的を実現します。
従って、AIエンジニア(人工知能)は数学的な理論をベースにAIの開発・データ解析を行うのが主な業務です。
AIエンジニア(人工知能)に必要なスキル・能力は、AI開発で要求されるプログラミング言語(Python・Javaなど)スキル・開発経験が求められます。非常に高い専門性を要求されるためAIに特化した学科・専攻の専門学校や理系大学で人工知能・統計学・データサイエンスなどの専門知識を身につけておくと良いでしょう。また、JDLA(Japan Deep Learning Association)という資格を利用して学習をしたり、最先端の情報技術に常に触れ、技術向上していく意欲や姿勢も必要なスキルです。
近年ではGoogleのTensorFlow、Preferred NetworksのChainer、MicrosoftのCognitive Toolkit、FacebookのPyTorchなどのAI(人工知能)のフレームワークも多く存在しており、これらのフレームワークの知見を蓄えて置くことも重要です。

フリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAIエンジニア(人工知能)のフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■AIエンジニア(人工知能)の将来性や需要
AIエンジニア(人工知能)は現在フリーランス需要の高い職種です。
出生中位推計の結果によると日本の生産年齢人口は、2029年に7000万人、2040年に6000万人、2056年に5000万人を下回り、2065年には4529万人となると予測されています。
少子高齢化などに伴って生産年齢人口が減少するため労働業務効率化を推進する動きが強まる中で、あらゆる業界でAI化が推進されるでしょう。そのため、今後もAI(人工知能)案件が増え続け、AIエンジニア(人工知能)の需要が高まる事が予想されます。