2Dデザイナーの求人・案件一覧

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

59.4万円

中央値単価

55万円

最高単価

130万円

最低単価

25万円

全548件中1-30件を表示中

全548件中1-30件を表示中

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが161件、レバテックフリーランスが32件、Midworksが25件、ギークスジョブが17件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が9件、フォスターフリーランスが8件、TechStockが8件、FREE-DAが8件、マノア・リノが7件、at-engineerが6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksであることがわかります。
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが5件、マノア・リノが2件、レバテックフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、マノア・リノ、レバテックフリーランスであることがわかります。
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、マノア・リノ、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとTechStockが83.5万円、ラウレアフリーランスが80万円、at-engineerが73.3万円、FREE-DAが72.5万円、フォスターフリーランスが71.3万円、Stylee(スタイリー)が70万円、ウィアが70万円、Goorilla GameAgentが70万円、Midworksが67.2万円、ギークスジョブが66.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
月額単価の高い2Dデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはTechStock、ラウレアフリーランス、at-engineerであることがわかります。
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はTechStock、ラウレアフリーランス、at-engineerを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が404件、大阪府が21件、神奈川県が18件、京都府が5件、広島県が5件、兵庫県が3件、北海道が1件、宮城県が1件、秋田県が1件、愛知県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとUnityが105件、Photoshopが70件、Illustratorが43件、After Effectsが26件、C#が22件、C++が22件、Javaが21件、RPGが21件、JavaScriptが12件、Cocos2d-xが11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
Unity、Photoshop、Illustratorのスキルを求めている2Dデザイナーのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Unity、Photoshop、Illustratorの開発経験があるフリーランスは2Dデザイナーのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとSeasar2が90.0万円、MyBatisが90.0万円、JSFが90.0万円、SpringBootが85.0万円、Springが83.3万円、Jenkinsが80.0万円、Vue.jsが80.0万円、Go言語が80.0万円、Rubyが80.0万円、Pythonが78.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
高単価案件を求めているフリーランスは2DデザイナーのSeasar2、MyBatis、JSFの求人・案件に参画すると良いでしょう。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件数の推移

2Dデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年4月が91件、2021年5月が74件、2021年6月が89件、2021年7月が78件、2021年8月が81件、2021年9月が91件となっています。2Dデザイナーのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、10件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

2Dデザイナーのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

2Dデザイナーの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年4月が3件、2021年5月が2件、2021年6月が2件、2021年7月が2件、2021年8月が3件、2021年9月が5件となっています。2Dデザイナーのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年4月が60.0万円、2021年5月が59.9万円、2021年6月が59.9万円、2021年7月が59.7万円、2021年8月が59.7万円、2021年9月が59.4万円となっています。2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年4月が720.1万円、2021年5月が719.2万円、2021年6月が718.8万円、2021年7月が716.0万円、2021年8月が716.2万円、2021年9月が713.0万円となっています。2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し3.2万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

2Dデザイナーの常駐案件・リモートワーク案件割合

2Dデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が5件(5.3%)、常駐案件が89件(94.7%)となっており、2Dデザイナーフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件について

2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は59.4万円、中央値単価は55万円、最高単価は130万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

■2Dデザイナー
2Dデザイナーは、Adobe Photoshop等の描画ソフトウェアを使用して平面のグラフィックを描く職種です。
最近ではスマホゲームの台頭とともにその需要もさらに増してきており、ゲーム業界にとって欠かせない人材となっています。

2Dデザイナーの業務範囲は平面のグラフィックです。キャラクターの他にもアイテムやバナー、画面全体のデザインといったものも作成します。
また、ゲーム内の攻撃エフェクトなど平面内での動きを作り出すのも2Dデザイナーの仕事です。


■2Dデザイナーの仕事内容
2Dデザイナーの仕事内容を説明します。

2Dデザイナーの仕事内容で多いのはゲームの背景、キャラクターデザイン、UI等の作成です。
特に近年モバイルゲームの人気が高く2Dがメインで開発されているため、2Dデザイナーの領域は拡大しています。
2Dデザイナーは主にPhotoshop、SAI、Corel Painter等のラスタ系描画ソフトウェアを使い、グラフィックを作成することが多いですが、Adobe Illustratorのベクトルを扱うベクタ系描画ソフトウェアもあり、どちらも非常に多くのクリエイターが使っています。
なお、現場によってUI・背景など担当業務が分けられることもあります。

2Dデザイナーに要求されるスキルは、主にクオリティの高いグラフィックを作成する能力やソフトウェアツール(Photoshop・Illustrator)を使った開発経験です。また、ユーザーのニーズ・業界のトレンドの幅広い知識も必要です。

2Dデザイナーになるには実務経験が重視されます。
しかし、デザイン系学校・大学に通ってデザインの基礎・ソフトを駆使することが出来れば実務経験がない場合でも参画出来る可能性は大いにあります。
作品や制作物で判断されることが多く、ポートフォリオ作成することも2Dデザイナーになることにおいて重要です。
2Dデザイナー後のキャリアパスですが、経験を重ねてプロデューサー・ディレクターの統括役になる方が多いです。


■2Dデザイナーと3Dデザイナーの違い
2Dデザイナーと3Dデザイナーの違いを説明します。

2Dデザイナーの仕事内容はキャラクターや背景、バナー、アイテム、画面全体などの平面デザイン業務と、攻撃モーションや攻撃エフェクト制作といった平面のデザインを動かす業務があります。

3Dデザイナーとは、コンピューターを利用して縦、横、奥行きの立体感のある3Dグラフィックスを用いて映像を制作するデザイナーです。

つまり、2Dデザイナーは平面デザインを設計し、3Dデザイナーは立体デザインを設計するため仕事内容は全く異なります。

しかし、ゲーム開発の現場ではチームで作業を行うことが基本です。
2Dデザイナーが制作したデザインをもとに、3Dデザイナーが立体的なデザインにするといった作業工程で行われますので仕事内容は異なっていてもお互いコミュニケーションを頻繁に取り合います。


■2Dデザイナーのリモートワーク求人・案件事情
この章では2Dデザイナーのリモートワーク求人・案件事情について解説していきます。

まず、リモートワーク求人・案件の現状を見てみましょう。

「2Dデザイナー リモート」をフリーランススタート(2021年9月時点)上で検索すると15件と少ないです。
2Dデザイナーリモートワーク求人・案件の割合を常駐フリーランス求人・案件と比較すると約2%です。
ゲームとWebサービス業界やメーカーにおいてリモートワーク求人・案件があります。

キャラクターのアニメーション業務や、エフェクトデザイン業務などのリモートワーク案件・求人があります。
リモートワークを希望しているフリーランスの2Dデザイナーは自分で調べてみることをおすすめします。

今後、2Dデザイナーのリモートワーク求人・案件は増加していく可能性がありますが、時間を要するでしょう。

その理由として、ゲーム/Web業界は働き方に柔軟であること、対面で仕事をする業務とは異なりPC上で仕事が完結できること、xRやブロックチェーンなど最先端技術を使った新規のゲームリリースが増えることなど挙げられます。

その他、現在世界中で蔓延しているコロナ自体の影響により、リモートワーク業務に切り替えていることも増加する原因の1つでしょう。

しかし、リモート環境を整える仕組みが出来ていないことや、企業によってはセキュリティ面の問題、また特殊機器を扱っていることも多く出社の必要があること、リモートワークによってコミュニケーション齟齬が生じるなどの理由で常駐メインでアサインしているところも多いです。

なお、フリーランスで活躍している場合、リモートワークをするために自宅にディスプレイなどのIT機器を用意する必要があり、初期投資は多少必要になります。


■2Dデザイナーの週2日・週3日フリーランス求人・案件事情
この章では2Dデザイナーの週2日・週3日フリーランス求人・案件事情について解説していきます。

まず、週2日・週3日フリーランス求人・案件の現状を見てみましょう。

「2Dデザイナー 週2日・週3日」をフリーランススタート(2021年9月時点)上で検索すると11件です。

2Dデザイナー週2日・週3日フリーランス求人・案件の割合を常駐フリーランス求人・案件と比較すると約2%とほとんどありません。
3Dモーション制作業務などがあります。

フリーランスの2Dデザイナーとして、週2日・週3日フリーランス求人・案件に参画することにより様々な業界や規模のデザイン業務に携わることができ、豊富な経験を積むことができます。

2Dデザイナーの週2日・週3日フリーランス求人・案件を希望しているあるいは、様々な業界でのデザイン経験を積みたいフリーランスの2Dデザイナーにおすすめです。

今後、2Dデザイナーの週2日・週3日フリーランス求人・案件は増加していく可能性はありますが、時間を要するでしょう。

増加する理由として、IT人材不足により需要が増加すること、2018年に副業を解禁し年々推進する企業が増加していること、ワークライフバランスや生産性向上を重視する企業や労働者が増加していること、IT技術の発展によりセキュリティ面改善の可能性があること、雇用形態の在り方が従来のメンバーシップ型からジョブ型へ変化していることなど挙げられます。

しかし常駐を希望している企業が多く、今後もその風潮は続いていく可能性が高いです。


■2Dデザイナーの必要スキル
2Dデザイナーの必要スキルを説明します。
今後2Dデザイナーを検討している方は特に熟読しましょう。

・デッサン力
2Dデザイナーに必要スキルはデッサン力です。
2Dデザイナーの仕事は、ゲームの背景、キャラクターデザイン、UI等の作成など平面でグラフィックを描くことです。つまり頭のなかにあるキャラクターを具現化するために必要なスキルです。

クライアントが求めるイメージと自分の持つイメージを具現化することで、お互いの認識のズレを確認することができます。

また、キャラクターのデッサンを適切に行えるデッサン力以外にも、人気のテイストや流行のデザイン、キャラクター作りの柔軟な発想力なども大切になってくるでしょう。

・2Dソフトスキル
2Dデザイナーに必要スキルは2Dソフトスキルです。
例えばPhotoshop、Illustratorは必須になるでしょう。

また、Live2D、Spine、Flashなど2Dソフトのスキルが必要になります。
それぞれにソフトの特徴があるため、参画を希望しているフリーランス求人・案件に合わせて2Dソフトウェアも使い分けるといった2Dデザイナーも多いでしょう。

さらにAfter EffectsなどのグラフィックソフトやUnity、Unreal Engineのゲームエンジンの知識も必要になる場合があります。


・コミュニケーションスキル
2Dデザイナーに必要スキルはコミュニケーションスキルです。
2Dデザイナーが携わっている制作現場では、プランナーや周囲のデザイナーなどさまざまな制作スタッフのコミュニケーションを取りながら、チームで作っていくので協調性や作業を円滑に進めていくコミュニケーション力は欠かせません。

その他、現在海外のデザイナーも多く国内の企業や開発現場で見かけることが多くなりました。
そのため、コミュニケーションが英語の開発現場もあり、場合によっては英語力も必要でしょう。


ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-では2Dデザイナーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートで2Dデザイナーのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■2Dデザイナーにおすすめする資格
2Dデザイナーにおすすめする資格を説明します。
資格を取得したことにより、フリーランス求人・案件の受注が決定する訳ではないですが、資格を保有していると、スキル証明につながるため、時間がある2Dデザイナーは取得しても良いでしょう。

・Illustratorクリエイター能力認定試験
Illustratorクリエイター能力認定試験は、ソフトウェア活用能力認定委員会が主催しているDTP業界で標準のソフトとなっている「Illustrator」の実務能力を測る資格です。
Illustratorを用いたDTPファイル及びWebデザインパーツの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定します。

民間資格ですが、Illustratorクリエイター能力認定試験はDTP業界に通用する難易度の資格です。


・Photoshopクリエイター能力認定試験
Photoshopクリエイター能力認定試験は、ソフトウェア活用能力認定委員会が主催のクリエイターとして必要な写真・画像の加工編集スキルを証明するための認定試験です。

Photoshopクリエイター能力認定試験は、スタンダードとエキスパートの2種類あります。
Photoshopクリエイター能力認定試験は、PhotoShopの操作方法の習得以外にも、与えられた課題を的確に行う実行力を身に付けられる試験です。

2Dデザイナーは取得しておいて損のない資格の1つです。

・CGクリエイター検定
CGクリエイター検定は、CG-ARTS協会より主催されているCG制作や映像制作のスキルを証明する民間検定です。

CGクリエイター検定はデザインや2次元CGの基礎、構図やカメラワークなどの映像制作の基本、 モデリングやアニメーションなどの3次元CG制作の手法やワークフローまで多様な知識を必要とします。
CGクリエイター検定は、難度によってベーシックとエキスパートの2種類あり、ベーシックであればCGに関する基本的な知識、エキスパートは専門的/応用的な知識を有していることの証明になります。
2Dだけでなく3Dの映像制作についても学習できるため、2Dデザイナーは取得しておいて損のない資格でしょう。

・色彩検定
色彩検定は、公益社団法人 色彩検定協会(A・F・T)が行う、文部科学省後援の公的資格です。色彩検定は色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く習得できます。
目指すレベルに合わせて「1級」「2級」「3級」「UC(ユニバーサルデザイン)級」があり、どの級からでも受験が可能です。幅広いジャンルの職種から志願者がおり、活かせる職種も様々です。

色彩検定は、2Dデザイナーとしてキャラクターや背景などを作成する上で、色の配置や組み合わせ方などの色彩感覚は大切ですので、取得しておいて損のない資格でしょう。


■2Dデザイナーは未経験や初心者でフリーランス求人・案件に参画できる?
未経験や初心者は2Dデザイナーのフリーランス求人・案件に参画することはできません。

IT/Web業界は未経験/初心者でフリーランスの2Dデザイナーに挑戦する場合、まず、先述したデザインスキルを習得したり、実務経験や実績を積み上げることから始めましょう。

なお、2Dデザイナーは未経験だがデザインツール使用経験や第三者も認めるほどのデザイン力がある場合、フリーランスの2Dデザイナーとしてフリーランス求人・案件に参画できる場合もあります。
例えば、2Dデザイナーになるためデザインに特化したスクール/オンライン学習サービスでデザインスキルを習得したり、未経験でも2Dデザイナーとして経験が積める会社へ就職するなどが挙げられます。


■2Dデザイナーがフリーランスを目指すための準備
2Dデザイナーがフリーランスを目指すための準備を説明します。

フリーランスとなるため、以下のことに気をつけ準備を行いましょう。

・ポートフォリオや自作サイトの制作
・クレジットカードの準備
・国民年金や健康保険への加入準備
・税務署へ開業届の提出
・2~3ヶ月分の生活資金準備

フリーランスとして活動するには上記を全て準備する必要がありますが、準備時間に一番時間を割くべき「ポートフォリオや自作サイトの制作」に注力して説明します。

2Dデザイナーとして営業活動をするため欠かせないのが自分の作品や経歴をまとめたポートフォリオや自作サイト制作です。
フリーランスにとってポートフォリオや自作サイト制作は、仕事を受注するため、クライアントなどの相手に自分のスキルをPRする重大な役割を持っています。

ポートフォリオにはプロフィールやスキルをはじめとし、自分の過去の成果物を記載します。
ポートフォリオはPDFでも問題ないですが、できればWebサイトを制作しましょう。
Webサイトであればクライアントもアクセスしやすくかつ、仕事の依頼などのお問い合わせも届きやすくなります。
ポートフォリオを制作する際はポートフォリオ全体のビジュアルや見やすさや使いやすさを考慮しましょう。

特に以下の点は必須情報として記載しましょう。
----------------------------
・制作時期:今までの作品のテイストの変化や成長度合いを示すことができます。
・制作時間:1作品に対してどれぐらいのスピードで完了できるかを記載しましょう。
・使用ツール:自分の得意なツールをアピールしましょう。
・作業範囲:キャラクターのみのなのか、キャラクター+背景までなのか、どの範囲までデザインの担当を行えるかを正確に記載しましょう。
----------------------------

また、2Dデザイナーとして得意なジャンルを中心に仕上げることや、制作全体を通して意識した点を記載するとどんな作品を得意としているかが相手に伝わって良いでしょう。

いくら過去の成果物が良くても、自分のポートフォリオのデザインが良くなければ本末転倒です。

クライアントなどの相手は自分の何を知りたいのか、常に客観的な視点を持つことに注力したポートフォリオであれば、フリーランス求人・案件を受注しやすくなるでしょう。

ポートフォリオ制作に何を記載するかいまいち思いつかない2Dデザイナーは、検索してみると他2Dデザイナーがどんなポートフォリオを制作しているかが理解でき、作業効率が上がります。


■2Dデザイナーの将来性や需要
2Dデザイナーは現在フリーランス需要に急速な変化が少ない職種です。
2Dデザイナーは従来の活躍の場である映画、ゲーム、アニメなどの制作会社の市場があり、今後も2Dデザイナーの需要は続いていくでしょう。しかし、スキルの幅を多少広げることをおすすめします。

その理由を2Dデザインと関係の深いゲーム市場動向から分析してみましょう。

2020年11月、株式会社角川アスキー総合研究所は、世界のゲーム市場の調査レポート『グローバルゲームマーケットレポート2020』発表しています。
同発表によると2020年、世界のゲーム市場規模は前年比19.6%増の1,749億ドル(約18兆3,758億円)になるとのことです。

ゲーム市場拡大に伴い、CGデザイナーの需要は拡大するでしょう。
CGデザインはまず、2Dデザイナーが平面でグラフィックを作成し3Dデザイナーが立体的に制作していく工程が多いため、2Dデザイナー人材も多く活躍できその分需要も安定して増加していくと考えられます。

ただし、ゲーム業界で活躍することが多い2DデザイナーにとってPhotoShopやIllustratorのみのデザインスキルでは参画できるフリーランス求人・案件も将来的に狭まっていく可能性があるため、2Dや3Dなどの市場動向に適したデザインスキルをしっかりと身に着けていきましょう。