SREの求人・案件一覧

SREのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

83.6万円

中央値単価

80万円

最高単価

150万円

最低単価

60万円

SREのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
SREのフリーランス求人・案件の平均単価は83.6万円、中央値単価は80万円、最高単価は150万円、最低単価は60万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
SREのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが6件、Midworksが1件、ギークスジョブが1件、ビズリンクが1件、TechStockが1件、indecoが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
SREのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、Midworks、ギークスジョブであることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、Midworks、ギークスジョブを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

SREのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとビズリンクが1件、レバテックフリーランスが1件、indecoが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
SREのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはビズリンク、レバテックフリーランス、indecoであることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はビズリンク、レバテックフリーランス、indecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

SREのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとBIGDATA NAVIが150万円、TechStockが120万円、ビズリンクが100万円、スキルコネクトが90万円、ギークスジョブが90万円、Midworksが90万円、A-STAR(エースター)が85万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が80.9万円、レバテックフリーランスが80.8万円、indecoが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
月額単価の高いSREのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはBIGDATA NAVI、TechStock、ビズリンクであることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はBIGDATA NAVI、TechStock、ビズリンクを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が19件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
SREのフリーランス求人・案件数は東京都、福岡県に最も集中している事がわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、福岡県あたりが良いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとAWSが11件、Dockerが5件、Linuxが3件、Javaが1件、PHPが1件、Pythonが1件、Rubyが1件、Go言語が1件、Scalaが1件、SQLが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
AWS、Docker、Linuxのスキルを求めているSREのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
AWS、Docker、Linuxの開発経験があるフリーランスはSREのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

SREのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとDockerが122.0万円、Kubernetesが120.0万円、Javaが110.0万円、Linuxが90.0万円、AWSが88.9万円、Go言語が85.0万円、PHPが85.0万円、RSpecが80.0万円、CircleCIが80.0万円、Ruby on Railsが80.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
高単価案件を求めているフリーランスはSREのDocker、Kubernetes、Javaの求人・案件に参画すると良いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件数の推移

SREの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年10月が5件、2020年11月が3件、2020年12月が6件、2021年1月が7件となっています。SREのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

SREのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

SREのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年10月が78.1万円、2020年11月が82.8万円、2020年12月が82.7万円、2021年1月が83.6万円となっています。SREのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.9万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

SREのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

SREのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2020年10月が936.9万円、2020年11月が993.6万円、2020年12月が992.0万円、2021年1月が1003.3万円となっています。SREのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し11.3万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

SREの常駐案件・リモートワーク案件割合

SREの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(14.3%)、常駐案件が6件(85.7%)となっており、SREフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

SREのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

SREのフリーランス求人・案件について

SREは「Site Reliability Engineering」の頭文字を略した言葉で、Googleが提唱する「システム運用管理の方法論及びエンジニアの役割」を指します。
Reliability(リライアビリティ)という単語の通り、ウェブサイトやサービスの信頼性向上に重点を置いた内容であり、システム運用に伴う手動の作業をエンジニアリングによって自動化・効率化していくという考え方です。
SREは「サイトリライアビリティエンジニア」としてSREの考え方のもと業務に携わるエンジニア自身を表す時にも使われます。

SREの仕事内容は幅広く、3つに分類できます。

続きを見る

全36件中1-30件を表示中

全36件中1-30件を表示中