SREの求人・案件一覧

SREのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

82.6万円

中央値単価

85万円

最高単価

150万円

最低単価

30万円

全322件中1-30件を表示中

全322件中1-30件を表示中

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが53件、フォスターフリーランスが18件、TechStockが18件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が17件、テックビズフリーランスが12件、ビズリンクが11件、Midworksが10件、Remogu(リモグ)が9件、パーソルテクノロジースタッフが8件、i-common tech(アイコモン テック)が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
SREのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、フォスターフリーランス、TechStockであることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、フォスターフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

SREのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとテックリーチが3件、レバテックフリーランスが2件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が2件、TechStockが1件、PE-BANKが1件、Remogu(リモグ)が1件、フリーランスのミカタが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
SREのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはテックリーチ、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテックリーチ、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

SREのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが105万円、ビズリンクが95.8万円、Relance(リランス)が93.2万円、テックリーチが90.8万円、フリーランスのミカタが90万円、ギークスジョブが90万円、TechStockが90万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が84.2万円、FollowMe for フリーランスが84万円、フォスターフリーランスが83.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いSREのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、ビズリンク、Relance(リランス)であることがわかります。
SREのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、ビズリンク、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SREのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が192件、福岡県が3件、埼玉県が2件、千葉県が1件、神奈川県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
SREのフリーランス求人・案件数は東京都、福岡県、埼玉県に最も集中している事がわかります。
SREのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、福岡県、埼玉県あたりが良いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

SREのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとAWSが130件、Google Cloud Platform(GCP)が16件、JavaScriptが15件、Javaが13件、Linuxが12件、PHPが10件、Reactが10件、Dockerが10件、Rubyが9件、Go言語が9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
AWS、Google Cloud Platform(GCP)、JavaScriptのスキルを求めているSREのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
AWS、Google Cloud Platform(GCP)、JavaScriptの開発経験があるフリーランスはSREのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

SREのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとSAPが130.0万円、AWS CloudFormationが101.3万円、UNIXが100.0万円、Dockerが98.9万円、Pythonが98.8万円、Kubernetesが90.3万円、Sinatraが89.0万円、Scalaが88.8万円、SQLが87.5万円、Google Cloud Platform(GCP)が86.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
高単価案件を求めているフリーランスはSREのSAP、AWS CloudFormation、UNIXの求人・案件に参画すると良いでしょう。

SREのフリーランス求人・案件数の推移

SREの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が89件、2022年1月が96件、2022年2月が109件、2022年3月が122件、2022年4月が85件、2022年5月が108件となっています。SREのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、23件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

SREのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

SREの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が38件、2022年1月が45件、2022年2月が51件、2022年3月が59件、2022年4月が34件、2022年5月が61件となっています。SREのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、27件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

SREのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

SREのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が82.5万円、2022年1月が82.8万円、2022年2月が82.3万円、2022年3月が81.7万円、2022年4月が82.3万円、2022年5月が82.6万円となっています。SREのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

SREのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

SREのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が990.1万円、2022年1月が994.2万円、2022年2月が987.5万円、2022年3月が980.3万円、2022年4月が987.3万円、2022年5月が991.3万円となっています。SREのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し4.0万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

SREの常駐案件・リモートワーク案件割合

SREの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が59件(56.2%)、常駐案件が46件(43.8%)となっており、SREフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

SREのフリーランス求人・案件について

SREのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、75~95万円程度です。
SREのフリーランス求人・案件の平均単価は82.6万円、中央値単価は85万円、最高単価は150万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

SREは「Site Reliability Engineering」の頭文字を略した言葉で、Googleが提唱する「システム運用管理の方法論及びエンジニアの役割」を指します。
Reliability(リライアビリティ)という単語の通り、ウェブサイトやサービスの信頼性向上に重点を置いた内容であり、システム運用に伴う手動の作業をエンジニアリングによって自動化・効率化していくという考え方です。
SREは「サイトリライアビリティエンジニア」としてSREの考え方のもと業務に携わるエンジニア自身を表す時にも使われます。

SREの仕事内容は幅広く、3つに分類できます。
・運用業務の土台を整える
SREという考え方がサイト・サービスの信頼性向上という理念に基づいている以上、安定した運用体制を支える環境を整える必要があります。

・プロダクトの高速リリースポイントの見極め
SREは「システムの安定」というOpsサイドの要望と、「プロダクトの高速リリース」というDevサイドの要望を両立させる事が仕事です。

・チームの自発性を高める仕組みやツールのサポート
開発チームがSREに依存してしまう事態はあまり良くないです。そのため、SREは開発チームが自律して動ける仕組みやツールを提供することも仕事です。構成がIaCでコード化されている、クラウドサービスを利用してデータを共有出来る状態になっている環境が望ましいでしょう。

SREに必要なスキルはインフラ技術、アプリケーションスキル、セキュリティ知識、コミュニケーションスキルなどが挙げられます。
もう少し具体的に説明すると、大規模・高トラフィックなシステムの構築・運用経験、AWSやGCPなどのIaaS(クラウド)経験、プログラミング開発スキル、パフォーマンスチューニング経験、TCP/IP、HTTPなどのネットワークの知識、ログ収集・解析基盤、オペレーション自動化・効率化などの経験、監視・モニタリングシステムの開発経験など必要になってきます。

SREと従来のシステム運用との違い
SREと従来のシステム運用の違いは、開発担当が運用チームを依頼するかどうかです。
SREの場合、開発担当が自分たちの理想を実現するために、自分たちで運用チームを設計しようという思想から生まれています。
これにより開発者の理想通りに運用が行われ、作業効率はもちろん、信頼性や運用面において確実で柔軟なシステム運用が実現できます。

また、SREは従来のシステム運用の以下のような問題点を解決するためのものです。
・システム運用に伴う作業の多くをエンジニアリングによって効率化・自動化を行う
・エンジニアリングによって効率化・自動化された作業には、人手による作業を削除・省略出来る
・大規模システムに伴い直接的なコスト(人件費)の増加を低減出来る

つまりSREは、従来のシステム運用の問題を解消するための、一歩進んだ考え方でもあります。

SREを採用している企業は、Google以外にもFacebook、Netflix、Adobe、GitHub、Spotify、リクルートテクノロジーズ、メルカリ、Retty、クラウドワークス、freee、SmartNews、cybozu、BASEなどです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSREのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSREのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■SREの市場動向やニーズについて
SREのニーズは今後も拡大していくと考えられます。
SREは現在注目されているエンジニアです。Googleをはじめとした海外企業はもちろん、日本でもSREとして働くエンジニアの求人需要は高まっています。インターネットサービスを提供するリクルートテクノロジーズ、メルカリ、Retty、クラウドワークス、freee、SmartNews、cybozu、BASEなどの企業は、SRE部署やチームを立ち上げています。
その他、人工知能やIoTなどによる最先端技術活用の飛躍的な増加やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。

そのため、SREの需要は拡大していくと予測されますが、2020年現在でも急速に需要が拡大している訳ではないため、徐々に増えていくでしょう。