システムエンジニア(SE)の求人・案件一覧

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

59.4万円

中央値単価

55万円

最高単価

120万円

最低単価

30万円

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の平均単価は59.4万円、中央値単価は55万円、最高単価は120万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が975件、ギークスジョブが401件、Engineer Routeが55件、PE-BANKが44件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が22件、TechStockが18件、フォスターフリーランスが3件、Hack'enが2件、ハイパフォコンサルが2件、スキルコネクトが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはSEES(シーズ)、ギークスジョブ、Engineer Routeであることがわかります。
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はSEES(シーズ)、ギークスジョブ、Engineer Routeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が390件、大阪府が89件、福岡県が22件、愛知県が11件、神奈川県が9件、京都府が8件、北海道が6件、兵庫県が2件、広島県が2件、埼玉県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件数の推移

システムエンジニア(SE)の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が1364件、2020年10月が1573件となっています。システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件数は前月と比較し大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が58.9万円、2020年10月が59.4万円となっています。システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

システムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件について

システムエンジニア(SE)とは、ソフトウェア開発の現場で、開発プロジェクトや開発チームの管理、またプログラムの仕様書(システムの設計書)やソフトウェアの設計書を作成する仕事です。
経験を積むと、工程管理や人員管理、見積もりなども行うようになります。キャリアアップすると、システム開発の総合的なマネジメントを行うポジションであるプロジェクトマネージャー(PM)、プロダクトマネージャー、コンサルタントなどになります。

システムエンジニア(SE)の仕事内容は要件定義、基本設計、詳細設計、テスト、保守・運用、の5つに分類出来ます。

要件定義:
顧客にヒアリングを行い、顧客がどのようなシステムを望んでいるのかを明確にします。
顧客の業務内容を理解した上で曖昧な表現も多い顧客要望を正しく取り込みつつ、より良くする提案も合わせて行います。顧客の要望すべてに応えることは難しいので、システム開発のために必要な期間や費用を算出した上で決定するというのが基本です。

基本設計:
顧客の要望を実現するためのシステム設計をおこなう段階です。要求分析や要件定義のデータをもとに、システムにどのような機能を持たせるのか、表示方法や操作方法はどのような形で行うのかなどの仕様を決定します。

詳細設計:
基本設計の段階で決定したシステム設計を、どのような技術や仕組みを用いて実現するかどうかなど、製造を担当するプログラマーに渡す設計書は、詳細設計の工程で作成します。

テスト:
プログラミングが完了しシステムが形になった後、システムが正確に設計通りの動作をするかテストする工程です。設計書や要求分析に使った書類をなどを確認し、バグや反映漏れがないかどうかをチェックします。

保守・運用:
システム保守・運用では、運用を開始したシステムの障害への対応を主に行います。障害が発生した場合、原因の特定から解決まで行いシステムの復旧を目指します。日常的なシステムのメンテナンスも重要な業務です。
この保守作業は専門の部署や専任のヘルプデスクなどの保守エンジニアが担当する場合もありますが、基本的にシステムエンジニア(SE)が行います。

システムエンジニア(SE)として必要なスキルは以下のようなものです。
ITスキル、プロジェクト管理能力、ヒアリング力や提案力、文書作成スキル、、コミュニケーション能力、論理的思考力など幅広く要求されます。

特にシステムエンジニア(SE)はクライアントに対して適切にヒアリングするヒアリング力や自身の提案を正しく相手に伝えるための提案力は必須です。

システムエンジニア(SE)として必要な資格は特にありませんが、ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、システムアーキテクト試験などを取得しておくと活躍出来る仕事の幅が広がるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではシステムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでシステムエンジニア(SE)のフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■システムエンジニア(SE)のの将来性や需要
システムエンジニア(SE)のニーズに関して、無くなることはないでしょう。
DODAの転職求人倍率レポートによると、2020年4月におけるのITエンジニア(技術者)における有効求人倍率は10.71倍という結果が出ており、他業界と比較すると特にIT業界は深刻な人材不足となっております。
さらに人工知能(AI)やIoTなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、5G通信が本格的に始動、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
上記のことを考慮すると、システムエンジニア(SE)の需要は今後も無くなることがないでしょう。

システムエンジニア(SE)としてさらに活躍をしていくためにシステム開発に必要なITスキルなどを積極的に学習したり、ヒアリング力や提案力を身に付けたりIT業界の市場動向を常に確認し、先手を打っていくことにより、今以上に仕事の理解が深まり、希少性が高まるでしょう。

全2838件中1-30件を表示中

全2838件中1-30件を表示中