Haskellの求人・案件一覧

Haskellのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.0万円

中央値単価

70万円

最高単価

90万円

最低単価

65万円

Haskellのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Haskellのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
Haskellのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Haskellのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

Haskellのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Haskellのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年4月が77.0万円、2021年5月が77.0万円、2021年6月が77.0万円、2021年7月が77.0万円、2021年8月が77.0万円、2021年9月が77.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

Haskellのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Haskellのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年4月が924.0万円、2021年5月が924.0万円、2021年6月が924.0万円、2021年7月が924.0万円、2021年8月が924.0万円、2021年9月が924.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

Haskellのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Haskellのフリーランス求人・案件について

Haskellのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Haskellのフリーランス求人・案件の平均単価は77.0万円、中央値単価は70万円、最高単価は90万円、最低単価は65万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

Haskellのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Haskell経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Haskell経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Haskell経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Haskell経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Haskell経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Haskellについて
Haskellは1990年数学者論理学者のハスケル・カリーによって開発された純粋関数プログラミング言語です。
Haskellは高階関数・例外処理・定義可能な演算子・静的多相型付けといった多くの言語で採用している現代的な機能に加え、パターンマッチングやカリー化・ガード・リスト内包表記といった多くの特徴的な機能を持っています。また、遅延評価や再帰的な関数や代数的データ型もサポートしているほか、多くの機能の組み合わせにより、手続き型プログラミング言語では記述が難しい処理が簡単になるだけではなく、手続き型プログラミングを自由に使用出来るようになります。

Haskellは関数型プログラミングの研究対象として人気が高いです。またParallel Haskell、Distributed Haskell、Edenの分散バージョン・Eager Haskellと呼ばれる投機的実行バージョン・Haskell++、O'Haskell、Mondrianといったオブジェクト指向バージョンも複数存在しており、多くの派生形が開発されています。
さらにGUI開発向けサポートの新しい方法を提供するConcurrent CleanというHaskellに類似している言語もあります。HaskellとConcurrent Cleanの大きな相違点は、モナドを代用する一意型の採用であるという点です。