キャラクターデザイナーの求人・案件一覧

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

57.7万円

中央値単価

60万円

最高単価

160万円

最低単価

20万円

全3683件中1-30件を表示中

全3683件中1-30件を表示中

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが2762件、レバテックフリーランスが66件、Midworksが21件、Juntoが16件、フォスターフリーランスが11件、FollowMe for フリーランスが10件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が8件、パーソルテクノロジースタッフが8件、ハックスペックが7件、FREE-DAが7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksであることがわかります。
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが345件、ハイパフォコンサルが1件、レバテックフリーランスが1件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1件、案件ユートピアが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、ハイパフォコンサル、レバテックフリーランスであることがわかります。
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、ハイパフォコンサル、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが160万円、FollowMe for フリーランスが84万円、案件ユートピアが75万円、indecoが73.3万円、フォスターフリーランスが71.1万円、アットエンジニアが70万円、Goorilla GameAgentが70万円、テックビズフリーランスが68.3万円、Midworksが66.7万円、FREE-DAが66万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いキャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、FollowMe for フリーランス、案件ユートピアであることがわかります。
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、FollowMe for フリーランス、案件ユートピアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が2911件、神奈川県が50件、兵庫県が45件、福岡県が32件、大阪府が23件、広島県が19件、秋田県が6件、京都府が3件、北海道が1件、大分県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、兵庫県に最も集中している事がわかります。
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、兵庫県あたりが良いでしょう。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとMayaが1683件、Photoshopが231件、Unityが206件、RPGが183件、Illustratorが89件、Excelが85件、SAIが36件、After Effectsが24件、Wordが14件、Windowsが13件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Maya、Photoshop、Unityのスキルを求めているキャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Maya、Photoshop、Unityの開発経験があるフリーランスはキャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとNode.jsが90.0万円、Ruby on Railsが83.3万円、GitHubが80.0万円、Rubyが80.0万円、iOSが77.5万円、C++が73.1万円、ファイヤーウォールが70.0万円、ActionScriptが70.0万円、Go言語が70.0万円、PHPが67.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
高単価案件を求めているフリーランスはキャラクターデザイナーのNode.js、Ruby on Rails、GitHubの求人・案件に参画すると良いでしょう。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件数の推移

キャラクターデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が100件、2022年1月が196件、2022年2月が206件、2022年3月が222件、2022年4月が130件、2022年5月が132件となっています。キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

キャラクターデザイナーのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

キャラクターデザイナーの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が8件、2022年1月が8件、2022年2月が14件、2022年3月が22件、2022年4月が17件、2022年5月が15件となっています。キャラクターデザイナーのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が56.0万円、2022年1月が56.2万円、2022年2月が56.0万円、2022年3月が56.4万円、2022年4月が57.2万円、2022年5月が57.7万円となっています。キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が671.7万円、2022年1月が674.2万円、2022年2月が672.5万円、2022年3月が676.5万円、2022年4月が686.5万円、2022年5月が692.4万円となっています。キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し5.9万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

キャラクターデザイナーの常駐案件・リモートワーク案件割合

キャラクターデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が15件(11.3%)、常駐案件が118件(88.7%)となっており、キャラクターデザイナーフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件について

キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
キャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は57.7万円、中央値単価は60万円、最高単価は160万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

キャラクターデザイナーは、アニメ・ゲーム等のキャラクターをデザインする職種です。
単純に絵を描くというだけでなく、何もない状態からキャラクターを作成する場合もあるため、豊かな想像力が要求されます。
主にゲーム会社の案件に参画する事が多く、ゲームの設定によって物語・シーンに合うようなキャラクターを作ります。基本的には大まかな設定があり、その中でキャラクターを作成していくことになります。またフリーになり有名なキャラクターデザイナーの方などは自身が作成したキャラクターを元に設定・ストーリーを作っていくということも場合によってはあります。
イラストレーターと混同されることがありますが、イラストレーターは想像力・発想力が要求される仕事ではありますが、基本的に絵を描くということが主ですので、新しいキャラクターを生み出す機会はないです。
キャラクターデザイナーは、何もない状態からキャラクター自体を生み出すことが多くあります。そのため柔軟な想像力が高く要求されます。これはイラストレーターとの違いです。
なお、近年ソーシャルゲームの開発が活発な状況です。絵が描くだけではなく、2DCG・3DCGとしてキャラクターモデルを作成できる“モデラー”としてキャラクターデザインに携わる仕事も多くあります。
キャラクターデザイナーとして持っていれば良い資格があり、Photoshop・Illustrator・CGクリエイター検定・CGエンジニア検定などです。しかし、キャラクターデザイナーが活躍する現場は資格よりスキル・経験が重要視される傾向がありますので、まずはスキル・経験を積むことをオススメします。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではキャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでキャラクターデザイナーのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■キャラクターデザイナーの将来性や需要
キャラクターデザイナーは現在フリーランス需要の高い職種です。
近年スマートフォンやタブレットなどの市場拡大に伴ってSNS(ソーシャルゲームやブログなど)に触れる機会が増えたことにより、今後もキャラクターデザイナーの需要が高まる事が予想されます。
VR・AR・MRなどの領域でまた新しい体験型ゲーム市場が生まれる可能性も大いにあります。
その際にこれまでと違った発想をもつキャラクターデザイナーの需要は非常に高いものになるでしょう。