バックエンドエンジニアの求人・案件一覧

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

70.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

200万円

最低単価

10万円

全17052件中1-50件を表示中

全17052件中1-50件を表示中

バックエンドエンジニアのフリーランス案件に関するよくある質問

バックエンドエンジニアのフリーランス案件は高単価ですか?

バックエンドエンジニアのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は70.7万円です。 バックエンドエンジニアのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は840~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のバックエンドエンジニアの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるバックエンドエンジニアのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

バックエンドエンジニアの募集中フリーランス案件数は5,706件、累計掲載案件は17,052件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のバックエンドエンジニアのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

バックエンドエンジニアのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

バックエンドエンジニアの募集中リモート案件数は2,963件、累計掲載案件は8,877件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるバックエンドエンジニアのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとランサーズエージェント(Lancers Agent)が2256件、レバテックフリーランスが2168件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が1491件、Midworksが1428件、レバテッククリエイターが693件、テックビズフリーランスが652件、テックリーチが637件、パーソルクロステクノロジーが484件、HiPro Tech(ハイプロテック)が463件、テクフリが335件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が1133件、レバテックフリーランスが417件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が373件、テックリーチが97件、Midworksが57件、レバテッククリエイターが50件、ビースタイル バリューテクノロジーズが43件、テックビズフリーランスが41件、HiPro Tech(ハイプロテック)が17件、FREE-DAが16件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが109万円、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が103.1万円、バチグマが95万円、ギークスジョブが88.4万円、ビットエーパートナーズが88.2万円、株式会社mijicaが84.7万円、Relance(リランス)が83.4万円、1 on 1 Freelanceが82.4万円、FREE-DAが82万円、ビズリンクが81.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
月額単価の高いバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、バチグマであることがわかります。
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、バチグマを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が6958件、週4日が3364件、週3日が2525件、週2日が290件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるバックエンドエンジニアのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が9265件、大阪府が603件、福岡県が289件、神奈川県が195件、兵庫県が148件、愛知県が108件、愛媛県が72件、京都府が62件、群馬県が54件、埼玉県が48件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとPHPが2741件、JavaScriptが2706件、Javaが2071件、Rubyが1891件、Laravelが1748件、Ruby on Railsが1653件、Reactが1517件、Go言語が1441件、Pythonが1228件、TypeScriptが1056件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
PHP、JavaScript、Javaのスキルを求めているバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
PHP、JavaScript、Javaの開発経験があるフリーランスはバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとHaskellが120.0万円、AWS CodeBuildが100.0万円、CherryPyが100.0万円、ABAPが100.0万円、Backlogが94.4万円、Solidityが94.3万円、Wicketが94.0万円、Apexが92.0万円、Adobe XDが90.0万円、AS/400が90.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
高単価案件を求めているフリーランスはバックエンドエンジニアのHaskell、AWS CodeBuild、CherryPyの求人・案件に参画すると良いでしょう。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

バックエンドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が3139件、2022年10月が5032件、2022年11月が7557件、2022年12月が7866件、2023年1月が4719件、2023年2月が5424件となっています。バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、705件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

バックエンドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

バックエンドエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が1734件、2022年10月が2358件、2022年11月が2671件、2022年12月が2966件、2023年1月が2478件、2023年2月が2898件となっています。バックエンドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、420件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年10月が68.0万円、2022年11月が68.1万円、2022年12月が68.3万円、2023年1月が67.6万円、2023年2月が67.6万円となっています。バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年10月が815.6万円、2022年11月が817.7万円、2022年12月が819.3万円、2023年1月が811.6万円、2023年2月が811.7万円となっています。バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

バックエンドエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

バックエンドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2991件(60.7%)、常駐案件が1935件(39.3%)となっており、バックエンドエンジニアフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件について

バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は70.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は10万円です。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

■バックエンドエンジニアについて
バックエンドエンジニアについて説明します。
​​バックエンドエンジニアとは、WebサイトやWebシステムにおけるユーザーには見えない部分の開発を行なっているエンジニアを指します。例えば、サーバサイドのシステム構築やデータベースの構築が挙げられます。
システムで見えない部分の開発を行なっているバックエンドエンジニアは、プロジェクトの立ち上げからリリース後の運用まで担当するため、システム開発において大切なポジションです。

バックエンドエンジニアの仕事内容はサーバーの構築、データベース構築、システム開発・運用があります。それぞれの工程を簡単に説明します。

サーバー構築
バックエンドエンジニアとしてWebサーバーやDBサーバーなど、システムに必要なサーバの設計と構築業務を担当します。バックエンドエンジニアはサーバーの知識はもちろんミドルウェアやOSのアップデート、ネットワーク環境の構築などITインフラ運用についての理解があるとよいでしょう。


データーベースの構築
バックエンドエンジニアとして、Webサイト上の情報を保管・管理するためのデータベース構築も業務です。
具体的にバックエンドエンジニアは蓄積されたデータを効率良く整理するための分析、読み込み速度、書き込み速度を考慮して内容を構築したりといった業務を担当します。
システム規模により取り扱う情報量も変化するためデータベースの最適化を目指すことを求められます。


システム開発・運用
バックエンドエンジニアとしてJavaやRuby、Python、Scalaなどプログラミング言語を使ってシステム開発をおこないます。システム開発とは要件定義、設計、開発、運用保守を指します。
先述したサーバー構築やデータベース構築と合わせ、システム開発に必要とされる一連の流れをカバーする仕事となるためバックエンドエンジニアの業務領域は広範囲です。


■バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの違い
バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの違いを説明します。
サーバーエンジニアの業務内容は、コンピューターシステムを運用するサーバー機器の構築作業・サーバーの運用・保守業務・負荷分散・障害発生への対応・セキュリティ対策です。
一方、バックエンドエンジニアはWebサイトやWebシステムにおけるユーザーには見えない部分の開発を行なっているエンジニアです。

上記を見るとバックエンドエンジニアの仕事内容と類似している業務も多いです。
そのため、バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの違いは業務内容ではあまりありません。ただしWeb業界では「フロントエンド」に対して「バックエンド」という表現を用いることが多く、サーバーサイドという表現は、SIerや企業の基幹系システムの開発などでよく用いられるようです。


■バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い
バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違いを説明します。
フロントエンドエンジニアはアプリ・Webサイトのフロントエンド側の設計・構築・カスタマイズを担当するエンジニアです。

一方、バックエンドエンジニアはWebサイトやWebシステムにおけるユーザーには見えない部分の開発を行なっているエンジニアです。
つまり、ユーザーに見えるものとユーザーに見えないものを開発する点がバックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違いです。


■バックエンドエンジニアのリモート・在宅求人・案件
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件は、リモート・在宅求人・案件はあります。
バックエンドエンジニアが活躍できる開発現場の案件はリモートワーク・在宅可能な企業が多数あり、特にスタートアップなどの企業が多い傾向にあります。

バックエンドエンジニアとしてリモート・在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
また、バックエンドエンジニアとして実務経験がないエンジニアはサーバーサイド開発やインフラ開発を経験している場合、リモート・在宅のフリーランス求人・案件を見つけられるでしょう。

ただし、上記開発業務以外のエンジニアはリモート・在宅のフリーランス求人・案件の参画は難しくなります。
そのため、まず常駐でバックエンド開発を数年ほど経験し、リモート・在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。


■バックエンドエンジニアでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
バックエンドエンジニアにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

バックエンドエンジニアの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

週2日、週3日でも月収100万円を超える、高単価なバックエンドエンジニアのフリーランス案件・求人は多数存在します。
週2日、週3日稼働は、バックエンドエンジニアとして複数のフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、異なる工程を担当できたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。

バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルを説明します。
特に今後バックエンドエンジニアへの案件参画を検討している方は参考にしましょう。

プログラミング言語の経験やスキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルはプログラミング言語の経験やスキルです。
バックエンドエンジニアの仕事に必要とされるはJava、JavaScript、PHP、Ruby、Scala、Python、C++、C言語などのサーバーサイドで使用されるプログラミング言語です。
また、各プログラミング言語のフレームワークやライブラリの経験やスキルも必要です。

バックエンドエンジニアとは、幅広い業務を請け負うことが多い職種です。
上記プログラミング言語のうち、最低でもひとつはマスターしておきましょう。また複数のプログラミング言語やそれに付随するフレームワークやライブラリに精通していれば、それだけ多くの仕事を的確にこなせる人材であるとアピールできるでしょう。


サーバー・データベース構築の経験やスキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルはサーバー・データベース構築の経験やスキルです。

たとえばLinuxやWindowsなどの主サーバーでの開発経験や、サーバー構築時に組み合わせるミドルウェアやアプリケーションに関する知識などがあると、バックエンドエンジニアのフリーランスとして活躍の場が広げられるでしょう。

他にもバックエンドエンジニアに求められるのがPostgreSQL、Microsoft SQL Server、MySQLなどSQLに関するスキルです。業務内容にデータベース構築が必要とされる場合には必須となります。

データベースを思い通りに管理するためにはSQLのスキルが必要となるため、会社員エンジニアやフリーランスエンジニアとしてバックエンドエンジニアを考えるのなら優先して習得することをおすすめします。
加えてオンプレミスとパブリッククラウドを併用する際、どのようなネットワーク構成が最適か判断し、実際に構築できる知識/スキルもあると良いでしょう。


システム開発や運用の経験やスキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルはシステム開発や運用の経験やスキルです。
プログラミング言語を理解して企画設計を行う能力、クライアントの要望を素早く把握するコミュニケーション能力、プロジェクトを立ち上げて管理するマネジメント能力など、総合的なスキルも必要とされます。

多くのシステムで利用されているAPIに関する開発知識や経験、GitやGitLab、Redmineがあるとよりフリーランス求人・案件に参画しやすくなります。
また、BacklogやSlack、Chatworkなどコミュニケーションツールの使用経験も近年フリーランス求人・案件の必要または歓迎スキルに記載されています。


コミュニケーションスキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルはコミュニケーションスキルです。
バックエンドエンジニアはITシステムの中枢であるバックエンド全体を担当するため、開発チームと連携してシステム構築を進め、運用のフェーズにはユーザーとのやり取りやクライアントとのやりとりなど様々な方とのコミュニケーションが発生します。
社内・社外の方とやり取りがあるため、コミュニケーションはあった方が良いです。


問題解決スキル
バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルは問題解決スキルです。システムの不具合や設計の変更、納期時期の変更など開発では様々なことが起こり得ます。
そのため問題が発生した際、常に最善の解決方法を提案・実行する必要があるため、バックエンドエンジニアには必要なスキルの1つです。


■バックエンドエンジニアは未経験/初心者でもなれるのか
バックエンドエンジニアは未経験/初心者でもなれるのかについて説明します。
バックエンド開発経験はないが、既にサーバーサイド開発やインフラ開発がある方の場合、アサインされる可能性は大いにあります。
しかし、フロントエンドエンジニアやプログラマーなどの場合、すぐにバックエンドエンジニアになれる可能性は極めて低いでしょう。
バックエンドに関するスキルが不足していたり備わっていないためです。
そのため、バックエンドエンジニアを将来的に希望/検討している方は、サーバーサイド開発やインフラ開発などの経験が積める開発現場に参画することをおすすめします。


■バックエンドエンジニアにおすすめの資格
バックエンドエンジニアにおすすめの資格を説明します。
バックエンドエンジニアへなるためには特に資格は必要ではないですが、バックエンドエンジニアとして保有しておくと良い資格を説明します。

・データベーススペシャリスト試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・CCNA
・ORACLE MASTER


・データベーススペシャリスト試験
バックエンドエンジニアにおすすめの資格はデータベーススペシャリスト試験です。
データベーススペシャリスト試験とは情報処理推進機構(IPA)が実施しているデータベースに関する専門知識を有していることを証明できる国家資格です。
システム開発の知識はもちろん、データベース言語の代表格でもあるSQLに関する深い知識も出題されます。
合格率20%を下回る難易度の高い試験であるため、合格ためには学習時間は必要ですが、合格することによりデータベース知識が一定数あるという証明につながります。
バックエンドエンジニアとしてデータベーススペシャリスト試験に興味/関心がある方は受験してみることをおすすめします。


・ネットワークスペシャリスト試験
バックエンドエンジニアにおすすめの資格はネットワークスペシャリスト試験です。
ネットワークスペシャリスト試験とは情報処理推進機構(IPA)が実施しているデータベースに関する専門知識を有していることを証明できる国家資格です。

システム開発やセキュリティに関する知識、システム戦略、技術戦略マネジメントの知識など、システム開発やその周辺知識が出題されます。
合格率20%を下回る難易度の高い試験であるため、合格ためには学習時間は必要ですが、合格することによりネットワーク知識が一定数あるという証明につながります。
バックエンドエンジニアとしてネットワークスペシャリスト試験に興味/関心がある方は受験してみることをおすすめします。


・CCNA
バックエンドエンジニアにおすすめの資格はCCNAです。
CCNAは「Cisco Certified Network Associate」の略であり、シスコ社が運営する認定資格です。シスコ技術者認定は大きく、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートと4つのグレードに分かれています。その中でもCCNAは最も知られているグレードとなりフリーランス求人・案件にも要件として記載されていることもあります。

CCNAを取得することによりネットワークの基礎やネットワークアクセス、セキュリティなどネットワークに関する知識を証明することができます。
バックエンドエンジニアとしてCCNAに興味/関心がある方は受験してみることをおすすめします。
なお、CCNA以外にもCCNPやCCIEがあり、CCIEが最高難易度の試験です。


・ORACLE MASTER
バックエンドエンジニアにおすすめの資格はORACLE MASTERです。
日本Oracle社が公式に運営する「Oracle Database(データベース管理システム)」を扱うスキル・知識を試す認定試験です。

ORACLE MASTERは大きく分けて4つ(Bronze、Silver、Gold、Platinum)のレベルに分かれておりかつ、Bronze、Silver、Gold、Platinumのグレード順に難易度が高くなります。
ORACLE MASTERではデータベースの管理や運用、SQLに関する問題が出題されます。

Oracle Databaseは世界トップのシェア率を誇っていることにあり、資格を必要要件としているフリーランス求人・案件もあります。
バックエンドエンジニアとしてORACLE MASTERに興味/関心がある方は受験してみることをおすすめします。


■バックエンドエンジニアに向いている人
バックエンドエンジニアに向いている人について解説します。
バックエンドエンジニアを検討または目指している方はぜひ参考にしてください。

粘り強く努力家な性格
バックエンドエンジニアとして粘り強く努力家な性格の方は向いているでしょう。
バックエンドエンジニアの仕事はシステム開発や運用保守だけでなく、サーバー構築やデータベース構築など広範囲の業務となります。強靭な忍耐力がなければ集中力も続きません。

また、チームを組んで一丸となって目標に向かうというよりも、ひとりで黙々と作業に打ち込む時間が多いです。そのため、粘り強い性格でなければ、すぐに諦めてしまうことでしょう。

情報のキャッチアップが得意な方
バックエンドエンジニアとして情報のキャッチアップが得意な方は向いているでしょう。
バックエンドエンジニアは業務範囲が広範囲であるため、様々な情報技術に関する知識・教養への深い理解が必要です。

さらに、IT業界は日々新しい技術や定義が出続けているため、バックエンドエンジニアとして常に学ぶ姿勢が求められます。
情報収集を行い最新や新しい技術を学習し、現在の仕事やスキルアップへとつなげる事ができる方は活躍できるでしょう。


裏方の仕事が好きな方
バックエンドエンジニアとして裏方の仕事が好きな方は向いているでしょう。
バックエンドエンジニアの仕事内容は、ユーザー側で見えないシステム開発を行なっています。そのため、目立たないところで社会を支えていく裏方の仕事が好きな人にとって、バックエンドエンジニアはうってつけの仕事といえるでしょう。


■バックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の探し方
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして独立したけど、他バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。


・フリーランスエージェントの活用
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして、バックエンドスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・SNSを含むオンラインを活用
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやLinkedIn、FacebookなどのSNSやWebサイトを自分で作成しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ITエンジニア不足であるため、優秀な人材を確保したい企業はたくさんいます。
人材紹介や人材関連サービスを使いつつ、TwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを介して、即戦力になりそうなバックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的にバックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとしての存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。


・知人など人脈を活用
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職がエンジニアとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が発生しないため、高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件であるため、ある程度の責任が伴います。誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラなどあります。

バックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでPHPを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。
経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いバックエンドエンジニアのフリーランスエンジニアには適しているでしょう。


■バックエンドエンジニアの将来性やニーズ
バックエンドエンジニアの将来性やニーズを説明します。
将来的にバックエンドエンジニアの需要は増加していくでしょう。

その理由としてIT人材不足であること、IT市場規模の拡大が挙げられます。
まず、IT人材不足について説明します。
経済産業省のIT人材需給に関する調査によると2030年最大で79万人が不足すると言われています。この要因はAIやIoT、5GなどIT産業の飛躍的な発達が挙げられます。

次にIT市場規模の拡大について説明します。
ここではバックエンドエンジニアが主に開発に携わることが多いソフトウェアに注目しています。経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によると、2021年のソフトウェアの売上高は前年比18.2%増の11兆0,255億円でした。

さらにIT市場全体を見てみましょう。
IDC Japanが発表した2022年3月末時点での国内IT市場予測によると2021年は前年比5.0%増の19兆2363億円、2022年は同4.5%増の20兆962億円とのことです。
2026年の国内IT市場規模は23兆5551億円と予測されており、コロナが世界に蔓延しつづけていてもIT市場はさらに成長を遂げるとのことです。

上記3点を考慮すると、今後バックエンドエンジニアのニーズはIT市場の成長に伴い高まっていく可能性が高いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ぜひ一度フリーランススタートでバックエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。