社内SEの求人・案件一覧

社内SEのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

58.9万円

中央値単価

60万円

最高単価

100万円

最低単価

30万円

社内SEのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

社内SEのフリーランス求人・案件について

社内SEとは、社内システムの構築・運用保守に加え、社員からの問い合わせ対応も行う仕事です
社内SEは、基幹システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理、各種アカウントやライセンス管理、社員に対するサポートに至るまで業務内容は企業により幅広く存在します。

社内SEの仕事内容はヘルプデスク、社内インフラの整備、保守メンテナンス、社内システム開発などがあります。

ヘルプデスク(問い合わせ対応):
社内SEとして「PCが動かなくなった」「PCのセットアップをして欲しいが動かなくなった」など社内PCの問題に対処するヘルプデスク業務です。
社内SEとしての知識は勿論、PC本体に対する知識や社内で使われているソフトウェアの知識、コニュニケーションスキルなどが必要となる業務です。

社内インフラ整備:
社内SEとして社内インフラ設計を行ったり情報セキュリティー対策を行います。
複数の拠点で各々VPN(Virtual Private Network)で繋がっていたりすると社内ネットワークが複雑化するためインフラエンジニアに近い経験や知識が必要になります。

保守メンテナンス:
社内SEとして社内ネットワークや各社員のPCなどの情報インフラの保守メンテナンスを行います。

社内システム開発:
社内SEとして自社で使う社内システム開発を行います。
システムの設計、開発、テストといった工程から成り立ちます。システム部門の人員が多くない企業では、システム開発をすべて外注することも少なくありません。また、人工知能(AI)を活用した開発など高度な技術力を必要とするシステム開発も外注する場合が多くなります。外注する場合、社内SEは進捗管理や品質管理といったベンダーマネジメント業務を担当します。

社内SEとして必要なスキルは以下のようなものです。
システム開発や知識、インフラ開発や知識、問題解決スキル、問題提案スキル、マルチタスクスキル、コミュニケーションスキル、マネジメントスキルなど幅広く要求されます。
特にシステム開発やインフラ開発の知識は必須であり、Web、オープン系の技術、汎用系の経験、ネットワークやサーバー構築経験、データベース、ERP経験、システム運用やサポートなど、1つの開発を狭く深くではなく、どちらかというと幅広い経験や知識が要求されます。

社内SEとして必要な資格は特にありませんが、情報処理技術者試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験などを取得しておくと活躍出来る仕事の幅が広がるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-では社内SEのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートで社内SE求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■社内SEのの将来性や需要
社内SEのニーズに関して、無くなることはないでしょう。
IT機器やシステムが必要不可欠となっており、様々な業界の企業においてクラウド化やAIやIoTなどの技術を活用し、新規事業や業務効率化・コスト削減、セキュリティ強化などの実現を目指す動きが増加しています。
さらに人工知能やIoTなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
上記のことを考慮すると、社内でITの利用促進や導入、開発、運用保守を担う社内SEは今後も需要が続くと想定されます。

社内SEとしてさらに活躍をしていくためにシステム開発や知識、インフラ開発や知識などを積極的に学習することにより仕事の理解が深まり、希少性が高まるでしょう。

全288件中1-10件を表示中

全288件中1-10件を表示中