社内SEの求人・案件一覧

社内SEのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

53.7万円

中央値単価

55万円

最高単価

180万円

最低単価

10万円

全3454件中1-50件を表示中

全3454件中1-50件を表示中

社内SEのフリーランス案件に関するよくある質問

社内SEのフリーランス案件は高単価ですか?

社内SEのフリーランス案件の最高単価は180万円で、平均単価は53.7万円です。 社内SEのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は636~2,160万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人の社内SEの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になる社内SEのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

社内SEのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

社内SEの募集中フリーランス案件数は386件、累計掲載案件は3,454件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開の社内SEのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

社内SEのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

社内SEの募集中リモート案件数は135件、累計掲載案件は788件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になる社内SEのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

社内SEのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1346件、パーソルクロステクノロジーが679件、HiPro Tech(ハイプロテック)が168件、E-agentが105件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が94件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が76件、techtreeが63件、TechStockが62件、Midworksが51件、エンジニアルーム(Engineer Room)が48件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
社内SEのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、HiPro Tech(ハイプロテック)であることがわかります。
社内SEのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、HiPro Tech(ハイプロテック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

社内SEのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが264件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が52件、パーソルクロステクノロジーが35件、E-agentが22件、HiPro Tech(ハイプロテック)が12件、エンジニアルーム(Engineer Room)が6件、スキルコネクトが2件、Humalanceが2件、テックリーチが2件、Midworksが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
社内SEのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、パーソルクロステクノロジーであることがわかります。
社内SEのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、パーソルクロステクノロジーを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

社内SEのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

社内SEのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析すると1 on 1 Freelanceが90万円、ハイパフォコンサルが85.6万円、indecoが77.1万円、techtreeが77万円、Relance(リランス)が76.1万円、ハックスペックが75万円、FREE-DAが72.5万円、meetX FREELANCEが71.7万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が70.5万円、アットエンジニアが69.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
月額単価の高い社内SEのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントは1 on 1 Freelance、ハイパフォコンサル、indecoであることがわかります。
社内SEのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方は1 on 1 Freelance、ハイパフォコンサル、indecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

社内SEのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が813件、週4日が335件、週3日が223件、週2日が64件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
社内SEのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になる社内SEのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

社内SEのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1522件、大阪府が321件、愛知県が149件、神奈川県が65件、埼玉県が41件、京都府が38件、福岡県が26件、千葉県が20件、兵庫県が19件、和歌山県が14件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
社内SEのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、愛知県に最も集中している事がわかります。
社内SEのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、愛知県あたりが良いでしょう。

社内SEのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

社内SEのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとWindowsが357件、WindowsServerが293件、SQLが157件、Excelが132件、JavaScriptが119件、ReactNativeが87件、Javaが85件、VBAが84件、PHPが64件、VB.NETが61件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
Windows、WindowsServer、SQLのスキルを求めている社内SEのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Windows、WindowsServer、SQLの開発経験があるフリーランスは社内SEのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

社内SEのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

社内SEのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとKotlinが100.0万円、PostgreSQLが89.8万円、C++が85.0万円、SpringBootが84.6万円、PowerBuilderが80.0万円、Go言語が80.0万円、Mayaが75.0万円、Citrixが75.0万円、ESXiが75.0万円、Delphiが74.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
高単価案件を求めているフリーランスは社内SEのKotlin、PostgreSQL、C++の求人・案件に参画すると良いでしょう。

社内SEのフリーランス求人・案件数の推移

社内SEの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が289件、2022年10月が320件、2022年11月が329件、2022年12月が350件、2023年1月が356件、2023年2月が398件となっています。社内SEのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、42件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

社内SEのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

社内SEの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が91件、2022年10月が92件、2022年11月が89件、2022年12月が95件、2023年1月が105件、2023年2月が132件となっています。社内SEのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、27件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

社内SEのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

社内SEのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年10月が50.6万円、2022年11月が50.8万円、2022年12月が52.0万円、2023年1月が53.0万円、2023年2月が53.2万円となっています。社内SEのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

社内SEのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

社内SEのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年10月が607.4万円、2022年11月が610.0万円、2022年12月が623.9万円、2023年1月が636.3万円、2023年2月が637.9万円となっています。社内SEのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

社内SEの常駐案件・リモートワーク案件割合

社内SEの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が132件(30.2%)、常駐案件が305件(69.8%)となっており、社内SEフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

社内SEのフリーランス求人・案件について

社内SEのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
社内SEのフリーランス求人・案件の平均単価は53.7万円、中央値単価は55万円、最高単価は180万円、最低単価は10万円です。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

社内SEとは、社内システムの構築・運用保守に加え、社員からの問い合わせ対応も行う仕事です
社内SEは、基幹システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理、各種アカウントやライセンス管理、社員に対するサポートに至るまで業務内容は企業により幅広く存在します。

社内SEの仕事内容はヘルプデスク、社内インフラの整備、保守メンテナンス、社内システム開発などがあります。

ヘルプデスク(問い合わせ対応):
社内SEとして「PCが動かなくなった」「PCのセットアップをして欲しいが動かなくなった」など社内PCの問題に対処するヘルプデスク業務です。
社内SEとしての知識は勿論、PC本体に対する知識や社内で使われているソフトウェアの知識、コニュニケーションスキルなどが必要となる業務です。

社内インフラ整備:
社内SEとして社内インフラ設計を行ったり情報セキュリティー対策を行います。
複数の拠点で各々VPN(Virtual Private Network)で繋がっていたりすると社内ネットワークが複雑化するためインフラエンジニアに近い経験や知識が必要になります。

保守メンテナンス:
社内SEとして社内ネットワークや各社員のPCなどの情報インフラの保守メンテナンスを行います。

社内システム開発:
社内SEとして自社で使う社内システム開発を行います。
システムの設計、開発、テストといった工程から成り立ちます。システム部門の人員が多くない企業では、システム開発をすべて外注することも少なくありません。また、人工知能(AI)を活用した開発など高度な技術力を必要とするシステム開発も外注する場合が多くなります。外注する場合、社内SEは進捗管理や品質管理といったベンダーマネジメント業務を担当します。

社内SEとして必要なスキルは以下のようなものです。
システム開発や知識、インフラ開発や知識、問題解決スキル、問題提案スキル、マルチタスクスキル、コミュニケーションスキル、マネジメントスキルなど幅広く要求されます。
特にシステム開発やインフラ開発の知識は必須であり、Web、オープン系の技術、汎用系の経験、ネットワークやサーバー構築経験、データベース、ERP経験、システム運用やサポートなど、1つの開発を狭く深くではなく、どちらかというと幅広い経験や知識が要求されます。

社内SEとして必要な資格は特にありませんが、情報処理技術者試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験などを取得しておくと活躍出来る仕事の幅が広がるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-では社内SEのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートで社内SEのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■社内SEのの将来性や需要
社内SEのニーズに関して、無くなることはないでしょう。
IT機器やシステムが必要不可欠となっており、様々な業界の企業においてクラウド化やAIやIoTなどの技術を活用し、新規事業や業務効率化・コスト削減、セキュリティ強化などの実現を目指す動きが増加しています。
さらに人工知能やIoTなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
上記のことを考慮すると、社内でITの利用促進や導入、開発、運用保守を担う社内SEは今後も需要が続くと想定されます。

社内SEとしてさらに活躍をしていくためにシステム開発や知識、インフラ開発や知識などを積極的に学習することにより仕事の理解が深まり、希少性が高まるでしょう。