CLIP STUDIO PAINTの求人・案件一覧

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

50.0万円

中央値単価

50万円

最高単価

50万円

最低単価

50万円

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの公開案件数

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとIllustratorが3274件、Photoshopが2072件、After Effectsが1282件、Figmaが939件、Sketchが802件、SAIが157件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Illustrator、Photoshop、After EffectsはCLIP STUDIO PAINTの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
CLIP STUDIO PAINTの技術を有するフリーランスの方はIllustrator、Photoshop、After Effectsを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの月額平均単価

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの月額平均単価を分析するとFigmaが69.2万円、Sketchが69.1万円、SAIが65.5万円、Illustratorが59.5万円、Photoshopが59万円、After Effectsが56.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Figma、Sketch、SAIはCLIP STUDIO PAINTのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
CLIP STUDIO PAINTの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はFigma、Sketch、SAIなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの月額最高単価

CLIP STUDIO PAINTのフレームワークの月額最高単価を分析するとFigmaが120万円、Sketchが105万円、Photoshopが100万円、Illustratorが100万円、After Effectsが80万円、SAIが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Figma、Sketch、PhotoshopはCLIP STUDIO PAINTのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはFigma、Sketch、Photoshopなどのフレームワークがおすすめです。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとレバテッククリエイターが50万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いCLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件数の推移

CLIP STUDIO PAINTの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が1件、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が50.0万円、2022年3月が50.0万円、2022年4月が50.0万円、2022年5月が50.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が600.0万円、2022年3月が600.0万円、2022年4月が600.0万円、2022年5月が600.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

CLIP STUDIO PAINTの常駐案件・リモートワーク案件割合

CLIP STUDIO PAINTの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が0件(0%)、常駐案件が1件(100%)となっており、CLIP STUDIO PAINTフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

CLIP STUDIO PAINTのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件について

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の平均単価は50.0万円、中央値単価は50万円、最高単価は50万円、最低単価は50万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

CLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・CLIP STUDIO PAINT経験1年未満:25万円前後 (年収300万円)
・CLIP STUDIO PAINT経験1年~2年:30万円前後 (年収360万円)
・CLIP STUDIO PAINT経験2年~3年:43万円前後 (年収510万円)
・CLIP STUDIO PAINT経験3年~5年:50万円前後 (年収600万円)
・CLIP STUDIO PAINT経験5年以上:60万円前後 (年収720万円)

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント、通称:クリスタ)は株式会社セルシスによって開発されたペイントソフト・漫画原稿制作ソフトです。
CLIP STUDIO PAINTは2019年、ユーザー数5,000万人を超える、世界最大級のイラストSNS「pixiv」において利用率No.1のペイントツールです。
CLIP STUDIO PAINTはイラスト、マンガ、アニメ、デザイン、アート、本作りなど様々な分野で活用されています。
そのため、ゲームや広告、アニメ業界の2DCGデザイナーやエフェクトデザイナー、イラストレーターなどがCLIP STUDIO PAINTを活用しています。

CLIP STUDIO PAINTの特徴として筆圧にあわせた描き味の自動調整に加え、線のぶれを抑える補正や、描き始めと終わりに強弱がつけられる機能が搭載されているため、なめらかな描き心地が実現されていることや他ユーザーさんが作成したフリー素材を活用できること、公式サイトの講座が充実していることなどが挙げられます。

CLIP STUDIO PAINTにはPROとEXの2種類があります。
公式サイトには、CLIP STUDIO PAINT PROはイラストレーションやアートワークの制作に、CLIP STUDIO PAINT EXはアートワーク、マンガ、アニメーション各分野のプロフェッショナルにと記載されています。
一言でいうと、CLIP STUDIO PAINT PROはイラスト制作、CLIP STUDIO PAINT EXはマンガ制作に適しています。

CLIP STUDIO PAINT EXはCLIP STUDIO PAINT PROの全機能が使用できますが、一方のCLIP STUDIO PAINT PROは機能制限があるため、CLIP STUDIO PAINT EXのようにマンガ制作に便利な機能は使用できませんので注意しましょう。

ITフリーランスエンジニア向け求人・案件検索サイト-フリーランススタート-ではCLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでCLIP STUDIO PAINTのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。