グラフィックデザイナーの求人・案件一覧

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

56.8万円

中央値単価

55万円

最高単価

100万円

最低単価

4万円

全360件中1-30件を表示中

全360件中1-30件を表示中

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが158件、レバテックフリーランスが34件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が11件、Midworksが7件、ギークスジョブが7件、フォスターフリーランスが5件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が5件、TechStockが4件、ビズリンクが2件、FREE-DAが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが2件、レバテッククリエイターが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、レバテッククリエイターであることがわかります。
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、レバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが95万円、FREE-DAが82.5万円、at-engineerが80万円、TechStockが77.5万円、マノア・リノが70万円、フォスターフリーランスが66万円、Midworksが63.8万円、レバテックフリーランスが60.7万円、ギークスジョブが60.7万円、フリエンが59.2万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
月額単価の高いグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、FREE-DA、at-engineerであることがわかります。
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、FREE-DA、at-engineerを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が273件、神奈川県が10件、大阪府が5件、千葉県が3件、埼玉県が2件、広島県が2件、北海道が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとUnityが47件、Illustratorが46件、Photoshopが36件、Mayaが29件、CSS3が22件、After Effectsが22件、HTML5が12件、C++が12件、Pythonが9件、RPGが7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
Unity、Illustrator、Photoshopのスキルを求めているグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Unity、Illustrator、Photoshopの開発経験があるフリーランスはグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとPowerPointが95.0万円、AWSが90.0万円、Swiftが83.0万円、Reactが70.0万円、Scalaが70.0万円、Objective-Cが68.0万円、JavaScriptが67.5万円、Pythonが65.6万円、MotionBuilderが65.0万円、C#が65.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
高単価案件を求めているフリーランスはグラフィックデザイナーのPowerPoint、AWS、Swiftの求人・案件に参画すると良いでしょう。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件数の推移

グラフィックデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年4月が41件、2021年5月が43件、2021年6月が41件、2021年7月が38件、2021年8月が37件、2021年9月が41件となっています。グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、4件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

グラフィックデザイナーのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

グラフィックデザイナーの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年4月が3件、2021年5月が5件、2021年6月が5件、2021年7月が4件、2021年8月が2件、2021年9月が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年4月が57.8万円、2021年5月が57.6万円、2021年6月が57.4万円、2021年7月が57.1万円、2021年8月が56.8万円、2021年9月が56.8万円となっています。グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年4月が693.6万円、2021年5月が691.0万円、2021年6月が688.8万円、2021年7月が685.4万円、2021年8月が681.7万円、2021年9月が681.8万円となっています。グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

グラフィックデザイナーの常駐案件・リモートワーク案件割合

グラフィックデザイナーの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2件(5%)、常駐案件が38件(95%)となっており、グラフィックデザイナーフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件について

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の平均単価は56.8万円、中央値単価は55万円、最高単価は100万円、最低単価は4万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

グラフィックデザイナーは、主に商品パッケージ・ポスター・看板等商品の宣伝や・販売に関するデザインを手掛ける職業です。
デザイン事務所・広告代理店・広告制作会社・企業の広報部や制作部等が活躍できるの場です。
グラフィックデザイナーの業務内容は、クライアントの要求をベースとしたコンセプト・企画をメインに、惹きつけるべきターゲット層に最適なデザインを考案することが主です。常にインパクトを与え続ける魅力的なデザインワークをしていくために、技術・知識の他にも発想力・美的センス・個性的な感性が要求されます。常に探究心を忘れず心に響ていくデザインを追求していくのがグラフィックデザイナーの最大の役割です。

また、経験豊富なグラフィックデザイナーの場合、CMなど大規模な広告プロジェクトに携わることも多くあります。その場合はコピーライター・フォトグラファー・アートディレクターの方々と連携してデザイン制作を遂行していきます。
経験が浅い方・業務未経験の方はまずはアシスタントとして現場経験を数年積んだ後に、業務範囲を徐々に広げていくことが良いでしょう。

制作会社等の企業で経験・実績を積んだ後に、独立するグラフィックデザイナーもいます。独立してより経験・実績を積み重ねていくと、グラフィックデザイナー以外にもクリエイティブディレクター・アートディレクターとして大手企業にプロジェクトメンバーに呼ばれることもあります。

グラフィックデザイナーになる上で資格はないですが、働く際はグラフィック作成ソフト・デザインの基礎知識やスキルが要求される場合がほとんどです。特にAdobe認定エキスパート・Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験・DTPエキスパート認証試験などの資格があるとプロジェクト・業務に参画しやすくなるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。

■グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
グラフィックデザイナーは、主に商品パッケージ・ポスター・看板等商品の宣伝や・販売に関するデザインを手掛ける職業です。

「グラフィックデザイナー リモート」をフリーランススタート上で検索すると19件です。(2021年7月時点)
グラフィックデザイナーリモートワーク求人・案件の割合を常駐フリーランス求人・案件と比較すると約5%です。

ゲーム、Webサービス、銀行/証券/保険、EC業界においてリモートワーク求人・案件があります。
ゲームのグラフィックデザイナー業務やUIデザイナー業務などのリモートワーク求人・案件があります。

今後、グラフィックデザイナーを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響や会社の採用や雇用形態が見直され始めていることなど挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、ゲーム、Webサービス、銀行/証券/保険、EC業界を中心に探してみることをおすすめします。


■グラフィックデザイナーでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
グラフィックデザイナーにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

グラフィックデザイナーの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。

週2日、週3日でも月収50万円や60万円など、高単価なグラフィックデザイナーのフリーランス案件・求人もあります。
またグラフィックデザイナーの週2日・週3日フリーランス求人・案件はゲーム、Webサービス、銀行/証券/保険、EC、広告、メーカー業界にあります。
xRコンテンツのデザイン業務、自社ECサイトのグラフィックデザイン業務などがあります。

複数のグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクト制作やデザイン制作に携われたり、多種多様なデザイナーとコミュニケーションを取れます。
グラフィックデザイナーとしてデザインスキル向上に繋がったり常駐フリーランス求人・案件と比較してより多くのデザイン実績/経験を積むことが出来ます。

グラフィックデザイナーとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富なデザイン実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて
グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、デザインツールを使いこなすスキル、デザインスキル、コミュニケーションスキルです。

デザインツールを使いこなすスキル
グラフィックデザイナーに必要なスキルは、デザインツールを使いこなすスキルです。
グラフィックデザイナーは主にPhotoshop、Illustrator、Sketch、InDesignは必須なスキルでしょう。

デザイン業務に必要なレベルや経験はデザイナー経験◯年以上など参画するプロジェクトやフリーランス求人・案件により異なります。
基本的には業務を支障なく進められることが大切であり、デザインツールを全てをマスターする必要はないでしょう。

さらに、UI/UXデザインの知識/スキルも必要です。
UI(User Interface)はユーザーの使いやすさ、UX(User Experience)はユーザーの体験を意味します。
UI/UXデザインはユーザーが心地よく利用できるデザインを目的とします。
ユーザー目線のデザインを実現させることができれば、ユーザー満足度を高め、コンバージョンを向上することも可能です。
そのため、グラフィックデザイナーとしてUI/UXデザインの知識/スキルがあると尚良いでしょう。

デザインスキル
グラフィックデザイナーに必要なスキルは、デザインスキルです。
広告やWebサイト、パッケージなどをデザインするためデザインの対象層が親しみやすいデザインを制作する必要があります。
デザインスキルには、文字の大きさや行間を考慮しながら読みやすいフォントを選択・配置する「タイポグラフィー」、最適な色合いを配置する「配色」、写真やイラストの構成を決定する「レイアウト」などがあります。
デザインスキルはセンスもありますが、デザインの基礎や理論を学習することによりスキルを伸ばすことが可能です。

その他、グラフィックデザイナーは、クライアントの要望に合わせたデザインをすることも重要です。つまり本来の自分があまり得意としないデザイン制作が求められる場合もあります。
このスキルを身につけるには、一定の時間が掛かるかと思いますが、「クライアントの要望に合わせ、デザイン出来るスキル」があることにより、必要とされるグラフィックデザイナーという印象を与えられるでしょう。

コミュニケーションスキル
グラフィックデザイナーに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
グラフィックデザイナーは、現場で働く他デザイナーやディレクターと連携をとっていくことが多いです。つまり現場で働く他デザイナーやディレクターとのコミュニケーションが必須になります。
グラフィックデザイナーとして、コミュニケーションスキルを持っていることが必要です。


■グラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件の未経験での参画について
グラフィックデザイナー未経験の場合、参画できるグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件は少ないでしょう。
グラフィックデザイナーをはじめとするフリーランス求人・案件の場合、参画するプロジェクトや企業サイドは即戦力のグラフィックデザイナーを必要としていることが多く、さらに実務経験やデザインスキルに注力してアサインしています。

グラフィックデザイナー未経験からグラフィックデザイナーのフリーランス求人・案件への参画を検討している方は、以下の行動をまず感上げてみましょう。

・グラフィックデザイナーに特化したデザインスクールやオンラインスクールの受講を検討する
・グラフィックデザイナー未経験として、派遣社員、契約社員、正社員などの求人・案件にエントリーし、2~3年ほど経験を積む

グラフィックデザイナーに特化したデザインスクールやオンラインスクールへの受講を検討している方は、「デザインスクール グラフィックデザイナー」や「グラフィックデザイナー デザインスクール」「グラフィックデザイナー オンラインスクール」などを検索すると良いでしょう。

グラフィックデザイナー未経験として、派遣社員、契約社員、正社員などの求人・案件にエントリーを検討している方は、派遣社員、契約社員、正社員のグラフィックデザイナー求人・案件を探すことが出来るグラフィックデザイナー求人・案件を豊富に保有している大手求人サイトやグラフィックデザイナーの転職実績が豊富なクリエイティブ/Web業界に特化した就職エージェントの活用が良いでしょう。

求人サイトは「転職サイト グラフィックデザイナー」や「グラフィックデザイナー 転職」などを検索をすると良いでしょう。


■グラフィックデザイナーの将来性や需要
グラフィックデザイナーは現在フリーランス需要のある職種です。
そのためグラフィックデザイナーのニーズは今後も安泰する可能性が高いです。

グラフィックデザイナーのニーズが今後も安泰する理由をゲーム市場動向から分析してみましょう。

2020年11月、株式会社角川アスキー総合研究所は、世界のゲーム市場の調査レポート『グローバルゲームマーケットレポート2020』発表しています。
同発表によると2020年、世界のゲーム市場規模は前年比19.6%増の1,749億ドル(約18兆3,758億円)になるとのことです。

ゲーム市場拡大に伴い、グラフィックデザイナー人材の需要も加速していくと考えられます。

また、グラフィックデザイナーは企業の広告デザインも担当します。

企業の広告宣伝は、従来のテレビや雑誌、ポスター、看板などの媒体から、企業サイトやSNSなどのインターネット上のWeb広告へとシフトしてきています。すでにグラフィックデザイナーとして働いている人も、Web関係の仕事を依頼されることが増えてきているようです。

グラフィックデザイナーのニーズが今後も安泰する理由をデザインと関係の深い広告市場動向から分析してみましょう。

2021年1月28日電通グループが発表した「世界の広告費成長率予測」の調査によると2021年には世界の総広告費は5.8%増(約5790億ドル)になるとの予測がされています。2022年には広告市場全体がコロナ禍前の水準に戻る見通しで、総広告費は6.9%の成長(約6190億ドル)になると予測です。

2020年のコロナ禍においてもデジタル広告は媒体別で唯一プラス成長であり、世界の総広告費に占めるデジタル広告費の媒体別シェアは初めて50.0%に達する見通しです。

つまり、デジタル広告なども制作するグラフィックデザイナーはデジタル広告の成長を含む広告市場の成長により、需要は高まる可能性があると言えるでしょう。
また広告市場の成長に伴い、フリーランス、副業を含むグラフィックデザイナーの求人・案件数も増加すると言えるでしょう。