フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

61.5万円

中央値単価

70万円

最高単価

200万円

最低単価

6万円

全31777件中1-50件を表示中

全31777件中1-50件を表示中

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件に関するよくある質問

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件は高単価ですか?

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は61.5万円です。 フロントエンドエンジニアのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は732~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のフロントエンドエンジニアの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるフロントエンドエンジニアのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

フロントエンドエンジニアの募集中フリーランス案件数は4,606件、累計掲載案件は31,777件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のフロントエンドエンジニアのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

フロントエンドエンジニアの募集中リモート案件数は2,578件、累計掲載案件は13,522件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるフロントエンドエンジニアのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが10241件、レバテックフリーランスが2253件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1448件、techtreeが1095件、Midworksが1018件、テックビズフリーランスが754件、テクフリが624件、1 on 1 Freelanceが589件、テックリーチが518件、アットエンジニアが468件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが923件、レバテックフリーランスが880件、テックビズフリーランスが201件、アットエンジニアが138件、IT@JOBが112件、Midworksが70件、techtreeが31件、マノア・リノが23件、Relance(リランス)が20件、ギークスジョブが12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、テックビズフリーランスであることがわかります。
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとトゥーズワークスが110万円、Pro-Assignが93.3万円、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が91.5万円、株式会社mijicaが91.1万円、ギークスジョブが86.1万円、Tech Choiceが86万円、ハイパフォコンサルが83.3万円、techtreeが83万円、スマートソーシャルが81.9万円、Relance(リランス)が81.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いフロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはトゥーズワークス、Pro-Assign、Findy Freelance(ファインディフリーランス)であることがわかります。
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はトゥーズワークス、Pro-Assign、Findy Freelance(ファインディフリーランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が9471件、週4日が3513件、週3日が2554件、週2日が452件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるフロントエンドエンジニアのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が21252件、大阪府が919件、神奈川県が338件、愛知県が200件、京都府が200件、埼玉県が152件、福岡県が151件、兵庫県が145件、千葉県が117件、北海道が91件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとJavaScriptが17490件、Reactが10806件、Vue.jsが6354件、TypeScriptが4322件、CSSが2202件、HTMLが1411件、PHPが1149件、Javaが1016件、Rubyが801件、Ruby on Railsが632件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
JavaScript、React、Vue.jsのスキルを求めているフロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
JavaScript、React、Vue.jsの開発経験があるフリーランスはフロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとAdobe Premiereが115.0万円、Mayaが100.0万円、Fluentdが90.0万円、Sentryが90.0万円、Nginxが90.0万円、ESLintが87.3万円、ABAPが86.0万円、AWS SESが85.0万円、MongoDBが85.0万円、Shellが85.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
高単価案件を求めているフリーランスはフロントエンドエンジニアのAdobe Premiere、Maya、Fluentdの求人・案件に参画すると良いでしょう。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

フロントエンドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が3880件、2022年8月が2573件、2022年9月が3098件、2022年10月が3416件、2022年11月が4151件、2022年12月が4588件となっています。フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、437件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

フロントエンドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

フロントエンドエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が2367件、2022年8月が1822件、2022年9月が1847件、2022年10月が1812件、2022年11月が2219件、2022年12月が2586件となっています。フロントエンドエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、367件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が66.4万円、2022年8月が66.4万円、2022年10月が67.1万円、2022年11月が67.0万円、2022年12月が66.9万円となっています。フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が796.3万円、2022年8月が797.0万円、2022年10月が804.9万円、2022年11月が804.5万円、2022年12月が802.2万円となっています。フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し2.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

フロントエンドエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

フロントエンドエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2586件(61.6%)、常駐案件が1611件(38.4%)となっており、フロントエンドエンジニアフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件について

フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
フロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は61.5万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は6万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

フロントエンドエンジニアは、アプリ・Webサイトのフロントエンド側の設計・構築・カスタマイズを手懸ける職種です。エンジニアの中でもフロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアと分けられ、フロントエンド側が利用者から直接見える部分であり、バックエンド側が利用者から見えない部分を作成する仕事です。
フロントエンドエンジニアは、WebデザイナーのデザインをもとにHTML・CSS・JavaScript・PHP・jQueryの設計や実装・WordPress等のCMS構築・カスタマイズを主に担当します。
元々はHTMLコーダー・マークアップエンジニア・JavaScriptプログラマ等の様々な業務を含んでおりましたが、技術の発展に伴い、現在ではJavaScriptでの開発経験がほぼ必須となっています。
フロントエンドエンジニアは、アクセシビリティを考え保守性・コーディングの優れた設計をする必要があります。また、サイトの設計指針をドキュメントにまとめることも業務の1つです。
また、企業によってはフロントエンドエンジニアの仕事内容が異なることも多くあり、デザインはすべてWebデザイナーに一任する企業もあれば、デザインの一部はフロントエンドエンジニアが担当する企業もあります。最近では利用ユーザーのペルソナなどを考慮に入れたUI/UXの設計などの知見が求められるケースもあります。
デザイナーと連携する機会も多いため、Photoshop・Illustrator・Sketchのスキルがあるとより参画しやすいでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではフロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでフロントエンドエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■フロントエンドエンジニアの将来性や需要
フロントエンドエンジニアは現在フリーランス需要の高い職種です。
以下の理由で、フロントエンド関連求人・案件の需要が高まっています。
・近年のパソコン、スマホの普及によるWebサイトの増加
・Webサイトの更新・改修作業がなくなることはない現状
・HTML5、CSS3、JavaScriptなどのフロントエンドエンジニアが使う新しいプログラミング言語の進化

今後、フロントエンドエンジニア求人・案件は増加し、フロントエンドエンジニアの需要が高まる事が予想されます。
一方リスクとしては簡単なホームページやLPをクラウドサービスだけで作成できるSaasの出現により、Web制作業務の難易度が下がることなどが考えられます。