ブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件一覧

ブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

83.7万円

中央値単価

80万円

最高単価

125万円

最低単価

45万円

ブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

ブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

ブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件について

ブロックチェーンエンジニアは大きく2つに分けるとCore(ブロックチェーン元)のエンジニア・DApps(分散型アプリケーション)のエンジニアを指します。
ブロックチェーンエンジニアの業務は、DApps開発のような高レイヤーのものやプロトコル自体の開発などの低レイヤーにあたるもの等幅広く様々です。
ブロックチェーン自体・ブロックチェーン関連の開発に必須な言語はいくつかあり、Javascript・C++などです。
Javascriptは様々なブロックチェーンのライブラリが多数出ており、Bitcoin・Ripple・Ethereum・Lisk等数多くのブロックチェーンのトランザクションへの署名・アドレス生成処理などで実装されています。
C++はBitcoinCash・LiteCoinなどで開発しているため、ソースコードを読んだりと理解していなければいけないです。なお、BitcoinCashはGo言語で開発可能です。
ブロックチェーンエンジニアに必要なスキルは他にもありWebの基礎知識・サーバサイド・DBの基本的な知識・業務経験があります。なぜなら、現在普及しているWebサービス技術において代わる可能性があるのがブロックチェーン技術であるため既存技術について知識・経験は必要になります。更にブロックチェーン自体の基礎的な技術として暗号・公開鍵暗号方式・ハッシュ関数等の知識は必要最低限は理解しておくと良いでしょう。
ブロックチェーン自体も発展途上の技術であるため、ブロックチェーンエンジニアはまだ数が圧倒的に少ないのが現状です。ブロックチェーンエンジニアとして参画するには、実務経験があることが望ましいです。ブロックチェーン未経験の場合はイベントや専門コミュニティ・オンラインスクールで先端技術の知識・経験を身につけておくことで案件に参画しやすくなります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではブロックチェーンエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。
ニーズ自体はありますが、ブロックチェーンに関して理解あるエンジニアが圧倒的に不足しています。開発スキルはもちろんですが、ブロックチェーンへの興味関心や情熱などを見られるケースも有るようです。
ぜひ一度フリーランススタートでブロックチェーンエンジニア求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■ブロックチェーンエンジニア求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域
ブロックチェーンエンジニア案件数を分析すると東京都66件、埼玉県3件、福岡県2件となっています。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
ブロックチェーンエンジニアは東京を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。その他の地域では、九州は福岡にブロックチェーンエンジニア案件があります。
フリーランスエンジニアとしてブロックチェーンエンジニアの仕事に携わるには東京が最も良いでしょう。


■ブロックチェーンエンジニア求人・案件の給与・単価金額相場
ブロックチェーンエンジニア案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安
を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~100万円程度です。
フリーランスエンジニアとしてブロックチェーンエンジニア開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
ブロックチェーンエンジニア案件の平均単価は82.2万円、中央値単価は80万円、最高単価は180万円、最低単価は45万円です。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)


■ブロックチェーンエンジニアの将来性や需要
現在ブロックチェーンエンジニアは需要の高い職種です。
市場が求めている供給量にエンジニア数が足りていないこと主な理由です。
ブロックチェーン案件はスタートアップ界隈を中心に増加し、ブロックチェーンエンジニアの需要が高まる事が予想されます。

全201件中1-10件を表示中

全201件中1-10件を表示中