Dynamoの求人・案件一覧

Dynamoのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

75.0万円

中央値単価

75万円

最高単価

80万円

最低単価

70万円

Dynamoのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Dynamoのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
Dynamoのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランスであることがわかります。
Dynamoのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Dynamoのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Dynamoのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとレバテックフリーランスが75万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
月額単価の高いDynamoのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランスであることがわかります。
Dynamoのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Dynamoのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Dynamoのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
Dynamoのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Dynamoのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

Dynamoのフリーランス求人・案件数の推移

Dynamoの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年2月が1件、となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Dynamoのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Dynamoのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年2月が72.5万円、2021年3月が72.5万円、2021年4月が75.0万円、2021年5月が75.0万円、2021年6月が75.0万円、2021年7月が75.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Dynamoのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Dynamoのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年2月が870.0万円、2021年3月が870.0万円、2021年4月が900.0万円、2021年5月が900.0万円、2021年6月が900.0万円、2021年7月が900.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Dynamoのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Dynamoのフリーランス求人・案件について

Dynamoのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Dynamoのフリーランス求人・案件の平均単価は75.0万円、中央値単価は75万円、最高単価は80万円、最低単価は70万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Dynamoのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Dynamo経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・Dynamo経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・Dynamo経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・Dynamo経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・Dynamo経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

Dynamoについて

Dynamoは、ビジュアルプログラミング向けのプラットフォームであり、高い拡張性かつ柔軟な設計ツールです。Dynamoは、スタンドアロンのアプリケーションとしても、他設計ソフトウェアのアドオンとしても使うことができるため、各種ワークフローも開発が可能です。
Dynamoのアプリケーションは、スタンドアロンのサンドボックスモードで実行できるソフトウェアであり、Maya・Revit等の他ソフトウェアのプラグインにも使うことができます。
Dynamoをインストールすると、ビジュアルプログラミングを実行しながら、様々な要素に接続し、順序・動作関係を定義して、カスタマイズされたアルゴリズムが構築可能です。構築されたアルゴリズムは、データ処理・ジオメトリの生成まで多くの用途で使うことが可能です。コードは記述する必要がなく、リアルタイムで全て実行されます。
Dynamoのプラットフォームは、設計者向けのビジュアルプログラミングツールとして設計されており、外部ライブラリを使うツール・APIをサポートするオートデスク製品を使うツールを作ることが可能です。またDynamo Studioでは、サンドボックススタイルでプログラムを開発出来ます。なお、プロジェクトのソースコードはオープンソースで公開されているので、それぞれのニーズに合わせ機能拡張が可能です。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではDynamoのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでDynamoのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。