re:dashの求人・案件一覧

re:dashのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

70.0万円

中央値単価

85万円

最高単価

85万円

最低単価

40万円

re:dashのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

re:dashのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
re:dashのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
re:dashのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

re:dashのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

re:dashのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとレバテックフリーランスが85万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が40万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
月額単価の高いre:dashのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
re:dashのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

re:dashのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

re:dashのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
re:dashのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
re:dashのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

re:dashのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

re:dashのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年4月が62.5万円、2021年5月が62.5万円、2021年6月が70.0万円、2021年7月が70.0万円、2021年8月が70.0万円、2021年9月が70.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

re:dashのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

re:dashのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年4月が750.0万円、2021年5月が750.0万円、2021年6月が840.0万円、2021年7月が840.0万円、2021年8月が840.0万円、2021年9月が840.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

re:dashのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

re:dashのフリーランス求人・案件について

re:dashのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、75~95万円程度です。
re:dashのフリーランス求人・案件の平均単価は70.0万円、中央値単価は85万円、最高単価は85万円、最低単価は40万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

re:dashのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・re:dash経験1年未満:43万円前後 (年収510万円)
・re:dash経験1年~2年:51万円前後 (年収612万円)
・re:dash経験2年~3年:72万円前後 (年収867万円)
・re:dash経験3年~5年:85万円前後 (年収1020万円)
・re:dash経験5年以上:102万円前後 (年収1224万円)

Re:dashについて

Re:dashは、オープンソースで提供されているダッシュボード作成ツールです。ダッシュボードの開発元となるデータソースはTreasureData・MySQL・BigQueryなどのデータベースやGoogle Spreadsheetsからもデータをもらうことができたり、Pythonのコードを直接実行することもできます。
Re:dash自体がWebサーバになっているため、ビジュアライズされたデータがブラウザで確認できます。
他にもRe:dashには複数のグラフが用意されており、Counterは累計配信記事数のような単一の数字を表現するのことが得意です。なお、PVのように遷移を追いたい指標はChartを使用します。