NumPyの求人・案件一覧

NumPyのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

73.9万円

中央値単価

70万円

最高単価

120万円

最低単価

33万円

NumPyのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

NumPyのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が2件、Midworksが1件、indecoが1件、ポテパンが1件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1件、パーソルテクノロジースタッフが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
NumPyのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、Midworks、indecoであることがわかります。
NumPyのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、Midworks、indecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

NumPyのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

NumPyのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
NumPyのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
NumPyのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

NumPyのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

NumPyのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとポテパンが100万円、Midworksが100万円、indecoが90万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が64万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が50万円、パーソルテクノロジースタッフが33万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
月額単価の高いNumPyのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはポテパン、Midworks、indecoであることがわかります。
NumPyのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はポテパン、Midworks、indecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

NumPyのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

NumPyのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
NumPyのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
NumPyのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

NumPyのフリーランス求人・案件数の推移

NumPyの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年9月が1件、2021年10月が1件、2021年11月が3件、2021年12月が5件、2022年1月が6件となっています。NumPyのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

NumPyのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

NumPyの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年10月が1件、2021年11月が1件、2021年12月が3件、2022年1月が2件となっています。NumPyのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

NumPyのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

NumPyのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年9月が90.0万円、2021年10月が79.7万円、2021年11月が89.9万円、2021年12月が82.8万円、2022年1月が73.9万円となっています。NumPyのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し8.8万円下降し、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

NumPyのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

NumPyのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年9月が1080.0万円、2021年10月が956.0万円、2021年11月が1078.3万円、2021年12月が993.0万円、2022年1月が887.1万円となっています。NumPyのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し105.9万円下降し、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

NumPyの常駐案件・リモートワーク案件割合

NumPyの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2件(33.3%)、常駐案件が4件(66.7%)となっており、NumPyフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

NumPyのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

NumPyのフリーランス求人・案件について

NumPyのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
NumPyのフリーランス求人・案件の平均単価は73.9万円、中央値単価は70万円、最高単価は120万円、最低単価は33万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

NumPyのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・NumPy経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・NumPy経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・NumPy経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・NumPy経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・NumPy経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

NumPyはプログラミング言語であるPythonの拡張ライブラリです。
NumPyは機械学習や深層学習(ディープラーニング)開発で主に活用され、Pythonでの数値計算を高速にでき、より素早く開発可能です。
特に大量のデータを処理するような場合には処理が遅くなるため、高速な数値計算が必要な場合にはNumPyを使うことが多いでしょう。

PythonとNumPyの組み合わせはMATLABに近い機能性を提供するため、NumPyをMATLABのフリーな代替物として活用する場合もあります。

NumPyの特徴として処理速度が速くなること、配列の扱い方が柔軟であること、簡素なコード記述ができることなどが挙げられます。
つまり、NumPyを活用することによりベクトルや行列の演算、乱数生成など様々なことができます。

NumPyは将来的に機械学習エンジニアを含むAI(人工知能)エンジニアを検討している方はPythonスキルと同時に習得しておくことをおすすめします。

ITフリーランスエンジニア向け求人・案件検索サイト-フリーランススタート-ではNumPyのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでNumPyのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。