Velocityの求人・案件一覧

Velocityのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

71.3万円

中央値単価

72万円

最高単価

80万円

最低単価

65万円

Velocityのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Velocityのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとフォスターフリーランスが1件、レバテックフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
Velocityのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはフォスターフリーランス、レバテックフリーランスであることがわかります。
Velocityのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はフォスターフリーランス、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Velocityのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Velocityのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハッピーエンジニアが80万円、レバテックフリーランスが77万円、フリエンが75万円、フォスターフリーランスが72万円、IT求人ナビが65万円、A-STAR(エースター)が65万円、スキルコネクトが65万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
月額単価の高いVelocityのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハッピーエンジニア、レバテックフリーランス、フリエンであることがわかります。
Velocityのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハッピーエンジニア、レバテックフリーランス、フリエンを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Velocityのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Velocityのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)
Velocityのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Velocityのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

Velocityのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Velocityのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年2月が71.3万円、2021年3月が71.3万円、2021年4月が71.3万円、2021年5月が71.3万円、2021年6月が71.3万円、2021年7月が71.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Velocityのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Velocityのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年2月が855.4万円、2021年3月が855.4万円、2021年4月が855.4万円、2021年5月が855.4万円、2021年6月が855.4万円、2021年7月が855.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Velocityのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Velocityのフリーランス求人・案件について

Velocityのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、62~82万円程度です。
Velocityのフリーランス求人・案件の平均単価は71.3万円、中央値単価は72万円、最高単価は80万円、最低単価は65万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年07月)

Velocityのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Velocity経験1年未満:36万円前後 (年収432万円)
・Velocity経験1年~2年:43万円前後 (年収518万円)
・Velocity経験2年~3年:61万円前後 (年収734万円)
・Velocity経験3年~5年:72万円前後 (年収864万円)
・Velocity経験5年以上:86万円前後 (年収1037万円)

Velocityについて

Velocityは、Javaベースのテンプレートエンジンです。
Velocityを使用すると、WebページデザイナーがJavaコードで定義されたメソッドを参照できます。MVCモデルに基づくWebサイト開発で、Javaプログラマ・Webデザイナーが並行して作業可能です。つまり、Webページデザイナーは良いデザインのサイトを作成することだけに注力し、プログラマは良いコードを書く記述することだけに集中できるということです。
また、VelocityはWebページ・SQL・PostScriptの出力をテンプレートから生成するのに使えます。帳票・ソースコードを作る単体のユーティリティとしても使うことが出来ますし、 他システムに統合されるコンポーネントとしても使えます。
さらに、Velocityは、Turbine Webアプリケーションフレームワークでテンプレートサービスを提供します。Velocity・Turbineの組み合わせで、MVCモデルにしたがってWebアプリケーションを開発できるテンプレートサービスがあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではVelocityのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでVelocityのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。