週3勤務求人・案件を取り扱っているオススメのフリーランスエージェント特集

フリーランスフリーランスエンジニアフリーランスエージェント週3お役立ち情報

2019/07/22

フリーランスという働き方が注目されている近年、フリーランスとして活躍される方は年々増加しています。
今回はフリーランスとして週3勤務求人・案件を希望している方の為に実際にどのような方が参画可能か、週3勤務を扱っているオススメのフリーランスエージェントを紹介していきます。

今回は下記に当てはまるフリーランス向けの記事です。

・週3勤務求人・案件を希望しているフリーランス
・週3勤務求人・案件参画を迷っているフリーランス
・週3勤務の高単価案件を希望しているフリーランス
・時間を有効的活用したいフリーランス

<目次>
1.フリーランスの市場動向
2.週3勤務フリーランス求人・案件に参画を希望している方へ
3.週3勤務案件に参画できるオススメのフリーランスエージェント7選
・レバテックフリーランス
・geechsjob(ギークスジョブ)
・Midworks(ミッドワークス)
・株式会社A-STAR エージェントチーム
・Bizlink(ビズリンク)
・3スタ

・ミライエンジニア
4.まとめ

 

 

 

1.フリーランスの市場動向


まず、今後のフリーランス市場の動向をご紹介致します。

2018年日本におけるフリーランス人口は1,119万人であり、2015年日本のフリーランス人口913万人と比較すると、年々増加していることがわかります。
フリーランスの経済規模は約20兆円以上にも上り、2018年のフリーランス人口は日本の総労働人口の約17%に当たります。このことから日本の総労働人口の1/5がフリーランスです。
アメリカでは2027年にフリーランス人口の割合が会社員人口を上回るという結果が出ています。アメリカにおいてフリーランス人口の割合が半数を占める見込みがあることを考慮すると、今後日本のフリーランス人口や市場も大きく成長を遂げていく可能性があります。

 

フリーランス市場が拡大する可能性の1つとして政府の働き方改革があります。
働き方改革の目的は、下記4点になります。
・非正規と正社員の格差是正
・女性/高齢者の就労促進
・長時間労働の抑制
・労働生産性の向上

 

現行制度の改善や新たな制度の創設が実施されていく中、施策の1つとしてフリーランスを積極的に活用していく動きが広まっています。
つまり、企業がフリーランスを積極的に採用していくことにより、フリーランス人口が増加し、結果的にフリーランス市場が拡大していくでしょう。
それに伴い、週3勤務などの様々な働き方でフリーランスが活躍していくことも大いにあり得ます。
フリーランス市場は働き方改革という観点からも拡大していくでしょう。

 

 

 

2.週3勤務フリーランス求人・案件に参画を希望している方へ


フリーランスが案件を選択する際、希望する勤務日数を選ぶことが出来ます。
しかし、週3勤務のフリーランス求人・案件数はまだ豊富とはいえません。つまり週3のフリーランス求人・案件に参画出来るフリーランスは多くないということです。

例えば、フリーランスとして既に5~6年ほどの経験があり実績を残している方であれば、週3勤務をすることは可能でしょう。その場合は、フリーランスエージェントに相談してみることをオススメします。
しかし、フリーランスとして活動をし始めた方、1~2年ほどと実務経験が浅い方、実績をあまり残せていない方などが週3勤務を希望する場合、案件に参画出来る可能性は低いでしょう。
その理由は主に2つあります。
1つ目は週3勤務の求人・案件が週5勤務求人・案件と比較して圧倒的に少ないことです。母数が少ないと、参画出来る人数も制限されるためです。
2つ目はフリーランスとして経験や実績が少ないため、クライアントやフリーランスエージェントに信頼されづらいことです。週3勤務に参画する場合は、クライアントが要求するスキルが備わっていることはもちろんのこと「フリーランスエンジニアとして、しっかりと時間配分をし業務を遂行出来る」とクライアントやフリーランスエージェントが認めていることが必要です。
つまりフリーランスエンジニアはクライアントとフリーランスエージェントの両者に一定の信頼を与えることが必要ということです。

週3勤務フリーランス求人・案件に参画を希望する方は、最低でも3~4年の実務経験を積んだ後、フリーランスエージェントに相談してみると良いでしょう。

 

なお、フリーランスエンジニアのための求人一括サイト「フリーランススタート」では、500件ほどが週3勤務求人・案件です。(2019年7月現在)

 

フリーランスエンジニアとして、フリーランスエージェントの活用を希望されている方はこちらをご覧ください。


フリーランスエージェントを活用してみる→

 

 

 

3.週3勤務案件に参画できるオススメのフリーランスエージェント7選


週3勤務案件を扱っているオススメのフリーランスエージェントを7つご紹介致します。
ご興味のフリーランスエージェントがございましたら、ぜひ登録してみましょう。

 

 

 

・レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
レバテックフリーランス

 

レバテックフリーランスはレバテック株式会社が運営する78,000人の登録者数を誇る業界トップクラスのフリーランスエージェントです。レバテック株式会社は2017年8月にレバレジーズ株式会社のレバテック事業を分社化し設立されました。
フリーランスエージェントとしては国内最大手で、ベンチャー企業から大企業まで案件を幅広く取り扱い、市場にあまり出回っていない非公開案件を多数保有しています。
高単価案件の数が多いことや週3勤務案件が多いことなど、レバテックフリーランスの特長です。
エンド直請けであること、クライアント企業との信頼も厚いことなどが高単価案件になっている理由です。
また、年間3000回現場を訪問している専門知識豊富な専任カウンセラーがサポートします。フリーランスをヒアリング、案件紹介、参画中、参画後の全ての場面において手助けします。そのため案件のマッチング精度が高く、利用しているフリーランスの評価も高いです。

 

レバテックフリーランスを見てみる→
レバテックフリーランスを見てみる→

 

なお、レバテッククリエイター(クリエイター系専門フリーランスエージェント)も週3勤務求人・案件が多く、Web関連のクリエイター案件をお探しの方はぜひご覧ください。

 

レバテッククリエイター
レバテッククリエイター
 
レバテッククリエイターを見てみる→
レバテッククリエイターを見てみる→

 

 

 

・geechsjob(ギークスジョブ)

 

geechsjob(ギークスジョブ)
geechsjob(ギークスジョブ)

 

geechsjob(ギークスジョブ)はギークス株式会社が運営するエンジニア・デザイナー向けのフリーランス専門エージェントです。フリーランス支援の実績が10年以上あり、これまでのフリーランス支援実績は累計52,500人月に登ります。Web系の案件に強いことが特徴の業界最大手のフリーランスエージェントです。 自社サービスとして、ソーシャルゲーム事業やメディア事業にも取り組んでいるため、IT/WEB業界への理解度も非常に高く、フリーランスエンジニアの契約のリピート率は90%を超えています。
週3勤務求人・案件をお探しの方やPHP、Ruby、JavaなどのWeb系のスキルを持つエンジニアは登録必須です。

 

geechsjobを見てみる→
geechsjobを見てみる→

 

 

 

・Midworks(ミッドワークス)

 

Midworks(ミッドワークス)
Midworks(ミッドワークス)

 

Midworks(ミッドワークス)は、株式会社Branding Engineerが運営する正社員並みの保障つきでフリーランスエンジニアとしての独立をサポートするフリーランスエージェントサービスです。 
首都圏を中心に3000件を超えるフリーランスエンジニア向けの案件を保有しており、週5案件はもちろんの事、週3勤務案件・リモート案件・時短案件など、フリーランスエンジニアの希望に合わせた柔軟な案件の提案を受けることができます。
その他、Midworksのマージン(手数料)は10%~15%と低い事も特徴であり、フリーランスエンジニアのニーズを最大限汲み取ったフリーランスエージェントです。

 

Midworksを見てみる→
Midworksを見てみる→

 

 

 

・株式会社A-STAR エージェントチーム

 

株式会社A-STAR エージェントチーム
株式会社A-STAR エージェントチーム

 

株式会社A-STAR エージェントチームは株式会社A-STARが運営するフリーランスエンジニアに特化したフリーランスエージェントです。2012年に株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズからの出資を受け設立され、2018年には世界最大の人財会社であるアデコ株式会社のグループ会社となりました。 
A-STARはITフリーランスに特化したマッチングエージェントとして、ITフリーランスのライフスタイルや希望するキャリアに合わせて、働き方と働く場を選択する事が出来ます。 
これまでのマッチング実績は1,000名を超え、常時100名のITフリーランスのマッチング活動を行っています。そして創業からプロパーは存在せず、ITフリーランスのみをサポートしてきた事も最大の特徴です。
特に関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)のWeb業界、ゲーム業界での高単価週3求人・案件が多いことも特徴です。

 

株式会社A-STAR エージェントチームを見てみる→
株式会社A-STAR エージェントチームを見てみる→

 

 

 

・Bizlink(ビズリンク)

 

Bizlink(ビズリンク)
Bizlink(ビズリンク)

 

Bizlink(ビズリンク)は、株式会社Growtherが運営するハイクラス層特化のフリーランス・副業支援を行っているフリーランスプラットフォームです。 
Bizlinker(ビズリンカー)として認定されるとBizLinkの登録フリーランサーに仕事のオファーをする事ができたり、プロジェクトを立ち上げてチームを作ることができるというユニークな仕組みがあります。
常駐案件や週3勤務案件、半日常駐案件、打ち合わせをベースとしたコンサルティング案件など、バラエティーに富んだ案件を保有しています。ワークライフバランスを重視したいフリーランスや組織で求人・案件に参画したいフリーランスにおすすめです。

 

Bizlinkを見てみる→
Bizlinkを見てみる→

 

 

 

・3スタ

 

3スタ
3スタ

 

3スタは株式会社gravieeが運営するデザイナー、フロントエンド、マークアップエンジニア、HTMLコーダー、Webディレクター向けのフリーランス案件紹介サービスです。「ワークスタイルをデザインする世の中へ」というコンセプトで運営されています。 
元々株式会社gravieeがWeb制作会社であるため、Web関連の優良案件を数多く揃えています。また専属コーディネーター全員がWeb制作の経験が有るため、クライアント企業の求めるニーズを細部までヒアリングすることが出来ます。 
なお、案件数の70%が週3・週4勤務求人・案件であり、その中の25%はリモートワーク案件です。そのため、フリーランアエンジニアが希望するワークスタイルに最適な求人・案件をご紹介可能です。

 

3スタを見てみる→
3スタを見てみる→

 

 

 

・ミライエンジニア

 

ミライエンジニア
ミライエンジニア

 

ミライエンジニアは株式会社シューマツワーカーが運営するリモートワークに特化したフリーランスエージェントです。2018年11月リリースしたフリーランスエージェントで、登録者数は既に7000名、取扱企業は245社以上です。 取り扱っている求人・案件は、スタートアップ(ベンチャー)企業が中心です。
案件の90%がリモートワーク対応をしており、週2日から週5日まで幅広く扱っています。また、専属のコンシェルジュがフリーランスエンジニアを手厚くサポート致します。 ミライエンジニアはシューマツワーカーという副業をメインとした姉妹サービスです。
リモートワークを今後検討しているスキルに自信があるハイスペックエンジニアにオススメのフリーランスエージェントです。
特に週3勤務求人・案件をご希望のフリーランスは登録必須のフリーランスエージェントです。

 

ミライエンジニアを見てみる→
ミライエンジニアを見てみる→

 

 

4.まとめ


今回は週3勤務求人・案件を取り扱っているオススメのフリーランスエージェント特集についてお話してきました。
週3勤務求人・案件を保有しているフリーランスエージェントは複数あります。
フリーランスの経験が浅い方や実務経験が少ない方は、週3勤務求人・案件に参画するための実務経験年数やスキルをしっかり身につけましょう。
フリーランスとしてある程度経験や実績を積んだ方は、週3勤務求人・案件に参画し、その他の時間で自身のスキルをより磨いたり、やりたいことのための模索する時間に費やしたり、時間をより有効活用することを考えてみても良いかもしれません。

フリーランスエージェントを活用してみる→


本記事が皆様にとって少しでもお役に立てると幸いです。

 

週3の案件を見てみる→
週3の案件を見てみる→