どこまで経費にできるの?節税に少し興味があるフリーランスのための経費について解説

お役立ちフリーランス経費

2018/08/13

せっかくフリーランスになったからには節税もしたい!
でもどこまで経費として処理できるの?
という悩ましい問題。

フリーランスの仕事には経理・財務も含まれます。誤った処理で確定申告の時に損し無いために、経理・財務の基本知識は頭にいれておくべきです。
初フリーランス向けの経費の基礎知識についてお話します。

目次

まずは経費について知りましょうフリーランスエンジニア・デザイナーが計上できる必要経費一覧フリーランスエンジニア・デザイナーが経費に出来ないものはなに?まとめ経理・会計のサポートをしてくれるオススメ優良フリーランスエージェント2社フリーランススタートについて

まずは経費について知りましょう

経費ってなんぞや

経費は「事業によって売上を上げるために必要な費用」です。 事業に関係しない費用は経費ではありません。 売上から必要経費と青色申告特別控除などを引いた額が所得になります。 税金は所得に対しかかるため、経費を漏れなく計算する事で節税にもつながります。 そのため何が経費なのか正しく理解する必要があります。

なんでもかんでも経費じゃない

フリーランスの出費は全て経費にしても大丈夫などと言う方もいますが、これは間違いです。 経費とは、出ていくお金です。経費が少なければ高い利益率で健全な経営ができます。 また何かを購入することは、口座からは現金が無くなる事と同じです。 フリーランスは学校じゃありませんよ!

面倒くさいけど領収書やレシートは貰って大切に保管

領収書やレシートを貰うのって意外と面倒くさいですよね。気づいたら財布の中で真っ白になってることもあります。
ですが、フリーランスはすべての領収書とレシートはしっかりもらい、丁寧に保管しましょう。経費を計上するには、領収書やレシートが必要になります。 そもそも領収書やレシートが無いと経費にはできませんよ! また領収書やレシートは、確定申告の際に提出不要ですが、申告後7年間の保管義務があり、税務調査のときには提出を求められるケースもあります。 月別にクリップなどでまとめ年度ごとに封筒やクリアファイルにいれて、しっかりと保管しましょう。

領収書とレシートどっちでもいいの?

どちらでも大丈夫です。 以前は領収書をもらうことが主流でしたが、最近では明細のわかるレシートには信憑性があるとされています。

フリーランスエンジニア・デザイナーが計上できる必要経費一覧

フリーランスエンジニア・デザイナーが計上できる必要経費一覧

おまたせいたしました。 次に、フリーランスエンジニア・デザイナーの皆さんが計上できる経費をご紹介します。

地代家賃

オフィス(事務所)兼自宅として利用する場合、家賃の一部を経費で計上可能です。 仕事で車・バイク・自転車を利用する場合の駐車場料金も経費の対象です。 仕事に使用した分のみ経費で計上するという点だけ注意しましょう。 一般的には20~30%を経費で計上するケースが多いです。

水道光熱費

地代家賃同様、オフィス(事務所)兼自宅として利用する場合、電気・水道・ガス代の一部を経費で計上可能です。

広告宣伝費

自分のポートフォリオサイトやホームページの運営費としてドメイン代金やサーバー代は経費として計上できます。 また、最近ではFacebookやtwitterなどに広告を出向して案件を獲得するケースも見受けられます。これも経費として計上可能です。

旅費交通費

打ち合わせや常駐現場に向かう交通費は経費で計上できます。 電車やタクシーなどでかかる交通費やクルマ・バイクなどのガソリン代などです。

通信費

仕事で利用したスマートフォンの利用代金やインターネット代金、切手代などです。 またご自身で制作したWEBサービスやアプリのサーバ代等も経費で計上可能です。

接待交際費

お客さんと打ち合わせした際のコーヒー代や関係を深めるための飲み会などは経費で計上出来ます。 税務調査が入ったときのために、参加者の名前などを領収書の裏に控えておくのが理想です。 合コンやデートの費用は計上できませんよ。

外注工費

開発をアウトソースするなど、外注した際にかかった費用は勿論経費として計上できます。

消耗品費

10万円以下の机・イス・文房具などは、消耗品費として計上できます。1年以内に使用不可なるものも消耗品費として経費計上しましょう。 ECなどで購入した際には購入履歴などをスクショして印刷しておきましょう。

減価償却費

固定資産となり、一括ではなく耐用年数に応じて経費になります。 10万円以上のスマホ・PC・車は減価償却費として計上しましょう。 10万円未満の場合は消耗品費として計上します。 年度ごとに金額上限がありますが、青色申告を利用しているケースに関して、少額減価償却資産の適用を受けると30万円以下であれば購入年に全額経費として計上できます。

フリーランスエンジニア・デザイナーが経費に出来ないものはなに?

プライベートで使ったお金

事業に使っていないものは経費として計上すべきではありません。 公私混同せずにしっかりとプロ意識を持って仕事をしているフリーランスってかっこいいですよ!

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事で経費についての概要について把握出来ていれば幸いです。 毎月こまめに経費を仕分けしておくだけでも、確定申告が格段に楽になりますよ。 またフリーランスとしての出費を毎月把握しておく事はとても重要です。 フリーランスの皆さん、経費は毎月把握しておきましょう!それでは!

経理・会計のサポートをしてくれるオススメ優良フリーランスエージェント2社

geechsjob(ギークスジョブ)

geechsjob(ギークスジョブ)はギークス株式会社が運営するエンジニア・デザイナー向けのフリーランス専門エージェントです。フリーランス支援の実績が10年以上あり、Web系の案件に強いことが特徴の業界最大手のフリーランスエージェントです。 ギークスジョブが運営する無料のフリーランス福利厚生サービス「フリノベ」の会員は税理士に何度でも無料で相談できますよ。

【geechsjob(ギークスジョブ)へ相談がおすすめの方】
-IT/WEB系案件に携わりたいフリーランスエンジニア・デザイナー
-これからフリーランスになりたい正社員のエンジニア・デザイナー
-週4~5で活躍したいフリーランスエンジニア

- ギークスジョブの詳細情報はコチラ→

Midworks(ミッドワークス)

Midworks(ミッドワークス)は株式会社ブランディングエンジニアが運営する正社員並の福利厚生を提供している、フリーランスエージェントです。 会社設立が2013年と若い会社ですが、資金調達なども積極的に行っており、その分スタートアップ企業やベンチャー企業とのつながりが強く、 Midworksは確定申告ソフト「freee」のフリーランス向けプランを無料で利用可能で、税理士にLINE@で相談も出来るようです。

【Midworks(ミッドワークス)へ相談がおすすめの方】
-ベンチャー・スタートアップに参画したいフリーランスエンジニア
-最新技術に携わりたいフリーランスエンジニア
-週2~3日案件を検討したいフリーランスエンジニア

- Midworks(ミッドワークス)の詳細情報はコチラ→

フリーランススタートについて

フリーランススタートについて

フリーランススタートは日本最大級のフリーランス(個人事業主)エンジニア求人・案件サイトです。 おすすめのフリーランスエージェント各社が保有するエンジニア求人・案件を一括で検索することができます。 使い方は通常のフリーランス案件サイトと同様に開発言語、業界、職種、単価、地域、フレームワークなど案件情報を検索し、エントリーするだけです。 また、複数のフリーランスエージェントの状況や評判、保有案件を確認することができ、エージェント各社にフリーランススタートからカンタンに応募することができます。 フリーランスとして、安定した収入を得るためにエージェントを複数社うまく活用することは非常に重要です。自分に合う優良なフリーランスエージェントを見つけることで、 これからのフリーランス人生をより良いものにすることができます。 フリーランスエージェントがいることで、 ・本業に集中し、スキルアップすることができる ・契約周りなどの作業の代行 ・金額交渉や訴訟リスクの軽減 など様々な恩恵を受けることができます。 フリーランススタートはフリーランスエンジニアの皆様が豊かなフリーランス人生を送るためのエージェント探しのお手伝いができればと思います。

新着コンテンツ

新着コンテンツ