OpenShiftの求人・案件一覧

OpenShiftのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

64.9万円

中央値単価

65万円

最高単価

84万円

最低単価

50万円

OpenShiftのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

OpenShiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが3件、indecoが3件、Midworksが1件、エンジニアルーム(Engineer Room)が1件、ラウレアフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
OpenShiftのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、indeco、Midworksであることがわかります。
OpenShiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、indeco、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenShiftのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

OpenShiftのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとindecoが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
OpenShiftのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはindecoであることがわかります。
OpenShiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はindecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenShiftのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

OpenShiftのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとindecoが70万円、レバテックフリーランスが66.7万円、ラウレアフリーランスが65万円、Midworksが65万円、フリエンが58.8万円、エンジニアルーム(Engineer Room)が50万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
月額単価の高いOpenShiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはindeco、レバテックフリーランス、ラウレアフリーランスであることがわかります。
OpenShiftのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はindeco、レバテックフリーランス、ラウレアフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenShiftのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

OpenShiftのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が7件、神奈川県が1件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)
OpenShiftのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、福岡県に最も集中している事がわかります。
OpenShiftのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、福岡県あたりが良いでしょう。

OpenShiftのフリーランス求人・案件数の推移

OpenShiftの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年4月が2件、2021年5月が2件、2021年6月が3件、2021年7月が3件、2021年8月が3件、2021年9月が5件となっています。OpenShiftのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

OpenShiftのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

OpenShiftの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年9月が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

OpenShiftのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

OpenShiftのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年4月が65.4万円、2021年5月が65.4万円、2021年6月が65.9万円、2021年7月が64.5万円、2021年8月が64.5万円、2021年9月が64.9万円となっています。OpenShiftのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.4万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

OpenShiftのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

OpenShiftのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年4月が785.3万円、2021年5月が785.3万円、2021年6月が790.8万円、2021年7月が774.0万円、2021年8月が774.5万円、2021年9月が779.1万円となっています。OpenShiftのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し4.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

OpenShiftの常駐案件・リモートワーク案件割合

OpenShiftの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(25%)、常駐案件が3件(75%)となっており、OpenShiftフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

OpenShiftのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

OpenShiftのフリーランス求人・案件について

OpenShiftのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
OpenShiftのフリーランス求人・案件の平均単価は64.9万円、中央値単価は65万円、最高単価は84万円、最低単価は50万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年09月)

OpenShiftのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・OpenShift経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・OpenShift経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・OpenShift経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・OpenShift経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・OpenShift経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

OpenShiftについて

OpenShiftは、Red Hat OpenShift Container Platformのことであり、IT運用担当者・開発者が同一のプラットフォームを使い、マルチクラウド・ハイブリッドクラウドのインフラストラクチャにおいて一貫してアプリケーション構築・デプロイ・管理することが可能です。
OpenShiftは、エンタープライズ向けLinuxディストリビューションRed Hat Enterprise Linux・Kubernetes等、オープンソースの業界標準・先進技術を基本として構成されています。
OpenShiftの特徴としては、従来型アプリケーション・モダンアプリケーションのどちらの提供においても、アプリケーション開発サイクルが効率的に短縮され、頻繁にソフトウェアを導入が出来たり、アプリケーション・ライフサイクル全体において開発チーム・運用チームの提供価値を拡大が可能ということがあげられます。他にも開発者は、同プラットフォーム上でフレームワーク・データベース・多言語など容易に使用できることも特徴です。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではOpenShiftのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでOpenShiftのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。