六本木のコワーキングスペースおすすめ6選!料金や営業時間を詳しく教えます。

お役立ち

2020.09.24

フリーランスやノマドワーカーの方は自宅やオフィス以外で仕事をしたいとき、どこへ行きますか?
以前であれば、フリーランスやノマドワーカーの方は近くのカフェを利用して仕事をしていたでしょう。しかし近年、コワーキングスペースの増加や利便性の良さからフリーランスやノマドワーカーの方がコワーキングスペースを活用し仕事をしているケースが多く見受けられます。

コワーキングスペースは黙々と仕事をしたい方、異分野の方と交流したい方、起業した方、会社のオフィスとして利用している方など多種多様な方が利用している場所・空間です。コーワーキングスペースには数時間、1日、月単位で利用できたり、24時間オープンしている場所も多数あります。
そんな今回は六本木でおすすめのコワーキングスペースについてお話をしていきます。

特に下記の方にこの記事を一読していただきたいです。

・六本木のコワーキングスペースの利用を検討されている方
・六本木のコワーキングスペースを現在利用している方
・フリーランスやノマドワーカーとして静かな作業場所を探している方
・正社員や派遣エンジニアからフリーランスに転向を希望している方

<目次>
1.コワーキングスペースとは?
2.六本木のコワーキングスペースのメリット
設備が充実している
利用プランが選択できる

新しいコミュニティや新規ビジネスチャンスが生まれやすい
六本木は、アクセス条件が良い
3.六本木のコワーキングスペースのデメリット

集中出来ない可能性がある

作業スペースの確保が保証されていない

セキュリティ上の不安がある

4.コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペース

シェアオフィス

5.六本木でおすすめのコワーキングスペース6選
 ・クロスオフィス六本木
 ・六本木ヒルズライブラリー
 ・PARK6
 ・ビジネスエアポート六本木
 ・VXL六本木

 ・Blink Community 六本木

6.まとめ

 

 

 

1.コワーキングスペースとは?


コワーキングスペースとは、オープンな作業スペース・集中できる半個室スペース・会議室・打ち合わせスペースなどを共有しながら、それぞれが独立した仕事を行う空間のことを指します。
コワーキングスペースの特徴は集中して仕事が出来る空間を提供していること、賃貸オフィスを持つよりも低コストであること、利用者同士がコミュニケーションを取りやすく新たなコミュニティや新規のビジネスを始めるきっかけ作りになることなどが挙げられます。

 

コワーキングスペースは基本的にどなたでも利用することが出来ます。主にフリーランス、ノマドワーカー、起業している方、オフィスを持たない会社、学生の方などが利用しています。

起業した方やオフィスを持たない企業の利用も多く、法人登記やWeb表記などの住所の提供をしているコワーキングスペースもあります。

 

コワーキングスペースはIT、金融、食品、アパレルなどのスタートアップ企業や自治体なども活用しています。
2018年9月時点で東京都内のコワーキングの市場規模は346拠点であり、6.6万坪です。東京都の0.1%にも満たない面積ですが、年々その面積は増加傾向にあります。
コワーキングスペースの場合は入会金が0円~数万円、保証金0円~数十万円(20万円以上は滅多にありません)のケースがほとんどです。

 

コワーキングオフィス市場は起業する方の増加やフリーランスやリモートワーカーの増加などに伴い、増加していくことが予想されています。

 

 

 

2.六本木のコワーキングスペースのメリット


六本木のコワーキングスペースのメリットをお伝えします。コワーキングスペースのメリットに少しでも共感した方はぜひ一度利用してみることをおすすめします。

 

設備が充実している

六本木のコワーキングスペースには様々な設備が整っています。
六本木のほとんどのコワーキングスペースには電源とWi-Fiが完備されています。

 

コワーキングスペースによっては、フリードリンクがついていたり、会議やイベントをするための会議ブース、ホワイトボード、スクリーン、プロジェクター、マイクなどのレンタルなどを行なっています。
また、六本木のコワーキングスペースのメリットとしては、オフィスとして利用している方も多数いるため、敷金やデスク、椅子、プリンタなど事務設備の購入費、インターネット導入費などの初期費用が一切発生しないことです。

 

 

利用プランが選択できる

六本木のコワーキングスペースは、会員になり月額を支払い利用する場合とドロップインとして時間単位で利用する場合の2種類あり、ワークスタイルによってプランを選択できます。

六本木のコワーキングスペースを利用する方の中には、稼働日のみの使用も多いです。
六本木のコワーキングスペースは目的に応じて利用プランを選択できます。

 

なおドロップインは、1日利用のことを指します。複数の場所を転々として仕事している方や良い刺激が必要なクリエイティブ関連の仕事をしている方はドロップインを利用してみると良いでしょう。

 

 

新しいコミュニティや新規ビジネスチャンスが生まれやすい

六本木のコワーキングスペースを利用している方の中には、新たなコミュニティを形成するためや新規ビジネスのチャンス目的として利用している方もいます。一つのワークスペースを複数人や団体が共同して利用しているため、利用者同士のコミュニティは自然と作られるケースが多いです。
コワーキングスペースは、シェアオフィスと比較するとコミュニティ育成を重視している傾向があり、新たなコミュニティを作りたい方は積極的に利用してみることをおすすめします。

 

また、六本木は日本屈指の優良企業が多く存在するエリアです。例えば、Apple Japan、Facebook Japan、Baidu JapanSBIホールディングス株式会社、株式会社Gunosy、グリー株式会社、株式会社テレビ朝日ホールディングス、株式会社テレビ東京ホールディングス、株式会社マネーパートナーズ、株式会社フリークアウトなど世界最大手IT企業から日本を代表する大企業まで多数あります。六本木にはIT業界をはじめとする様々な業界のトップ企業が多く混じっているため、他業界での人脈やコミュニティを作りやすいでしょう。

 

 

六本木は、アクセス条件が良い

六本木駅は東京メトロ日比谷線、都営大江戸線の2路線のみ乗り入れています。

乗り入れ路線はあまり多くないですが、徒歩で六本木一丁目駅、麻布十番駅、乃木坂駅、赤坂駅など近隣駅が近いため、首都圏エリアへのアクセスは良いというメリットがあります。

 

 

 

3.六本木のコワーキングスペースのデメリット


六本木のコワーキングスペースを活用するメリットは多く存在しますが、デメリットもいくつか存在します。
六本木のコワーキングスペースのデメリットをしっかりと理解し、効率良く活用しましょう。

 

集中出来ない可能性がある

六本木のコワーキングスペースは非常に多くの方が利用します。そのため、共有スペースなどで仕事をしている場合、利用者同士の話し声や物音が聞こえてくる可能性が高いです。

カフェなどでも同じ環境ですので、騒がしい場所でも集中できる方であれば、問題ないかと思います。

 

しかし、騒音などが敏感な方はコワーキングスペースの個別ブースを利用するか、個室のみのコワーキングスペースを利用するなどしてご自身で工夫してみましょう。

 

 

作業スペースの確保が保証されていない

六本木のコワーキングスペースを利用する方は法人契約や専用席の契約をしている方とフリーアドレス(自由席)を利用する方の2種類です。フリーアドレスを利用している方の場合、コワーキングスペースが満席のため利用できない可能性があります。

そのため、コワーキングスペースが空いている時間帯を狙って利用しなければいけないなどのデメリットがあります。

 

近年では、コワーキングスペースのWebサイトで空席状況をリアルタイム確認出来るため、利用する前にWebサイトで確認することをおすすめします。

 

 

セキュリティ上の不安がある

コワーキングスペースは非常に多くの方が利用しています。仕事で機密情報などを扱う場合、他人にPC画面を見られないように配慮する必要があったり、あまり大きい声で話すことが出来ないなどのデメリットがあります。

また、コワーキングスペースが使用しているネットワークのセキュリティに関しても不安な方もいると思います。その場合は、ご自身でWi-Fiを持参するなどで対策しましょう。

 

 

 

4.コワーキングスペースとシェアオフィスの違い


コワーキングスペースとシェアオフィスの違いとはどのようなものでしょうか。コワーキングスペースとシェアオフィスを混同して理解している方に向けて解説していきます。

 

コワーキングスペース

コワーキングスペースは様々な企業や不特定多数の人々が共有しているスペース/仕事場のことを指します。
主な利用者はフリーランス、ノマドワーカー、起業家、スタートアップ企業などです。

 

コワーキングスペースは一時的にスペースを利用できるドロップインという制度があることが特徴です。

多くのコワーキングスペースではオープンスペースが広範囲を占めており、その他個室、会議室という設計になっています。コワーキングスペースの活動も異なる点でしょう。

コワーキングスペースはイベントや勉強会を開催しているところが多く、仕事場の共有以外にも様々なコミュニティ形成を積極的に行っています。その他、法人登記、住所利用、複合機、ロッカーなどの貸し出しも行なっています。

 

そのため、仕事場として活用したい方はもちろんのこと、新しいアイデアでイノベーションを起こしたい、新規事業を立ち上げたいという方におすすめです。

 

 

シェアオフィス

シェアオフィスは「共有されたオフィス」という意味であり、同じスペースを複数の利用者によって共有するオフィスのことを指します。

シェアオフィスは共有スペースやパーティションや簡易的な壁によってオフィスごとに区切られている場所が多いです。

主な利用者は起業家、スタートアップ企業、フリーランス、ノマドワーカーなどです。

 

シェアオフィスは、法人登記、住所利用、会議室の利用、郵便物受取、電話転送や秘書代行、備品の貸出などを行なっています。

コワーキングスペースと比較して異なる点はイベントや勉強会の開催など、新しいコミュニティ形成の活動が少ないことです。

 

そのため、仕事場として活用したい方や低コストでオフィスを持ちたい方におすすめです。

 

 

 

5.六本木でおすすめのコワーキングスペース6選


六本木でおすすめのコワーキングスペースを6件お伝えします。
少しでも興味があったり今後利用を検討している方は、1度詳細を調べて、お気に入りのコワーキングスペースを六本木で見つけましょう。
 

 

・クロスオフィス六本木

“六本木のコワーキングスペースの紹介"
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-0032東京都港区六本木7-14-23 ラウンドクロス六本木4,5階
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」から徒歩2分
都営大江戸線「六本木駅」から徒歩2分
【電話番号】03-4582-1102
【営業時間】24時間利用可能

 

【利用料金】
コワーキング:
30,000円/月

 

スモールタイプ:
121,000~/月

 

初期費用:
30,000円

 

【オプション】
会議室:1,000円~/30分

 

【Webサイト】
https://www.crossoffice.jp/ro
【座席数】68席
【運営】オリックス株式会社
【設備】電源、Wi-Fi、フリードリンク、法人登記、受付対応、電話ブース、郵便物の受取、会議室、コピー機、ロッカー
【特長】クロスオフィス六本木は、2019年7月に設立されたオリックスが運営するコワーキングスペースです。

クロスオフィス六本木の特長は六本木駅から徒歩2分と好立地であることや受付サービスやオープンスペースや個室など、利用者のよとに合わせた使い方が出来ることなどが挙げられます。

 

 

・六本木ヒルズライブラリー

“六本木のコワーキングスペースの紹介"
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-6149東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩3分
都営大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩6分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩12分
都営大江戸線「麻布十番駅」7出口より徒歩9分
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩10分
【電話番号】03-6406-6650
【営業時間】
ワークスペース:7:00~24:00
ライブラリーカフェ:7:00~23:00

 

【利用料金】
初回事務手数料:
5,000円

 

月会費:
9,000円/月

 

【オプション】
アークヒルズライブラリー利用可能(平日のみ):
500円/1回

 

【Webサイト】
https://www.academyhills.com/library/roppongi/index.html
【座席数】
ワークスペース:202席
ライブラリーカフェ:114席
【運営】森ビル株式会社
【設備】電源、Wi-Fi、コピー機、ロッカー
【特長】六本木ヒルズライブラリーは六本木ヒルズ森タワーの49階に位置しているコワーキングスペースです。

六本木ヒルズライブラリーは、静かな空間や少し高級感のあるスペースを味わうことが出来るのが最大の特長でしょう。

 

しかし、法人登記や個室はないですが、回避は高くないため、コストをあまりかけたくない方やフリーランスやノマドワーカーに適しているコワーキングスペースです

 

 

・PARK6

“六本木のコワーキングスペースの紹介"
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-6108東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー ウェストウォーク6F
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口から徒歩2分
都営大江戸線「六本木駅」3出口から徒歩6分
都営メトロ大江戸線「麻布十番駅」7出口から徒歩7分
【電話番号】03-6434-0546
【営業時間】7:00~21:00(平日)、11:00~19:00(土日祝)

 

【利用料金】
オープンデスク:
800円/1時間、1,800円/3時間、3,000円/日

 

ソロワークブース:
1,000円/1時間、2,500円/3時間、4,000円/日

 

コンセントレーションブース:
1,500円/1時間、3,800円/3時間、5,000円/日

 

【オプション】
会議室:4,000円~/月
ロッカー:100円/回

 

【Webサイト】
https://www.park6.jp
【座席数】約41席
【運営】bondolfi boncaffē
【設備】電源、Wi-Fi、フリードリンク、会議室、コピー機、ロッカー
【特長】PARK6は六本木駅から徒歩2分の所に位置しているコワーキングスペースです。

PARK6の特長はオープン席、ブース席、個室のいずれかを選択し、時間単位で利用することが出来ることやカフェスペースですので、ご飯も食べれることなどが挙げられます。

なお、ワークスペースでは匂いの強くない軽食のみ飲食が可能です。

 

 

・ビジネスエアポート六本木

“六本木のコワーキングスペースの紹介"
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-0032東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 6・7F
【アクセス】
都営大江戸線「六本木」駅8番出口徒歩1分
東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口徒歩5分
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅3番出口徒歩5分
【電話番号】0120-063-109
【営業時間】
マスター会員:8:00~20:00
プライベート会員:8:00~10:00、17:00~20:00

 

【利用料金】
マスター会員:
30,000円/月

 

プライベート会員:
9,000/月

 

ドロップイン:
3,000円/日

 

【オプション】
会議室:7,000円~/1時間
ロッカー:4,000円/月(小)、10,000円/月(大)
イベントスペース利用:45,000円/1時間

 

【Webサイト】
https://business-airport.net/shop/roppongi
【座席数】-
【運営】ライフ&ワークデザイン株式会社
【設備】電源、Wi-Fi、法人登記、住所利用、電話ブース、リラクゼーションスペース、シャワーブース、イベントスペース、ライブラリー、郵便ポスト、会議室、個室、コピー機、ロッカー
【特長】ビジネスエアポート六本木は六本木駅より徒歩1分、東京ミッドタウンの目の前に位置するコワーキングスペースです。

ビジネスエアポート六本木の特長はアクセスの良さと落ち着いた空間で仕事を取り組むことが出来ることが挙げられます。

 

 

・VXL六本木

“六本木のコワーキングスペースの紹介"
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-0031東京都港区西麻布1-8-3
【アクセス】
東京メトロ日比谷線六本木駅2番出口徒歩6分
【電話番号】03-6903-4000
【営業時間】7:00~22:00

 

【利用料金】
バーチャルオフィスプラン:
6,000円/月(定価)
5,100円/月(半年契約)
4,200円/月(1年契約)

 

登録料:15,000円

 

【オプション】
会議室:3,500円~/1時間
ロック式キャビネット:5,000円/月

 

【Webサイト】
https://vxl.space
【座席数】20席
【運営】一般社団法人 日本適性力学協会
【設備】電源、Wi-Fi、コピー機、ロッカー
【特長】VXL六本木は六本木駅より徒歩6分のところに位置しているコワーキングスペースです。

VXL六本木のキーワードは「経営者と会社・成長を委ねられる最適な共創空間」「チーム作りを目指す起業家のために、価値をウェルスに変える空」です。

そのため起業家たちがビジョン・目標を最短に実現できるような環境が整っていることが特長です。

 

その他、VXL六本木は「VXLプログラム」という経営者になるためのチェックプログラム・経営者育成プログラムのコースがあることも特長です。

 

 

・Blink Community 六本木

六本木のコワーキングスペースの紹介
六本木のコワーキングスペースの紹介

【住所】〒106-0046東京都港区元麻布3丁目1-6
【アクセス】
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩6分
都営大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩8分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩8分
都営大江戸線「麻布十番駅」7出口より徒歩8分
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩13分
【電話番号】03-6455-5028
【営業時間】
シェアデスク以上の会員:24時間
カフェエリア会員:9:00-18:00

 

【利用料金】
プライベートオフィス会員:
80,000円/月

 

固定デスク会員:
60,000円/月

 

シェアデスク会員:
40,000円/月

 

カフェエリア会員:
20,000円/月

 

ドロップイン(1日利用):
2,000円/日

 

【オプション】
会議室:4,500円~/1時間
イベントスペース利用:8,000円~/1時間

 

【Webサイト】
https://ja.blinkcommunity.com/
【座席数】100席
【運営】Blink Roppongi合同会社
【設備】電源、Wi-Fi、法人登記、住所利用、電話ブース、リラクゼーションスペース、シャワールーム、イベントスペース、会議室、個室、コピー機、ロッカー
【特長】Blink Community 六本木は六本木ヒルズ徒歩4分の落ち着いた住宅街に佇む5階建てコワーキングスペースです。

 

Blink Community 六本木の特長として、利用ユーザーの50%が外国人でありインターナショナルな環境が整っていること、イベントやセミナーなどを定期的に開催していることなどが挙げられます。

イベントやセミナーを多く開催していることから、人脈形成やビジネスチャンスを掴むには最適なコワーキングスペースとなっています。

 

その他、地下にシャワールームがあり会員様は無料で利用可能であったり、併設するカフェや最上階のテラスで気分をリフレッシュすることも可能です。

ぜひ人脈形成を希望している方、英語や日本語以外の言語を使用しビジネスをしている方などは利用してみることをおすすめします。
 

 

 

6.まとめ


今回は六本木でおすすめのコワーキングスペースについてお話をしてきました。
コワーキングスペースごとにそれぞれコンセプトが異なるため、ご自身の利用する目的に最適な場所を選ぶことが良いでしょう。
上記に紹介した六本木コワーキングスペースはほんの一部であるため、興味があればご自身でも探してみましょう。

 

また、コワーキングスペースもただ仕事をするための場所ではなく、イベントやセミナーを定期的に開催しているため、新たなコミュニティを作ったり、異業種の方の出会いの場としても非常に優れています。
是非ご自身に落ち着ける空間を提供してくれるコワーキングスペースを六本木で見つけてみてはいかがでしょうか?
なお、フリーランスやノマドワーカーが多く活躍し始めている現代で六本木でのコワーキングスペースの利用は今後も増加していくでしょう。

 

フリーランスエンジニア/デザイナーのための求人・案件一括検索サイト
フリーランススタート」では、最適な求人・案件を探すことが出来たり、フリーランスエージェントを比較・検討出来ます。
フリーランススタートで141,300件の中から最適な求人・案件をご覧になりたい方↓

 

案件を探す→
案件を探す→

 

 

本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

フリーランスお役立ち記事を検索

六本木駅のフリーランス求人・案件

新着フリーランス求人・案件

おすすめフリーランス求人・案件