ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!市場規模も解説

市場動向分析IT業界常識

2021.11.25

本記事では、これまで培ってきたITスキルを生かし、ヘルスケア業界への転職を考えているビジネスパーソン向けに、ヘルステックについて解説していきます。

<目次>
1. ヘルステックとは
2.ヘルステック業界の市場規模
3.ヘルステック業界を牽引するベンチャー企業
イーエックス・パートナーズ(病院検索サイト「ホスピタ」を運営)
メドレー(医療介護求人サイト「ジョブメドレー」を運営)
iCARE(企業向け健康管理システム「Carely」を開発)
カケハシ(薬局のDXをサポートする「Musubi」を開発)
カラダノート(ママをサポートするメディア「ママびより」を運営)
ドクターネット(遠隔画像診断サービスを運営)
インテグリティ・ヘルスケア(オンライン診断サービス「ヤードック」を運営)
4.ヘルステック業界でも注目されている領域
メンタルヘルスサービス
DTC遺伝子検査サービス
睡眠改善サービス
5.まとめ

 

 

 

1. ヘルステックとは


ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像
ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像

 

ヘルステック(HealthTech)は「Heath(健康)」と「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語です。

AIやIoT、クラウド、ウェアラブルデバイスなどの様々なデジタル技術を組み合わせ、医療や創薬、介護、予防、QOLなどの領域の課題を解決する技術や企業を総称します。

 

「金融(Finance)」とテクノロジーを組み合わせた「フィンテック(FinTech)」という言葉を耳にする機会が増えましたが、ヘルステックもフィンテックのように、新産業のキーワードとして誕生しました。

 

 

 

 

2.ヘルステック業界の市場規模


ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像
ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像

 

総合マーケティングビジネスの株式会社富士決済が行った調査によれば、ヘルステック業界の市場規模は以下の通りです。

 

ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像
ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像

出典:Fuji Keizai Group|企業による従業員向けサービスで需要増加が期待されるヘルステック・健康ソリューション関連市場の調査結果

 

2017年時点の市場規模は2,055億円とされており、2022年には約1.5倍の3,083億円に達すると予想されています。

特に「メンタルヘルスサービス」「DTC遺伝子検査サービス」「睡眠改善サービス」は注目市場です。

 

 

 

3.ヘルステック業界を牽引するベンチャー企業


ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像
ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像

 

ヘルステック業界を牽引するベンチャー企業を7つ紹介します。

 

 

イーエックス・パートナーズ(病院検索サイト「ホスピタ」を運営)

イーエックス・パートナーズ
イーエックス・パートナーズ

イーエックス・パートナーズは病院検索サイト「ホスピタ」を運営するベンチャー企業です。

ホスピタは病院・クリニック・歯医者の基本詳細情報を検索可能な病院検索サイトとして、2006年からサービス提供されています。

 

2017年からは特に医者(名医)の検索に力を入れており、利用者が街の名医と出会えるプラットフォームを目指し、医者の卒業医学部・卒業歯学部から専門医、出身地、血液型、性別、趣味まで多くの情報を掲載しています。

 

 

メドレー(医療介護求人サイト「ジョブメドレー」を運営)

メドレー
メドレー

 

メドレーは医療介護求人サイト「ジョブメドレー」やオンライン診療・服薬指導アプリ「クリニクス」を運営するベンチャー企業です。

ジョブメドレーは日本最大級の医療介護求人サイトであり、契約事務所から寄せられた正規の求人情報のみを掲載しています。

 

2021年11月時点での求人掲載数は全国334,801件であり、希望に合った求人を検索可能です。

 

クリニクスはオンライン診療・服薬指導アプリであり、インターネットで自宅や職場から診察を受け、薬剤師からの服薬指導を受けることが可能です。

薬や処方箋は自宅など、指定した住所に届きます。

 

 

iCARE(企業向け健康管理システム「Carely」を開発)

iCARE
iCARE

 

iCAREは企業向け健康管理システム「Carely」を開発するベンチャー企業です。

iCAREは日本の人事部「HRアワード2021」人事労務管理部門で最優秀賞を受賞した企業向け健康管理システムです。

 

企業の健康管理を効率化することで、従業員の健康から生まれる労務リスクを可視化します。

 

また、健康診断・ストレスチェック・長時間労働対策などの健康管理をクラウドで一元管理可能です。

人事労務担当者・産業保健スタッフの業務工数を大幅に削減し、手応えのある健康管理を実現します。

 

 

カケハシ(薬局のDXをサポートする「Musubi」を開発)

カケハシ
カケハシ

 

カケハシは薬局のDXをサポートする「Musubi」を開発するベンチャー企業です。

経済産業省をはじめとする官民主導のスタートアッププログラム「J -Startup」企業に選定されました。

 

薬局に求められる役割が大きくなる中で、薬局経営の持続可能性を高めるシステムが求められています。

Musubiは電子薬歴や服薬指導、服薬期間中フォローなど、薬局のDXを推進し、患者のしなやかな医療体験を可能にします。

 

 

カラダノート(ママをサポートするメディア「ママびより」を運営)

カラダノート
カラダノート

 

カラダノートはママをサポートするメディア「ママびより」や赤ちゃんの授乳・睡眠・おしっこなどの記録をワンタップで可能にする「授乳ノート」、子どもの成長にあった食材を確認・記録可能な「ステップ離乳食」、陣痛間隔計測アプリの「陣痛きたかも」を運営するベンチャー企業です。

株式会社マネーフォワード主催の「Forward AWARD 2021」ではイノベーション賞を受賞しました。

 

 

ドクターネット(遠隔画像診断サービスを運営)

ドクターネット
ドクターネット

 

ドクターネットは遠隔画像診断サービスを運営し、遠隔読影サービスにおいて20年以上の実績を持つ国内シェアNo.1の企業です。

以下のサービスを提供しています。

 

サービス名

概要

Tele-RAD

医用画像の診断依頼を医療機関から遠隔で受け付け、診断レポートを返却

Tele-DOC

診療科専門医による健診・検診症例に特化した遠隔画像診断支援

Virtual-RAD

医療機関と放射線診断専門医をつなぎ、遠隔での画像診断を可能にする

ドクターPACSfor

医用画像やレポートを一元で管理・運用可能な汎用型画像診断システム

 

 

インテグリティ・ヘルスケア(オンライン診断サービス「ヤードック」を運営)

インテグリティ・ヘルスケア
インテグリティ・ヘルスケア

 

インテグリティ・ヘルスケアはオンライン診断サービス「ヤードック」を運営するベンチャー企業です。

一般社団法人遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアムに参画しており、ヤードックの早期発見・確定診断が困難とされている遺伝性血管性浮腫の治療への貢献が期待されています。

 

なおヤードックはオンライン診療に限らず、ePRO(患者報告アウトカム)やPSP(患者サポートプログラム)、疾患管理など、様々なシーンで活用されています。

 

 

 

 

4.ヘルステック業界でも注目されている領域


ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像
ヘルステック業界のベンチャー企業を紹介!関連画像

 

ヘルステック業界の中でも注目されているのが、次の3つの領域です。

 

■ヘルステック業界でも注目されている領域

メンタルヘルスサービス
DTC遺伝子検査サービス
睡眠改善サービス

 

それぞれ解説していきます。

 

 

メンタルヘルスサービス

ストレスチェックシステムやEAPサービスなどのメンタルヘルスサービスが注目されています。

ストレスチェックシステムは厚生労働省によるストレスチェック義務化を契機とし、2015年と2016年に大きく伸びました。

 

EAPサービスはメンタル不調者の発見や予防・改善に向けたカウンセリングやオンライン学習などを提供するサービスです。

近年の働き方改革が注目されていることで、関心が高まっています。

 

 

DTC遺伝子検査サービス

DTC遺伝子検査サービスは専用の遺伝子解析キットを用いて、唾液や口腔粘膜などを採取後にキットを利用者が事業者に送付し、遺伝子の特性を調べるサービスです。

個人利用が多いですが、一部では企業や自治体が福利厚生や市民サービスとして検査費用を一部負担する取り組みも見られます。

 

 

睡眠改善サービス

利用者の睡眠改善を促す機器やシステム、コーチングサービスを対象とします。

睡眠に関する状況把握や睡眠の計測、オンライン学習、睡眠に有効な助言などがサービスとして提供されています。

 

 

 

5.まとめ


本記事ではヘルステックについて解説してきました。

ヘルステックの市場規模は拡大しており、今後も拡大が見込まれます。

 

特にメンタルヘルスサービスやDTC遺伝子検査サービス、睡眠改善サービスの注目度が高いです。

ITスキルを生かしてヘルスケア業界への転職を考えている場合には、これらの領域は将来性が期待できます。

 

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト「フリーランススタート」に少しでも興味がある方は是非ご登録ください。

 

なお、フリーランススタートはiOSアプリ版やAndroid版をリリースしています。

通勤しているエンジニア・デザイナーでちょっとしたスキマ時間で手軽にフリーランス求人・案件を検索したい、開発言語の単価が知りたい、フリーランスを将来的に検討している方などは是非インストールしてみてください。

 

フリーランススタートのアプリを有効活用して、フリーランスとして第一線で活躍しましょう!

 

フリーランススタート iOSアプリのインストールはこちらから

 

フリーランススタート Androidアプリのインストールはこちらから

 

本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

フリーランスお役立ち記事を検索

新着フリーランス求人・案件