XaaSとは?概要や重要性、メリット・デメリット、代表的な種類などについて解説!

市場動向分析IT業界常識

2023.01.14

XaaS(ザース)とは、「X-as-a-Service」の略で、インターネットを経由したクラウドサービスとして利用し、利用に伴った料金を支払う形態を指します。
本記事では「XaaS」に焦点を当てその概要や重要性、メリット・デメリット、代表的な種類などについて詳しく解説します。

現在エンジニアとして就業している方やIT業界に従事している方はぜひご一読ください。

 

 

 

1.XaaSとは


XaaSとは関連画像
XaaSとは関連画像

XaaS(ザース)とは、「X-as-a-Service」の略で、インターネットを経由したクラウドサービスとして利用し、利用に伴った料金を支払う形態を指します。

aaSとは「as a Service」の略で、「サービスとしての」という意味です。

 

つまり、パソコンで使用していたソフトウェアや演算機能をインターネット経由で提供するサービスになります。

「X」には、さまざまな言葉が当てはめられ、「Framework」ならFaaS、「Platform」ならPaaSなど、その種類は多岐に渡ります。

 

 

 

2.XaaSの重要性


XaaSとは関連画像
XaaSとは関連画像

従来、企業や組織では、高額なサーバー機器を自社で購入・管理し、ITシステムを運用・利用してきましたが、ベンチャー企業・中堅企業では、自社内でシステムを持つ必要があるという負担がIT参入への大きなハードルとなっていました。

しかし昨今、XaaSを導入することで、高額なサーバー機器を自社で保有せず、サービスとして利用する企業や組織が増えているのです。

 

XaaSを導入すると、さまざまなメリットがあります(後述解説)。

たとえば、サーバー機器などを購入する際の高額な初期コストが発生しません。

 

また、サーバーの稼働に必要なインフラ環境の管理は、基本的にベンダーが行ってくれるので、企業側で人員を割く必要もなく、浮いたリソースを別業務に充てることができます。

クラウドサービスなら時間や場所を問わず利用することができます。

 

これは、企業や従業員がリモートワークを導入する際の強い味方にもなるでしょう。

 

 

 

 

3.XaaSのメリット


XaaSとは関連画像
XaaSとは関連画像

ここでは、XaaSのメリットについて3点解説します。

 

時間や場所を問わず利用できる

XaaSはクラウドサービスなので、インターネット環境と対応デバイスさえあれば、時間や場所を問わず利用できます

たとえば、オフィスのデスクトップや外出先のスマートフォン、自宅のノートパソコンなど様々なデバイスからアクセスすることができます。

 

その利便性の高さは、XaaSの最も大きなメリットといえるでしょう。

 

 

金銭的コストが抑えられる

XaaSを導入すれば、ハードウェアやソフトウェアなどを購入する機会が減ります。

また、XaaSの多くは初期費用が不要なので、金銭的コストを抑えることが可能です

 

XaaSの多くはユーザー数に応じて料金を支払うユーザー課金制や利用時間やデータ量に応じて料金を支払う従量課金制など、無駄のないサブスクリプション型のビジネスモデルになっていることが多いです。

コンピュータのスケールアップやダウンには、時間的・金銭的コストがかかります。

 

XaaSは、状況に応じてプランや利用人数などを変更できるので、スケールアップやスケールダウンがしやすいという柔軟性の高さもXaaSのメリットといえるでしょう。

 

 

自社メンテナンスやアップデートが不要

XaaSを導入した際、面倒なメンテナンスやアップデートは、基本的にベンダー側が行ってくれます。

そのため、ユーザーはサービスを利用するだけ良く、メンテナンスにかかる時間や手間、コストを節約することができます

 

またサーバーやシステムを自社内で管理する必要がないので、人手を確保できない場合でも運用できます。

なおベンダーが最新状態で運用してくれるので、セキュリティ面も安心です。

 

 

 

4.XaaSのデメリット


XaaSとは関連画像
XaaSとは関連画像

ここでは、XaaSのデメリットについて3点解説します。

 

セキュリティリスクに注意が必要

XaaSはクラウドを利用するので、常にサイバー攻撃のリスクが付きまといます。

自社の機密データを提供することになるので、XaaSを提供するベンダーは信頼できるのか、サービスの利用規約を事前に確認するだけでなく、データ管理方法やインシデント対策など、セキュリティ整備も心がけるようにしましょう。

 

 

ダウンタイムの可能性に注意

インターネットに障害が発生すると、XaaSプロバイダにも問題が生じる可能性があります。

その場合、インターネットの信頼性や耐障害性、プロビジョニング、インフラ、リソースの管理にも問題が生じる可能性があります。

 

万が一、XaaSサーバーがダウンした場合、ユーザーはXaaSに関するサービスを一時的に利用できなくなる可能性に注意しましょう。

 

 

サービスが突然終了する可能性がある

XaaSは、ベンダーの都合で突然終了することがあります。

そのためベンダーの経営状況やサービス選定、サービス終了時でも業務に支障が出ない対策などの意識が必要でしょう。

 

 

 

5.XaaSの代表的な種類


XaaSとは関連画像
XaaSとは関連画像

ここでは、XaaSの代表的な種類について10選ご紹介します。

 

IaaS
IDaaS
MaaS
PaaS
SaaS
HaaS
BaaS
CaaS
EaaS
FaaS

 

IaaS

IaaS(アイアース/イアース)とは、「Infrastructure-as-a-Service」の略で、サーバーやストレージ、ネットワークなどインフラを提供するサービスです。

業務の負荷変化に応じて、CPUコアやメモリ、ストレージ容量などのリソースを柔軟に増減できます。

 

また、ハードウェアの老朽化に伴うEOLやEOSなども考える必要はありません。

 

 

IDaaS

IDaaS(アイダース)とは、「Identity-as-a-Service」の略で、ID管理を提供するサービスです。

IDライフサイクル管理や一組のID/パスワードで複数のシステム、アプリケーションにログインできるシングルサインオン(SSO)、複数の認証情報を組み合わせる多要素認証などが可能です。

 

 

 

MaaS

MaaS(マース)とは、「Mobility-as-a-Service」の略で、交通手段による移動をシームレスに提供・利用できるサービスです。

スマートフォンのアプリを用いて、交通手段の手配やルート検索、目的地までのナビゲーション、運賃や利用料の決済までを一貫して行うことができるとして注目を集めています。

 

 

PaaS

PaaS(パース)とは、「Platform-as-a-Service」の略で、インフラに加えて、ソフトウェアを構築・稼動させるためのプラットフォームとなるOSやミドルウェア、データベース環境などを提供するサービスです。

近年では、機械学習やコグニティブ(認識)などの機能も提供されるようになりました。

 

 

SaaS

SaaS(サース)とは、「Software-as-a-Service」の略で、パッケージとして販売していた従来のソフトウェアを、クラウド上で利用できるサービスです。

たとえば、「Office 365」や「Salesforce」、「Google Apps」などが代表的です。

 

 

HaaS

HaaS(ハース)とは、「Hardware as a Service」の略で、サーバーやストレージ、ネットワークなど、システム構築に必要なハードウェアを提供するサービスです。

仮想化されたCPUやメモリー、ハードディスクを必要な分だけ柔軟に提供できるメリットがあります。

 

 

BaaS

BaaS(バース)には、主に3つの意味があります。

 

名称

意味

Backend-as-a-Service

モバイルデバイスのバックエンド機能を提供するサービス

Backup-as-a-Service

クラウドでデータを保存・バックアップしておけるサービス

Blockchain-as-a-Service

主にブロックチェーンを活用したアプリ開発で活用され、基盤を提供するサービス

 

 

CaaS

CaaS(カース)には、主に3つの意味があります。

 

名称

意味

Communications as a Service

インターネット電話やリモート会議など、コミュニケーションツールを提供するサービス

Container as a Service

クラウド化されたアプリケーションやコンテナを管理する手段を提供する従量課金制のサービス

Crime as a Service

IT技術にそれほど詳しくないサイバー攻撃者が、容易にサイバー攻撃を行うことができるように、必要なツールをまとめたパッケージ

 

 

EaaS

EaaS(アース)には、主に3つの意味があります。

 

名称

意味

Everything-as-a-Service

必要なコンピュータ資源をすべてクラウドで賄うサービス・概念のこと(別名・XaaS)

Exploits-as-a-Service

脆弱性を悪用したサイバー攻撃を行う際に用いられるサービス

Energy-as-a-Service

東京ガスが提唱するガスや電気を単体ではなくほかのエネルギーやサービスと組み合わせて一体提供する概念

 

 

FaaS

FaaS(ファース)には、主に3つの意味があります。

 

名称

意味

Framework as a Service

PaaSとの中間にあたり、ソフトウェアフレームワークを提供するサービス

Function as a Service

サーバーの管理をベンダーに委任する機能の実行環境を提供するサービス

Fraud as a Service

サイバー犯罪に必要なサービスマルウェアや犯罪者ネットワークなど主に詐欺に悪用されるサービス

 

 

 

 

6.まとめ


今回はエンジニアとして就業している方やIT業界に従事している方に向けて、XaaSの概要や重要性、メリット・デメリット、代表的な種類などについて詳しく解説してきました。

現在、様々な領域でサブスクリプション型のビジネスモデルのもと、様々な商品のサービス化が進んでいます。

 

クラウド環境はその利便性の高さから今後もさらなる進化を遂げる可能性が高く、それに伴い、XaaSの需要や普及も進む可能性が高いです。

企業目線から見ても、XaaSを導入することで多くのメリットが期待できます。

 

まだXaaSを導入していない企業は、この機会にぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト「フリーランススタート」に少しでも興味がある方は是非ご登録ください。

 

なお、フリーランススタートはiOSアプリ版やAndroid版をリリースしています。

通勤しているエンジニア・デザイナーでちょっとしたスキマ時間で手軽にフリーランス求人・案件を検索したい、開発言語の単価が知りたい、フリーランスを将来的に検討している方などは是非インストールしてみてください。

 

フリーランススタートのアプリを有効活用して、フリーランスとして第一線で活躍しましょう!

 

フリーランススタート iOSアプリのインストールはこちらから

 

フリーランススタート Androidアプリのインストールはこちらから

 

本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

フリーランスお役立ち記事を検索

新着フリーランス求人・案件