Rubyフリーランス求人・案件の単価相場と案件動向【Rubyフリーランスエンジニア必見】

市場動向分析

2020.08.15

Rubyは小規模なシステムから大規模なWebシステムの開発まで行うことができる開発言語です。
Rubyは、A SMALL PLACE TO DISCOVER LANGUAGES IN GITHUBで2020年第2期で第7位に位置しているプログラミング言語です。
Rubyは日本から見ても、世界から見ても人気があるプログラミング言語であることが分かります。
Rubyはまつもとゆきひろ氏により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語ということにあり、特に日本のフリーランスエンジニアには非常に人気があります。
Rubyエンジニアは需要に比べて人材不足で、エンジニアがフリーランス求人・案件を選べる市場です。

そんな今回は、Ruby(プログラミング言語)に絞り、Rubyフリーランス求人・案件の種類、Rubyにおける在宅・リモートのフリーランス求人・案件の有無、Rubyエンジニア未経験で参画出来るフリーランス求人・案件の有無、Rubyフリーランス求人・案件の単価相場や求人・案件数、Rubyフリーランス求人・案件の商流、Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するスキル、Rubyの市場動向について、詳しく解説していきます。

Rubyエンジニアとしてこの記事を参考にしていただき、希望するRuby求人・案件に参画出来るように単価相場やRubyエンジニアとして必要なスキルの理解を深めていきましょう。


特に下記の方にこの記事を一読していただきたいです。
・Rubyエンジニアとして既に活躍をされている方
・Rubyエンジニアを将来的に検討している方
・Ruby自体に興味/関心がある方
・Rubyの単価相場を理解したい方
・Rubyのフリーランス求人・案件の動向を知りたい方
・フリーランススタートに興味/関心がある方

<目次>
1.Ruby(プログラミング言語)とは?
2.Rubyフリーランス求人・案件の種類

ECサイト開発フリーランス求人・案件
Webアプリ開発フリーランス求人・案件
システム開発フリーランス求人・案件
ゲーム開発と機械学習を含むAI(人工知能)開発フリーランス求人・案件

3.Ruby在宅・リモートのフリーランス求人・案件はあるの?
4.Rubyエンジニアとして未経験で参画出来るフリーランス求人・案件はあるの?
5.Rubyフリーランス求人・案件の単価相場
6.Rubyフリーランス求人・案件の数
7.Rubyフリーランス求人・案件は浅い商流で参画すれば高単価
8.Rubyフリーランス求人・案件で高単価を獲得するために必要な5つの経験

Ruby以外の他プログラミング言語の実務開発経験/知識
上流工程やマネジメントの開発経験
業界/業務知識ごとの専門知識
Rubyフレームワークを使用した開発経験
大規模なシステム開発の経験

9.Rubyにおける今後の市場動向
10.まとめ

 

 

 

1.Ruby(プログラミング言語)とは?


Rubyは、まつもとゆきひろ氏により開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。
Rubyを開発したまつもとゆきひろ氏は、Pearl、Smalltalk、Eiffel、Ada、Lispなど好みの開発言語の一部をブレンドして開発されたとのことです。

 

Rubyの特徴として、下記のようなものが挙げられます。

 

・オブジェクト指向である
・柔軟性に富んでおり、コード記述量が少ない
・日本生まれであるため、Ruby関連の書籍や記事が豊富でドキュメントが日本語で書かれている・
・プログラムの記述や実行が容易にできるスクリプト言語であるため英語を書くような感覚でコード記述ができ初心者でも比較的簡単に習得出来る
・機械学習などAI(人工知能)開発が出来ることなどが挙げられます。
・Rubyフレームワーク(Ruby on Rails、Sinatra、Padrino、cuba microframework、Ramaze、HANAMI)などがある

 

Rubyを活用している代表的なプロダクトはGithub、Hulu、Airbnb、スマートニュース、マネーフォワード ME、価格.com、クラウドワークス、クックパッド、食べログ、グノシーなどです。

 

 

 

2.Rubyフリーランス求人・案件の種類


この章では、Rubyフリーランス求人・案件の種類について見ていきましょう。

まずはフリーランスエンジニアが参画できるRuby案件の種類を見ていきます。

 

Rubyフリーランス求人・案件には大きく分けて4種類あります。
・ECサイト開発フリーランス求人・案件
・Webアプリ開発フリーランス求人・案件
・システム開発フリーランス求人・案件
・ゲーム開発と機械学習を含むAI(人工知能)開発フリーランス求人・案件
 

ECサイト開発フリーランス求人・案件

事業会社やスタートアップ企業など様々な企業が社内でECなどのWebサイトを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風によりビジネスカジュアルの場合とスーツの場合どちらもあります。
スタートアップ企業の場合、私服で自由な現場が多いです。
Rubyの他にも、JavaScript、jQuery、PHP、WordPress、HTML/CSSなどフロントエンドで必要なスキルを要求されることも多いです。最近では、週2~3日でのフリーランス求人・案件や持ち帰り/リモートワーク可能求人・案件も出てきています。

 

Webアプリ開発フリーランス求人・案件

事業会社やスタートアップ、ベンチャー企業の社内でWebアプリを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風により私服の場合と、ビジネスカジュアル、スーツの場合があります。
インターネット業界・スタートアップ界隈でも、SNS系サーバサイド開発やSaaS開発などのフリーランス求人・案件でRubyが利用されます。
なお、フレームワークはRuby on Railsを使用するケースが最も多いです。

 

システム開発フリーランス求人・案件

スタートアップ、ベンチャー企業、事業会社の社内でシステムを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風により私服やビジネスカジュアル、スーツの場合があります。
教育系、建設系、医療系、不動産系、金融/保険/証券系などWebシステム開発に携わるフリーランス求人・案件があります。
Ruby on RailsのRubyフレームワークを使用するケースが多いため取得しておきましょう。また、Java、PHP、JavaScript、Perl、Pythonなどのプログラミング言語を要求するフリーランス求人・案件も多く存在します。

 

ゲーム開発と機械学習を含むAI(人工知能)開発フリーランス求人・案件

ゲーム系の会社が社内でシステムを開発するケースが多いです。
また、スタートアップやベンチャー企業が社内で機械学習を含むAI(人工知能)開発するケースが多いです。
服装はゲーム企業やスタートアップやベンチャー企業は、基本的に私服で自由な現場が多いです。
現在はソーシャルゲームを1つ作るのに億単位の予算をかけることが多く、大手企業に案件が集約しています。
現状、Rubyを活用して、ゲーム開発や機械学習を含むAI(人工知能)開発に携わることが出来るフリーランス求人・案件は少ないです。

 

Rubyエンジニアとしてフリーランス求人・案件を早速ご覧になりたい方はこちらから↓

 

Rubyフリーランス求人・案件はこちら
Rubyフリーランス求人・案件はこちら

 

 

 

3.Ruby在宅・リモートのフリーランス求人・案件はあるの?


この章では、Ruby在宅・リモートのフリーランス求人・案件について解説していきます。
Rubyでの在宅・リモートのフリーランス求人・案件はありますが、あまり多くないのが現状です。

 

Rubyを使用したフリーランス求人・案件として、仕様がある程度固まっていたとしても完璧ということはなく開発プロセスとしてはアジャイルであることがほとんどです。そのため、明確に成果物のオーダーが出来ないことが多いためです。

 

在宅・リモートが出来るかどうかの判断は、客先常駐エンジニアか自社開発エンジニアかで変わります。客先常駐エンジニアの場合、情報漏洩・契約・セキュリティにより在宅・リモート作業が出来ない事がほとんどです。
自社開発エンジニアの場合、柔軟な対応をする企業が増加してくるでしょう。
また、小規模のWebサイト開発も在宅・リモートになりやすいです。

 

社内にエンジニアがいないがアイデアも持っている起業家のもと一番始めのベータ版となるようなシステムを開発する求人・案件などがあり、在宅でもいいから低単価で発注したいというニーズが存在するためです。

 

なお、全体を通して、コロナの影響やIT技術の発展により在宅・リモートのフリーランス求人・案件が増加してくる可能性は大いにあります。
在宅・リモートのフリーランス求人・案件を希望している場合、まず自社開発などで慣れるまで期間を常駐で作業し、慣れた後は在宅・リモートでの業務を企業側に提案してみるのもありかもしれません。

 

在宅・リモートのフリーランスエンジニアの場合、エンジニア同志がコミュニケーションを取りたい時に取りづらいという在宅・リモートならではの弊害もあります。

 

 

 

4.Rubyエンジニアとして未経験で参画出来るフリーランス求人・案件はあるの?


Rubyエンジニアとして未経験で参画出来るフリーランス求人・案件について解説していきます。

 

開発経験のないエンジニアがRuby未経験で参画出来るフリーランス求人・案件はほとんどないのが現状です。
しかしJava、PHP、Perl、Python、JavaScript、C#など他プログラミング言語での開発実務経験のあるエンジニアがこれまでの経験を生かして、Ruby未経験で参画出来るフリーランス求人・案件は豊富にあります。
特にJava、PHP、Perl、Python、JavaScript、C#などの他プログラミング言語の実務経験があるエンジニアは単価を落とすことなくフリーランス求人・案件を受注できるケースも珍しくありません。

 

なお、Rubyを含むプログラミング未経験の方がRubyエンジニアとして活躍をするためには、まずプログラミング言語の学習から開始しましょう。

 

Rubyを含むプログラミング言語の学習方法は、独学とプログラミングスクールに通い学習する方法の2パターンあります。
独学だと効率的ではなく、挫折する可能性があるため、プログラミングスクールに通い、効率的に学習することをおすすめします。またProgate(プロゲート)、ドットインストール、Udemy(ユーデミー)などオンラインでのプログラミング学習サービスも数多く存在するため、自身に適しているものを選びましょう

 

プログラミングスクール・オンライン学習サービスについて詳しく見てみたい方は下記記事をご一読ください↓
プログラミングスクールおすすめ25選!エンジニアとして転職・就職したい方必見

 

 

 

5.Rubyフリーランス求人・案件の単価相場


この章では、Rubyフリーランス求人・案件の単価相場について解説していきます。

まず、Rubyフリーランスエンジニアの平均年収を見ていきましょう。

職種名 平均年収 最高年収 最低年収
Rubyエンジニア 863万円 1800万円 360万円

 

 

Rubyのフリーランスエンジニアの年収詳細は下記Rubyのフリーランスエンジニアの月額単価を年ベースで算出したものです。(フリーランススタート 調べ/2020年8月時点)
フリーランススタート Rubyのフリーランス求人・案件 月額単価相場では、Rubyの平均月額単価が71.9万円、Rubyの中央値月額単価が75万円、Rubyの最高月額単価が150万円、Rubyの最低月額単価が30万円となっています。

 

また、Rubyエンジニア実務経験年数別のフリーランス求人・案件の単価相場を見ていきましょう。
Ruby経験1年程度の初級エンジニアの25万からRuby経験5年以上の上級エンジニアの70万までと非常に幅広いです。
Rubyでの開発経験が5年以上になると平均単価も80万円以上で活躍できることが多く、年収1000万円を超える可能性が大いにあります。

 

Rubyフリーランス求人・案件はJava、PHP、Python、JavaScript、Perlなど他プログラミング言語と比較して比較的高単価であると言えるでしょう。
これまでのRubyフリーランスエンジニア参画求人・案件の実績から、経験年数別の相場単価をまとめました。(フリーランススタート調べ/2020年8月時点)
※独自調査であるため、あくまで目安としてお考え下さい。 
 

Ruby案件のフリーランスでの相場単価
Ruby案件のフリーランスでの相場単価

 

Ruby経験1年未満 25万円~30万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験1年 40万円~55万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験2年 50万円~65万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験3年 55万円~70万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験4年 70万円~85万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験5年以上 70万円~100万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験1年未満 25万円~30万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験1年 40万円~55万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験2年 50万円~65万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験3年 55万円~70万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験4年 70万円~85万円/月(週5常駐案件の相場単価)
Ruby経験5年以上 70万円~100万円/月(週5常駐案件の相場単価)

 

Ruby案件にて参画中または営業中のRubyエンジニアは自身の現在単価と相場単価を比較してみましょう。

 

Ruby経験年数に対して相場単価から大きく下回るようでしたら、求人・案件や営業をお願いしているフリーランスエージェントの変更または単価交渉なども検討に入れるべきです。
フリーランス求人・案件やフリーランスエージェントの変更を行うだけで、単価が月10万アップしたという話は良く耳にします。月10万の単価アップを年収に換算すると100万以上の差が生まれます。

Rubyフリーランス求人・案件にて参画中または営業中のRubyフリーランスエンジニアは自身の現在単価と単価相場を比較してみましょう。

 

Ruby実務経験年数に対して単価相場から大きく下回っている場合、参画するフリーランス求人・案件や現在活用しているフリーランスエージェントの変更またはフリーランスエージェントで求人・案件を紹介してくれる担当者に単価交渉をしてみると良いでしょう。

 

他にも数あるフリーランスエージェントを見てみたい方はこちらから→

 

Rubyエンジニアとしてフリーランス求人・案件を早速ご覧になりたい方はこちらから↓

 

Rubyフリーランス求人・案件はこちら
Rubyフリーランス求人・案件はこちら

 

 

 

6.Rubyフリーランス求人・案件の数


この章では、Rubyフリーランス求人・案件数を解説していきます。

フリーランススタートで公開されている開発言語・スキルを分析してみると、Rubyは2,514件です。(※フリーランススタート調べ/2020年8月)

 

なお、実際にRubyフリーランス求人・案件を公開しているフリーランスエージェントはどこなのか?
フリーランススタート上で公開されているRubyフリーランス求人・案件数をまとめました。(2020年8月時点)

Rubyを保有しているフリーランスエージェント
Rubyを保有しているフリーランスエージェント

 

Rubyのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが197件、ギークスジョブが152件、テクフリが120件、techtreeが92件、フォスターフリーランスが47件、ビズリンクが44件、TechStockが43件、スキルコネクトが36件、Midworksが31件、PE-BANKが18件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年08月)

 

Rubyのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランスギークスジョブテクフリであることがわかります。

 

フリーランスエージェント各社はフリーランススタートで公開中のRubyフリーランス求人・案件だけでなく、非公開のRubyフリーランス求人・案件を数多く保有しています。

 

非公開求人・案件はまだインターネットに出回らない優良なRubyフリーランス求人・案件が多いため、複数フリーランスエージェントに登録し、定期的に非公開のRubyのフリーランス求人・案件情報を取得してみるのも良いのではないでしょうか。

 

Ruby相場単価を把握するために需要や市場動向を理解することが大切です。
RubyはECなどのWebサイト制作、SNS開発、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、SaaS開発、機械学習を含むAI(人工知能)開発などを開発する事ができます。

 

Rubyエンジニアの今後の需要は他プログラミング言語のフリーランスエンジニアと比較すると安泰する可能性は高いでしょう。
その理由は、Rubyが様々な開発に活用できることや、Github、Hulu、Airbnb、スマートニュースなど有名プロダクトに使用されているなどが挙げられます。上記理由により新規開発求人・案件やリプレイス求人・案件が一定数存在することが予想でき、需要が安泰する高いでしょう。

 

さらにdodaが出している転職求人倍率レポート(2020年6月)において、技術系(IT・通信)の有効求人倍率は7.05倍とITエンジニアがもともと不足していることも、Rubyエンジニアのニーズ拡大を後押ししている理由でしょう。
その為Rubyフリーランスエンジニアは比較的希望する単価でフリーランス求人・案件を受注しやすいです。
もし経験年数に対する単価相場が大幅に異なっている場合、求人・案件の変更やフリーランスエージェントの変更など、自身で営業手法を一度見つめ直して見ることをおすすめします。

 

 

 

7.Rubyフリーランス求人・案件は浅い商流で参画すれば高単価


手数料(マージン)を取るSIerやフリーランスエージェントなどの中間企業の数を減らせば減らすほど、Rubyフリーランス求人・案件の単価はアップします。

下記の商流を目安にRubyフリーランス求人・案件を探しましょう。

 

エンド企業 → フリーランスエージェント → フリーランスエンジニア

Ruby案件のオススメ商流
Ruby案件のオススメ商流

 

ここで「エンド企業 → フリーランスエンジニアの商流が最も良いじゃないか!」と思った方もいると思います。
もちろん金額的に見れば最も効率の良い商流ですし、直接知人やご自身の信頼できる方からの紹介の求人・案件は積極的にエンド企業から直接受注するべきです。

ですが、訴訟のリスク、営業工数がかかりすぎるリスクなどを考慮に入れた際に、やはりフリーランスエージェント企業を1社商流に挟む事をおすすめします。

つまり、手数料(マージン)を払うことでリスク・営業工数・事務工数などを肩代わりしてもらうのです。

 

 

 

8.Rubyフリーランス求人・案件で高単価を獲得するために必要な5つの経験


Rubyフリーランス求人・案件で高単価を獲得するために必要な5つの経験を解説していきます。
Rubyフリーランス求人・案件で高単価を目指すためには、Ruby開発経験と熟練度のアップが欠かせません。
その上で下記のようなことに経験したり、意識付けることで、高単価でRubyフリーランス求人・案件を受注する事が出来ます。
 

Ruby以外の他プログラミング言語の実務開発経験/知識

Rubyエンジニアとして、Ruby以外の他プログラミング言語の実務開発経験/知識があることにより、高単価を獲得出来る可能性があります。
Ruby以外に、Java、JavaScript、PHP、Python、Perl、C#、HTML/CSSなど、他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
その他、Rubyでの開発環境で頻繁に使用する開発スキルの経験や知識を持っているとより良いでしょう。

 

例えば、Ruby on Rails、Sinatra、PadrinoなどRubyフレームワークの実務経験/知識、LAMP環境を用いた実務経験や知識、SQL、MySQL、Gitを用いた実務経験や知識、Linux、Windowsなどを用いたOS知識、AWSなどのIaaSを用いた実務経験や知識など、より多くの実務経験があると高単価でRubyフリーランス求人・案件に参画出来るでしょう。

 

上流工程やマネジメントの開発経験

Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するために、上流工程やマネジメントの開発経験が必要です。
要件定義や設計などの上流工程経験やマネジメント経験を打ち合わせ時にアピールする事で、実装だけでなく上流工程での参画が想定されるため、希少性が高くなり、高単価フリーランス求人・案件に参画しやすくなります。

 

業界/業務知識ごとの専門知識

Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するために、業界/業務ごとの専門知識が必要です。
各フリーランス求人・案件に該当するもしくは類似する業務や業界ごとの専門知識を打ち合わせ時にアピールする事で、高単価になる可能性があります。SNS、EC、CtoC、IoT、RPA、ブロックチェーン、機械学習や深層学習(ディープラーニング)を含むAI(人工知能)、Fintech、DX(デジタルトランスフォーメーション)、HR Techなど

 

Rubyフレームワークを使用した開発経験

Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するために、Rubyフレームワークを使用した開発経験が必要です。
Rubyには以下のようなフレームワークがあります。

 

-Ruby on Rails
-Sinatra
-cuba microframework
-Ramaze
-HANAMI
-Padrino

 

各フリーランス求人・案件に該当するもしくは類似するRubyフレームワークを使用した開発経験を打ち合わせ時にアピールする事で、高単価になる可能性があります。

 

大規模なシステム開発の経験 

Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するために、大規模なシステム開発の経験が必要です。
Rubyでの大規模システム開発経験を通して得た

 

 - 大量アクセスの分散やシステム設計
 - Linux/UNIXコマンドを活用した負荷調査

 

などの経験をアピールしましょう。

 

 

 

9.Rubyにおける今後の市場動向


Rubyにおける今後の市場動向について解説していきます。
今後フリーランス業界でRubyエンジニアはどうなっていくのでしょうか?

 

Rubyは技術としても安定しており、開発エンジニアの人口が多いため、今後もニーズが減少することはないでしょう。
Rubyのニーズが減少することがない理由として、
RubyはECなどのWebサイト制作、SNS開発、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、SaaS開発、機械学習を含むAI(人工知能)開発などを様々な開発に活用できること、A SMALL PLACE TO DISCOVER LANGUAGES IN GITHUBで2020年第2期で第7位に位置しているプログラミング言語であることが挙げられます。

 

IT市場を分析し、Rubyエンジニアのニーズが減少しない理由を見ていきましょう。
Web業界の市場規模は2010年の9.9兆円から2020年47.2兆円にまで成長すると予測されており、この10年間で4.5倍もの成長を遂げると予想されています。
また、リサーチ企業のGartner(ガートナー)は2020年1月、世界IT支出に関する最新の予測を発表しています。調査結果によると2020年の世界IT支出は、2019年の約3兆8000億ドル(約417兆8000億円)から約3兆9000億ドル(約428兆8000億円)へと増加する見込みとのことです。2020年の成長の牽引役は、前年比10.5%の成長が見込まれているエンタープライズソフトウェアとのことです。さらにGartner(ガートナー)は、2021年に世界IT支出が4兆ドル(約439兆8000億円)を突破すると見込んでいます。

 

さらに、AI(人工知能)、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーン、xR、5GなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Rubyエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。2030年まで最大で79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。

 

上記Rubyが活用できる開発の幅やIT業界の市場動向を考慮すると、Rubyエンジニアのニーズは減少することはないと言えるでしょう。

 

 

 

10.まとめ


今回は、Ruby(プログラミング言語)に絞り、Rubyフリーランス求人・案件の種類、Rubyにおける在宅・リモートのフリーランス求人・案件の有無、Rubyエンジニア未経験で参画出来るフリーランス求人・案件の有無、Rubyフリーランス求人・案件の単価相場や求人・案件数、Rubyフリーランス求人・案件の商流、Rubyエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画するスキル、Rubyの市場動向について、詳しく解説していきました。

 

今後もRubyフリーランス求人・案件の数は市場拡大に伴って増加していく可能性が大いにあります。
そのため、相対的にRubyエンジニアのニーズも高まっていくでしょう。 

多くのRubyで活躍しているフリーランスを含むエンジニアやRubyに興味のあるエンジニアにとって本記事がお役に立てましたら幸いです。 

 

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト「フリーランススタート」に少しでも興味がある方は是非ご登録ください。

 

Rubyフリーランス求人・案件はこちら
Rubyフリーランス求人・案件はこちら
twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

Rubyのフリーランス求人・案件

新着フリーランス求人・案件

おすすめフリーランス求人・案件