PE-BANKの基本情報

契約形態

対応エリア・地域

対応職種

特徴

支払いサイト

20~60日

手数料(マージン)

契約回数毎に変動:12%(1回~12回),10%(13回~24回),8%(25回以上)

PE-BANKの基本分析

月額単価別の公開求人・案件数

平均単価

65.9万円

中央値単価

62.0万円

PE-BANKのサービス概要

PE-BANKは株式会社PE-BANKが運営するフリーランスエンジニア専門エージェントです。
1989年に設立された首都圏コンピューター技術者共同組合が前進で日本で最も古いフリーランスエンジニアを支援する企業です。
フリーランスエージェントと契約する際に一般的な商流に介在する業務委託契約ではなく、
クライアント企業から案件を共同受注する仕組みで運営することで、案件情報や契約内容に全て透明性があります。

PE-BANKの登録メリット・おすすめポイント

  • 日本全国に豊富なフリーランス案件を保有

    PE-BANKは日本全国に常時50000件以上のフリーランス案件を保有しおり、取引社数は1000社を超えます。契約中のフリーランスエンジニアは1945名(2018年8月時点)に登り、まさに国内で最大規模のフリーランスエンジニアエージェントです。

  • 手数料(中間マージン)を完全公開

    PE-BANKは共同受注という仕組みでクライアント企業からの発注金額や手数料(中間マージン)を完全に公開しています。これまでの「合計契約月数」によって手数料は変動し、12%(1~12ヶ月),10%(13~24ヶ月),8%(25ヶ月以上)と長く働くほど、フリーランスエンジニアに報酬が還元されて行く仕組みです。契約金額が公開されている事で自身のフリーランスエンジニアとしての本当の市場価値を知る事が出来ます。また稼働後の報酬金額の確認は専用の管理画面から出来ます。法人契約をしている場合は請求書でのやりとりになります。

  • 独自の共済会制度と充実の福利厚生

    PE-BANKはフリーランスエンジニアの保障に力を入れることで、全てのエンジニアが安心して仕事できる環境を作る事を目指しています。PE-BANKと契約する事で、共済会に月々2500~12850円で入会することが可能です。

    共済会の内容:
    ・所得補償手当て
    ・生命共済
    ・がん共済
    ・入院日額手当て
    ・連鎖倒産防止制度
    ・事業資金/起業支援貸付制度
    ・資格取得支援制度
    ・慶弔金制度

    福利厚生も充実しており、フリーランスエンジニアとして安心して働く環境がPE-BANKには整っています。


    福利厚生内容(一部):
    定期健康診断負担(本人と配偶者分)
    インフルエンザ予防接種補助(本人と同居される家族2名)
    無料で確定申告や税務の相談が可能
    受験料全額負担の資格取得サポート
    対象の書籍購入・セミナー・英会話が割引になるスキルアップ支援
    フィットネスやテーマパーク入場料の補助金を支給
    対象の不動産仲介手数料20%OFF
    ITフリーランス向けクレジットカードお申し込み

株式会社PE-BANK

資本金

3億1,295万円

設立

平成元年5月1日

代表者名

櫻井多佳子

従業員数

106人(契約社員含む)※2018年8月末日現在

事業内容

PE-BANK事業/IT個人事業主への共同受注による営業支援、福利厚生、スキルアップ制度などの提供

電話番号

-

住所

東京都港区高輪2-15-8 グレイスビル泉岳寺前

アクセス

都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」徒歩1分