COBOL転職事情とは?COBOLエンジニアの転職需要や資格など解説!

2020.10.11

今後COBOLを習得してCOBOLエンジニアとして転職を希望している方もいるのではないでしょうか。
COBOLが未経験な初心者にとって転職できるのか心配になる方もいるかと思います。
COBOLエンジニアの転職事情はどうなのでしょうか。


今回の記事ではCOBOLエンジニアの転職ニーズ、COBOLエンジニアの求人・案件情報、COBOLエンジニアの年収、COBOL未経験からの転職は出来るのか、COBOLエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント、転職する上でおすすめの資格、COBOLエンジニアとして転職する方法、COBOLエンジニアとしておすすめのフリーランスエージェント紹介を解説していきます。


仕事でCOBOLを使用したい方には、必ず役に立つ情報が詰まっているので、ぜひ参考にしてみてください。


特に下記の方にこの記事を一読していただきたいです。
・COBOLエンジニアの転職事情を知りたい方
・COBOLエンジニアとして既に活躍をされている方
・COBOLエンジニアを将来的に検討している方
・COBOLエンジニアに興味/関心がある方
・現時点でITエンジニアの方

<目次>
1.COBOLエンジニアの転職ニーズ
2.COBOLエンジニアの求人・案件情報
3.COBOLエンジニアの年収
4.COBOL、未経験からの転職は出来る?
5.COBOLエンジニアに転職する上で抑えておくべきポイント
COBOL以外のプログラミング言語も習得
COBOLエンジニアとして職務経歴書を作成
資料作成能力を向上させる
6.COBOLエンジニアとして転職する上でおすすめの資格
応用情報技術者試験
システムアーキテクト試験
7.COBOLエンジニアとして転職する方法
フリーランスエージェントを活用する
転職サイトを活用する
転職エージェントを活用する
8.まとめ

 

 

 

1.COBOLエンジニアの転職ニーズ


この章ではCOBOLエンジニアの転職ニーズについて、解説していきます。

まずはCOBOLがどのようなプログラミング言語なのか、どの開発に適しているのかを解説していきます。

 

COBOLは、1959年にアメリカで生まれた事務処理用に開発されたプログラミング言語です。
COBOLは事務処理用の高級言語として開発され、人間の文法に近く理解しやすいことから、利用者が世界中に増え、現在も基幹システムや事務処理のシステムで活用されています。

 

COBOLの特徴として、事務処理用システムでよく使用されていること、可読性が高いこと、保守性に優れていること、英語に近い記述コードでプログラミング出来るため初心者でも比較的習得しやすいこと、WindowsやUNIX、Linuxで利用可能であること、規格統一が行われていることなどが挙げられます。

COBOLは金融・証券・保険業界などのシステム構築・運用保守・監視・アプリケーション開発に適しています。

 

結論から述べると、COBOLエンジニアとして転職ニーズはあります。

 

汎用機は、2000年代までにクライアントサーバーシステムに変わったものの、今なお銀行や保険会社などの金融系システムや官公庁システムはCOBOLで開発されたシステムを使用しています。
例えば、2019年に大規模システム移行したメガバンクグループでは、現在もなお汎用機を継続採用しています。

 

また、クラウド環境への移行が現状進んでいますが、COBOLを活用できるソリューションが登場したり、システム移行自体も数年単位と非常に大規模です。
そのため、COBOLエンジニアが参画(アサイン)できる求人・案件は豊富にあり、転職ニーズはいまだに高いです。

 

 

 

2.COBOLエンジニアの求人・案件情報


この章では、COBOLエンジニアの求人・案件情報について解説していきます。

 

フリーランススタートにおけるCOBOLフリーランス求人・案件数は5,297件です。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
COBOLフリーランス求人・案件数は、フリーランススタート上で公開されている144,651件のフリーランス求人・案件の中でも一定数の求人・案件が存在しています。そのため、ニーズはあることがわかります。

前述した通り、COBOLは金融・証券・保険業界などのシステム構築・運用保守・監視・アプリケーション開発など、様々な開発に使用されていることもニーズがある理由の1つでしょう。

 

では、フリーランススタート内でCOBOLを保有しているフリーランスエージェントを見てみましょう。

COBOLを保有しているフリーランスエージェント
COBOLを保有しているフリーランスエージェント

 

COBOLのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が284件、FREE-DAが200件、at-engineerが117件、スキルコネクトが54件、Juntoが46件、TechStockが40件、PE-BANKが38件、レバテックフリーランスが35件、indecoが34件、Midworksが15件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

COBOLのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはSEES(シーズ)FREE-DAat-engineerであることがわかります。

興味があるエンジニアの方はCOBOLを豊富に保有している各フリーランスエージェントをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

 

3.COBOLエンジニアの年収


この章ではCOBOLエンジニアの年収について解説していきます。

COBOLのフリーランスエンジニアの年収詳細です。

職種名 平均年収 最高年収 最低年収
COBOLエンジニア 628万円 1800万円 300万円

 

COBOLの平均年収が628万円、COBOLの最高年収が1,800万円、COBOLの最低年収が300万円です。(フリーランススタート 調べ/2020年10月時点)
COBOLのフリーランスエンジニアの年収詳細は下記COBOLのフリーランスエンジニアの月額単価を年ベースで算出したものです。

 

フリーランススタート COBOLのフリーランス求人・案件 月額単価相場では、COBOLの平均月額単価が59.6万円、COBOLの中央値月額単価が60万円、COBOLの最高月額単価が150万円、COBOLの最低月額単価が25万円となっています。

 

会社員エンジニアの平均年収は約469万円と言われています。

 

COBOLについて、より詳しく年収について知りたい方は下記記事をご一読ください↓
COBOLエンジニアの年収とは?エンジニアの年収比較や年収アップの方法を解説

 

なおCOBOLのフリーランス求人・案件の詳細が知りたい方はこちらから↓

 

COBOLフリーランス求人・案件
COBOLフリーランス求人・案件

 

COBOLエンジニアとして上手く転職する際のポイントを知りたい方は「5.COBOLエンジニアに転職する上で抑えておくべきポイント」をご覧ください。

 

 

 

4.COBOL、未経験からの転職は出来る?


COBOL、未経験からの転職は可能かどうかについて解説していきます。

 

COBOLは未経験でも転職することは可能ですが限られた方のみです。
フリーランススタートで未経験のCOBOLフリーランス求人・案件はほとんど無いです。(フリーランススタート 調べ/2020年10月時点)

 

前述で限られた方のみと伝えた理由を解説していきます。
未経験は、2種類に分けることが出来ます。
COBOL自体は習得していないが、既にJava、PHP、C言語、C++、JavaScript、Ruby、Python、VB、VBA、VB.NETなど他プログラミング言語を活用してエンジニアの実務経験がある方とCOBOLを含むプログラミング学習自体初めてであり、エンジニアも未経験の方です。

 

前者の場合、COBOL自体が未経験ですが、既にエンジニアとして開発(実務)経験があるため、転職やプロジェクトなどに参画出来る可能性は大いにあります。
後者の場合、COBOLの学習からスタートするため、この段階での転職は無謀でしょう。

 

プログラミング言語学習自体が初めての場合、まずCOBOLを学習出来る環境を整えることから始めてみましょう。

 

COBOLの学習をする場合、独学の場合とプログラミングスクールで学習する場合の2パターンに分けられます。
現在では、オンラインで学習できるプログラミング学習サービスやプログラミング言語未経験からエンジニアとして転職するまでしっかりサポートしてもらえたり、メンターが付いているプログラミングスクールが数多くあります。
そのため、プログラミングスクールでCOBOLを学習することをおすすめします。

 

早速、COBOL学習が可能なおすすめのプログラミングスクールを見てみる場合はこちらから↓

プログラミングスクールおすすめ25選!エンジニアとして転職・就職したい方必見

 

なお、既にプログラミングスクールや独学でCOBOLの学習を開始しており、ある程度COBOLが身についている方は、学習継続と同時にクラウドワークスランサーズココナラなどクラウドソーシングサービス、タイムチケットなどのシェアリングエコノミーサービスを活用して開発出来そうな求人・案件を探してみましょう。
実戦で開発することにより経験値がつくだけでなく実績も重ねることができ、ポートフォリオや職務経歴書が作りやすいです。

 

 

 

5.COBOLエンジニアに転職する上で抑えておくべきポイント


この章では、COBOLエンジニアに転職する上で抑えておくべきポイントを解説していきます。
以下の内容にも取り組んでおくと市場価値の高いCOBOLエンジニアとして評価されやすいため、特にCOBOLエンジニア初心者は必読です。

 

COBOL以外のプログラミング言語も習得

COBOL以外のプログラミング言語も習得することを転職する上で抑えておきましょう。

 

COBOLエンジニアとして活躍したいなら、COBOL開発で頻繁に使用されるプログラミング言語を習得しておきましょう。例えばJava、VB、VBA、VB.NETなどを頻繁に使用する事が多いです。またC#、C++、JavaScript、PHP、Python、Rubyなど、他プログラミング言語を習得しておいても良いでしょう。

 

その他、SQLやPL/SQL、shell、AS/400などの開発経験や知識、Oracle、DB2、IMS、HiRDBなどデータベース関連開発経験や知識、Windows、Linux、UNIX、z/OSなどOSの実務経験や知識、金融/証券/保険などの業界知識などがあることによりを多く持ち合わせておくと希少性の高いCOBOLエンジニアとして企業側に評価されやすいです。

 

さらに汎用機からオープン系システムへ移行している求人・案件も豊富にありオープン系システムのスキルも備えておきましょう。

 

 

COBOLエンジニアとして職務経歴書を作成

COBOLエンジニアとして職務経歴書を作成することを転職する上で抑えておきましょう。

 

自身の持っているCOBOLスキルやCOBOL開発で頻繁に活用する周辺スキルを証明出来るように、COBOLやその周辺スキルを使いどのような成果を達成してきたのか、職務経歴書を作っておくと良いでしょう。
転職の面接時に企業側の担当者がスキルレベルを把握出来ることにより、どのポジションで活躍出来そうかイメージしやすいです。

 

エンジニア向けの職務経歴書の書き方を教えて!と思った方は下記記事をご一読ください↓
フリーランスの経歴書(履歴書・職務経歴書)の書き方教えます。

 

 

資料作成能力を向上させる

資料作成能力を向上させることも転職する上で抑えておきましょう。

 

COBOLエンジニアとして転職し就業した際、仕様、開発計画、進捗状況などをPM(プロジェクトマネージャー)やPL(プロジェクトリーダー)、コンサルタントに情報共有にすることもあります。
滞りなくに情報共有が行えるように資料の作成方法や、理論立てて相手にコミュニケーションし提案できるように日々勉強しておきましょう。

 

 

 

6.COBOLエンジニアとして転職する上でおすすめの資格


この章では、COBOLエンジニアとして転職する上でおすすめの資格を紹介します。
COBOLエンジニアとして興味/関心のある資格がある場合、詳細をしっかりと調べてみましょう。

 

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格で、ワンランク上の知識・技能が問われます。

 

応用情報技術者試験を勉強することにより戦略立案、コンサルティング技法、システムアーキテクチャ、ITサービスマネジメント、PM(プロジェクトマネジメント)、インフラ、組込みシステム開発、情報システム開発、情報セキュリティ、システム監査など幅広い知識を身に付けることが出来ます。
応用情報技術者試験を取得することにより、スキルや管理まで幅広い知識と応用力を身に付けたCOBOLエンジニアであることの証明になるため、COBOLエンジニアとしておすすめの資格です。

 

応用情報技術者の資格を保有していると、スペシャリスト系試験の午前試験や国家資格の中小企業診断士試験、弁理士試験、技術士試験なども一部免除されるため、取得する価値はあります。

 

 

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は経済産業省が認定するIT系国家資格の1つです。

 

システムアーキテクト試験は、システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。
システムアーキテクト試験の資格を取得することにより要件定義、外部設計、システムテスト、組み込みシステム、IoT関連の知識や理解が身につきます。

 

またシステムアーキテクト試験を取得することにより、システム開発における上流工程の理解の証明になるため、上流工程を経験したいCOBOLエンジニアに対しておすすめの資格です。
なお、システムアーキテクト試験の合格率は平均合格率15%ほどで、2019年秋試験実績では15.3%です。

 

COBOLスキルは資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能です。
しかし転職において一番重要視すべきことは、COBOLの実務経験やCOBOLを活用したシステム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。

 

そのためCOBOL関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
COBOLエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。

 

 

 

7.COBOLエンジニアとして転職する方法


この章では、COBOLエンジニアとして転職する方法を解説していきます。
転職する方法は主に以下3つになります。それぞれ詳しくみていきましょう。

 

・フリーランスエージェントを活用する
・転職サイトを活用する
・転職エージェントを活用する

 

フリーランスエージェントを活用する

COBOLエンジニアとして転職するために、フリーランスエージェントを活用する方法があります。

 

フリーランスエージェントは、エンジニアのために最適な求人・案件の提案から、クライアントへの営業、契約締結までの業務を全て代行してもらえるサービスやその運営会社を指します。

 

フリーランスエージェントは、具体的にエンジニアの希望求人・案件の紹介やクライアント企業との面談同席、スキルシートや経歴書の添削、トラブル対応、新規や継続契約時の契約処理や請求書類作成の代行など行います。
さらに希望するエンジニアには商談の練習などを行います。その他フリーランスエージェント毎、正社員にも負けないほどの充実した福利厚生制度があったり他エンジニアとの交流会や確定申告など税金関係のサポートなど特長があります。

 

フリーランスエンジニアとして転職を検討している方、フリーランスとしてCOBOLスキルを向上させたいエンジニア、高収入を希望しているCOBOLエンジニア、様々な開発を経験し自身を成長させたいCOBOLエンジニア、在宅ワークやリモートワークを希望しているCOBOLエンジニアなどはフリーランスエージェントを活用してみましょう。

 

早速、おすすめのフリーランスエージェントを覗いてみる方はこちら

 

 

転職サイトを活用する

COBOLエンジニアとして転職するために転職サイトを活用する方法があります。

 

転職サイトとは、求人が豊富に閲覧でき、その求人の中から自身に見合ったものに応募できるサービスやプラットフォームです。
大手転職サイトのリクナビNEXTやマイナビ転職、en転職、dodaでは常時全国1万前後の求人情報が掲載されています。

 

転職サイトのメリットは閲覧できる求人・案件が豊富であること、会員ページがついており、エンジニア自身の転職活動状況やスケジュールを確認できること、好きな時期に転職活動が出来ることが挙げられます。

 

大手転職サイトでも良いですが、エンジニアに特化した転職サイトがあります。
代表的なエンジニアに特化した転職サイトは、Green(グリーン)、paiza転職、Wantedly(ウォンテッドリー)、転職ドラフトなどが挙げられます。
他にもエンジニアに特化した転職サイトは多数存在します。

 

エンジニアとして様々な転職サイトを見てみたい方は下記記事をご一読ください↓
エンジニアの転職に強いおすすめの転職サイト•転職エージェント39選【2020年完全版】

 

 

転職エージェントを活用する

COBOLエンジニアとして転職するために転職エージェントを活用する方法があります。

 

転職エージェントは転職を希望している方に対して専任キャリアコンサルタントが付き、希望の求人・案件のヒアリングから、求人・案件情報の紹介/提案、履歴書/職務経歴書の添削、企業の面接対策のサポートまで転職活動を丁寧にアドバイス、サポートをしてもらえるサービスです。

転職エージェントを利用するメリットは、転職サイトなどには載っていない独自案件や非公開情報などを教えてくれたり、転職に対するアドバイスをしてもらえること、年収の交渉などを行ってくれることなどが挙げられます。

 

転職エージェントとしてリクルートエージェント、マイナビエージェントなどあります。
転職エージェントでも良いですが、エンジニアに特化した転職エージェントがあります。

 

代表的なエンジニアに特化した転職エージェントは、レバテックキャリア、キープレイヤーズ(KeyPlayers)、Geekly(ギークリー)、Tech Stars Agent(テックスターズエージェント)などがあります。
他にもエンジニアに特化した転職エージェントは多数存在します。

 

COBOLエンジニアとして転職エージェントを活用してみたい方、転職活動をどのように行ったら良いか分からないCOBOLエンジニア、現職が多忙だけど転職する時間があまり取れないCOBOLエンジニアなどは転職エージェントの活用を検討してみてください。

 

 

 

8.まとめ


今回は、COBOLエンジニアの転職ニーズ、COBOLエンジニアの求人・案件情報、COBOLエンジニアの年収、COBOL未経験からの転職は出来るのか、COBOLエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント、転職する上でおすすめの資格、COBOLエンジニアとして転職する方法について詳しく解説していきました。

 

本記事において、様々な観点からCOBOLにおいて解説してきましたが、IT市場動向などを見ても5年~10年ほどはCOBOLのニーズが無くなる可能性は極めて低いでしょう。

 

COBOLエンジニアとして転職をする場合、まず行動に移すのではなくしっかりとIT市場動向を確認したり、下調べを満遍なく行うことをおすすめします。
下調べを行うことにより、短期間でCOBOLエンジニアとして活躍できる可能性が高まります。

 

COBOLエンジニアとしてフリーランスでの活躍を検討している方は、まず実績を残した後や実務経験を数年間積んだ後チャレンジしてみましょう。
また、キャリアアップすることを考え、行動するようにしましょう。
COBOLエンジニアとして現状活躍しているから満足するのではなく、常に新しい開発スキルを習得し、COBOLエンジニアからスペシャリスト、PM(プロジェクトマネージャー)、PMO、ITアークテクト、コンサルタントなど、様々な職種へ興味を持つことも良いかと思います。

 

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト「フリーランススタート」に少しでも興味がある方は是非ご登録ください。


なお、フリーランススタートはiOSアプリ版も2020年6月にリリースしています。

通勤しているエンジニア・デザイナーでちょっとしたスキマ時間で手軽にフリーランス求人・案件を検索したい、開発言語の単価が知りたい、フリーランスを将来的に検討している方などは是非インストールしてみてください。

フリーランススタートのアプリを有効活用して、フリーランスとして第一線で活躍しましょう!

 

フリーランススタート iOSアプリのインストールはこちらから

 

 

本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

COBOLのフリーランス求人・案件

新着フリーランス求人・案件

おすすめフリーランス求人・案件