JavaScriptの副業案件を獲得する方法とは?JavaScriptエンジニアの仕事を詳しく解説!

2020.01.06

2018年1月より副業が出来るように就業規則の修正があったり、2019年政府が打ち出した働き方改革の推進により副業を認める企業や副業を希望する方が年々増加しております。
そんな今回はJavaScriptエンジニアが副業案件を獲得する方法について詳しく解説していきます。特に副業においてプログラミング言語のJavaScriptを使用するのであれば、正しい仕事の探し方や案件毎の特徴を把握しておくことが必要です。さらにJavaScriptの副業において必要なスキルなども解説していきます。


特に下記の方にこの記事を一読していただきたいです。
・JavaScriptでの副業を今後検討している方
・JavaScriptでの副業を現時点でされている方
・JavaScriptエンジニアに興味がある方
・フリーランスを今後検討している方
・フリーランスを現時点でされている方
・フリーランスエージェントを1度も活用したことがない方
・在宅ワークを今後検討/興味がある方

1.JavaScriptとは?
2.JavaScript副業の業務内容とは?
3.JavaScript副業案件を獲得するために必要なスキルとは?
4.JavaScript副業案件の探し方とは?
5.まとめ

 

 

 

1.JavaScriptとは?


JavaScriptはオブジェクト指向のスクリプト言語のひとつです。
現在ほとんどのWebシステム開発に用いられ、動きのあるリッチなUIを実現する際に、HTML/CSSだけでなくJavaScriptを用います。現在ではサーバーサイドで動作するNode.jsの他、Adobe Acrobat、Yahoo! ウィジェットエンジン、組み込みコンピューターなど様々な開発で使用されています。
今後JavaScriptの進化によりWebサイトだけでなく、スマートフォンアプリの開発などにも用いられるようになり、さらなるニーズが生まれることが予想されます。
JavaScriptで開発されたサービスはGoogleマップ、メルカリ、はてなブログ、ビズリーチなどがあります。
JavaScriptに使用するフレームワークはAngular(AngularJS)、Vue.js、React(React.js)、React Native、Knockout.js、Backbone.jsなどがあります。

 

 

 

2.JavaScript副業の業務内容とは?


JavaScriptの副業における業務内容は下記のような求人・案件があります。

 

・Webアプリ開発エンジニア
・システム開発エンジニア
・ブロックチェーン開発エンジニア
・ゲーム開発エンジニア
・ECサイト開発エンジニア

 

JavaScriptを使用した副業案件は単価やスキルレベルによって選択出来る幅が異なります。自身のレベルに合ったJavaScriptの副業案件を探しましょう。

 

 

 

3.JavaScript副業案件を獲得するために必要なスキルとは?


JavaScriptの副業案件を獲得するために必要なスキルを解説していきます。

 

Webアプリ開発スキル
JavaScriptを利用して副業をする際にWebアプリ開発スキルは必要になります。
JavaScriptの副業案件はSNSサービス、BtoCサービス、CtoCサービスなどのフロントエンド・サーバサイド開発があります。
JavaScript開発経験年数やスキルセットによって参画できる副業案件は異なります。JavaScript開発経験が1年未満でも参画可能な副業案件があったり、JavaScript開発経験10年以上で参画可能な副業案件があります。
JavaScriptを利用した副業案件をこなし、スキル向上すると高単価を得られることも可能になるでしょう。
JavaScriptはAngular(AngularJS)、Vue.js、React(React.js)、React Nativeなどのフレームワークを使用することが多く、Java、PHP、Ruby、Perl、Python、Linux、AWS、Oracleなどの開発スキルがあると副業案件の幅が拡大するでしょう。
JavaScriptの実務経験が未経験の方は副業案件に参画出来ますが、Java、PHP、Rubyなど、他プログラミング言語の知識が深いことや経験、実績が豊富であることが必要です。

 

 

ECサイト開発スキル
JavaScriptを利用して副業をする際にECサイト開発スキルは必要になります。
JavaScriptの副業案件は個人開発よりもチーム開発が多く、小規模から大規模のものまで幅広く存在するため、単価も幅広く設定されている傾向にあります。
ECサイト開発スキルの中でも、PHPやHTML/CSS、MySQL、Apache、Linuxなどの開発スキルがあると副業案件の幅が拡大するでしょう。
週末のみの稼働を想定した副業の場合、稼働量の問題が出てくる可能性もあります。

 

 

システム開発スキル
Webサービスや広告配信システム開発はJavaScriptを活かした開発スキルが必要です。 
JavaScript開発経験年数やスキルによって参画できる副業案件は異なります。JavaScript開発経験が1年以上で参画可能な副業案件やJavaScript開発経験10年以上で参画可能な副業案件があります。
JavaScriptはNode.jsを使用する環境や、Vue.js、React(React.js)、Angular(AngularJS)などのフレームワークの使用・PHP、Ruby、Java、Perl、Python、PostgreSQL、AWSなどの開発スキルがあると副業案件の幅が拡大し、高単価を獲得することが出来るでしょう。
JavaScript開発スキルが未経験の場合、参画することは難しいでしょう。

 

 

 

4.JavaScript副業案件の探し方とは?


JavaScriptを使って副業案件探しをするためには、仕事の探し方を知らなくてはいけません。
副業を始める前にいくつかの手段を把握しておけば、そのまま効率良く案件に参画することが出来るでしょう。JavaScriptを活用した副業案件を探す方法は、以下のようなものがあります。

 

・フリーランスエージェントを活用した仕事探し
・周囲から仕事をもらう
・クラウドソーシングの活用
・オンラインからのスカウト

 

 

・フリーランスエージェントを活用した仕事探し

仕事を斡旋してくれるフリーランスエージェントを活用して、JavaScriptの副業案件に参画する方法があります。
フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが自身の開発スキルに見合った副業案件探しをサポートしてくれます。自身のJavaScriptスキルの開発経験が浅い方から10年以上のJavaScript開発スキルがある方など、多くのJavaScriptエンジニアの方が活用しています。JavaScriptを活用した副業案件探しを効率良く行いたい方や今後検討している方、既に案件に参画している方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては確定申告サポートや技術向上のための勉強会など充実した福利厚生があります。
いくつかオススメのフリーランスエージェントをお伝えします。

副業案件を探しているJavaScriptエンジニアの方はぜひご覧ください。

 

レバテックフリーランス
geechsjob(ギークスジョブ)
フリエン(Frien)
techtree(テックツリー)

 

 

・周囲から仕事をもらう

友人知人や前職の同僚など仕事を紹介してもらえるのであれば、JavaScriptの副業案件に参画できるきっかけになります。
JavaScriptのプログラミングスキルを持っていて、副業の仕事を探しているということを伝えておけば、有益な情報や案件に繋げてくれる可能性は高まるでしょう。
顔見知りや周囲の方からJavaScriptの副業案件の情報をもらうことになるので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。

 

 

・クラウドソーシングの活用

クライアントがオンライン上でエンジニアと繋がり、仕事依頼をすることができる「クラウドソーシングサービス」を活用する探し方があります。
クラウドワークスランサーズココナラなどが有名です。
自身の開発スキルを登録するだけでJavaScriptの副業案件を豊富に検索したり参画したりすることができます。また、自身のJavaScriptの開発レベルに沿った副業案件を探すことが出来るためステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。
「このJavaScriptの副業案件に興味ありませんか?」などのスカウト機能も付いているため、副業案件をスタートする方は必ず登録しましょう。

 

 

・オンラインからのスカウト

オンライン上に自分の経歴や実績を公開しておくことで、企業などからスカウトが直接届き、JavaScriptの副業案件に参画できる可能性もあります。
自分の実力に見合ったJavaScriptの副業案件に参画出来るため、積極的に開発スキルや職歴などを披露していくようにしましょう。
ポートフォリオの登録やSNSの発信などが、主なアピール方法になります。時間がある方は自身でWebサイトを立ち下げてみても良いかもしてません。

 

 

 

5.まとめ


今回はJavaScriptの副業案件を獲得する方法について解説してきました。
JavaScriptは人気のプログラミング言語であることや多くのサービスにおいて使用されており、今後もチャットのようなシステム開発・スマホアプリ開発・ゲーム開発・ブロックチェーン開発など広く利用されます。
JavaScriptは技術としても安定しており、開発エンジニアの人口が多いため、今後もニーズが増加していくでしょう。
そのため、JavaScriptの副業案件は見つけやすいでしょう。

ぜひ、副業案件を探すのであればJavaScriptに注目してみましょう。

 

JavaScriptを活用した求人・案件をフリーランスエンジニアのための求人・案件一括サイト
フリーランススタート」で探してみませんか?
フリーランススタート」では、リモートやフリーランス向けのJavaScript求人・案件を豊富に取り揃えています。

需要が多く、副業が認められている現代だからこそJavaScriptエンジニアとして、1歩踏み出すチャンスです。
「高単価」「継続的」の求人・案件に興味がある方は、副業以外にもフリーランスという選択肢もあります。
自分の目的にあった求人・案件にチャレンジしてみましょう。

 

JavaScript副業案件を早速探してみる方はこちらから↓

 

オススメのJavaScript案件はこちら
オススメのJavaScript案件はこちら

 


本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

新着フリーランス求人・案件

おすすめフリーランス求人・案件