Webプロデューサー転職 | Webプロデューサーの転職実情や年収、転職実現のコツを解説!

2021.04.28

皆さんはWebプロデューサーという職種をご存知ですか。

Webプロデューサーとは簡単に言うと、Web制作の企画から制作、予算管理、顧客折衝、進行管理などを行うプロジェクト全体の責任者を指します。


近年、加速する情報化社会において、Webプロデューサーに興味をもち、転職を考える方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではWebプロデューサーにについて以下に焦点を当てながら詳しく解説します。


・Webプロデューサーとは何かについて
・Webプロデューサーの仕事内容について
・Webプロデューサーの年収について
・転職市場からみるWebプロデューサーの需要について
・未経験からWebプロデューサーへの転職を実現させるための方法について


Webプロデューサーへの転職を現在または将来的に検討している方は是非ご一読ください。

 

 

 

1.Webプロデューサーとは


Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

Webプロデューサーとは、冒頭でも簡単に解説しましたが、Web制作プロジェクト全体の責任者のことを指します

 

しかし、Web制作業界においてWebプロデューサーという明確な職種が存在するわけではありません。
そのため、Webプロデューサーの業務内容や業務範囲は所属する企業や事業会社で大きく異なりります。

 

Webプロデューサーは、一般的にWebディレクターの上位職に該当しますが、Webディレクター自体がWebプロデューサーの役割を兼任する場合も多いです。

 

WebプロデューサーとWebディレクターの違い

ではWebプロデューサーとWebディレクターでは具体的に何がどう違うのでしょうか。

 

ここではその違いについて解説します。

  Webプロデューサー Webディレクター
概要 ・Webサイトの事業責任を負う職種(計画立案者) ・Webサイトの実務責任を負う職種(実務遂行者)
主な業務範囲

・事業計画 (市場分析、収益や予算計画の立案、人員計画、協業企業との折衝など)
・サイト設計 (UI/UX設計、情報設計、システム設計、プロモーション戦略など)

・サイト制作 (ワイヤーフレーム作成、デザインやコーティング業務、社内外スタッフとの折衝など)
・運用や保守 (売上管理、アクセス解析、コンテンツの追加や修正、広告運用など)

 

表の内容はあくまで一般的な情報を参考にしたものです。

 

ある程度線引きをして業務範囲を分けましたが、もちろんどちらかがどちらかの業務を兼任する場合もあります。

どこまでが業務範囲となるかは、転職時の求人情報や所属した事業会社に直接確認することがおすすめです。

 

 

 

 

2.Webプロデューサーの仕事内容


Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

先程も簡単に解説しましたが、より詳しくWebプロデューサーの仕事内容について解説します。

 

クライアントとのヒアリングや企画提案

Webプロデューサーは新規のWebサイト制作の場合、制作するサイトの用途やクライアントの要望についてクライアントへヒアリング行ったり企画提案を行ったりします。
また既存のWebサイトをリニューアルする場合、そのサイトの問題点や修正内容についてをクライアントにヒアリングしたり、企画提案を行ったりします。

 

この際、制作予算や納期などもクライアントとのミーティングで確認します。

 

 

予算管理やスケジュール管理

Webプロデューサーは制作案件の企画からリリースまで、プロジェクト全体の進捗状況を把握し、スケジュール通りに制作が進んでいるかを管理します。

また、進行状況に応じて予算管理を行い、状況に応じて開発者を増やす手配もします。

 

 

プロジェクトの進行管理やトラブルシューティング

Webプロデューサーはプロジェクトの進行管理を行うだけではありません。

予期せぬトラブルやクライアントからの要望による仕様変更などで、プロジェクト全体に遅れが生じた場合、代替案を考えるなどプロジェクトを円滑に進めていく責任も伴います。

 

 

 

3.Webプロデューサーの年収


Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

「求人ボックス」を参考に調査したところ、Webプロデューサー(正社員)の平均年収は約525万円でした。
月給で換算すると約44万円です。

 

国税局の平成30年分民間給与実態統計調査結果によると、日本における正規の給与所得者の平均年収は504万円でした。
この数値と比較するとWebプロデューサーの年収は平均よりも高い傾向にあるといえます。

 

Webプロデューサー(正社員)全体の給与幅としては355〜883万円と比較的広く、転職先の企業の待遇や個人が持つスキルやノウハウによっても年収に大きな差があると考えられます。

 

なお、フリーランスのWebプロデューサーの平均年収は以下です。

  平均年収 中央値年収 最高年収 最低年収
Webプロデューサー 673万円 660万円 1,320万円 240万円

(参照:プロデューサーのフリーランス求人・案件一覧)

 

正社員とフリーランスのWebプロデューサーの平均年収を比較するとフリーランスの方が約1.3倍多く貰っていることがわかります。

Webプロデューサーとして高年収を希望している方はフリーランスを検討することをおすすめします。

 

早速、Webプロデューサーのフリーランス案件を覗いてみる↓

 

Webプロデューサーのフリーランス求人・案件はこちら
Webプロデューサーのフリーランス求人・案件はこちら

 

 

 

4.転職市場からみるWebプロデューサー需要


Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

ここでは転職市場からみたWebプロデューサー需要について、Webプロデューサーの現状と将来性という観点から考察・解説します。

是非参考にしてみてください。

 

Webプロデューサーの現状

Webプロデューサーの現状は安定しています。
近年、加速する情報化社会において、Web媒体は非常に重要視されています。

 

そのため、Webサイトやホームページ制作に関わるWebディレクターやWebデザイナー、それらを統括するWebプロデューサーの求人は転職市場においても安定的な需要があります。

しかし、WebマーケティングやWeb運営など他の類似職種と比較してみると、Webプロデューサーの求人数はやや少ない印象があります。

 

以下転職サイトで掲載されているWebプロデューサーの求人数と他類似職種求人数の比較です。

  Webプロデューサー/Webディレクター Web運営(ECサイトの運営) webマーケティング
求人数 1,865件 5,332件 3,293件

(参照:リクナビNEXT)

 

しかし、これはWebプロデューサー自体の需要が低いからという理由ではありません。

組織的な構造上、直接実務を行うWebディレクターやWebデザイナーと比較すると統括責任者であるWebプロデューサーの絶対数は少ないという理由が考えられます。

 

また、WebプロデューサーとWebディレクターは業務内容が似ていることもあり、求人サイトや転職サイトによっては一括りになっていることも要因の1つと考えられます。

Webサイトやホームページのリッチ化が進み、競合するWebサイトが増えてきている中では、Webプロデューサーは他社よりも質の高いWebサイト制作する必要があり、高い能力を要求されています。

 

 

Webプロデューサーの将来性

Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

 

【参考|IT人材需給に関する調査

 

Webプロデューサーのニーズは今後も増していくでしょう。
Web制作の需要は急速なインターネット技術の発展により、近年ますます上昇傾向にあります。

 

それに伴い、Webプロデューサーに限らずWebディレクターやWebデザイナーの需要も右肩上がりに上昇しています。

 

その理由として、IT人材不足やIT市場の成長が挙げられます。
経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、Webプロデューサーを含むIT人材の需給ギャップは、2030年には少なくと見積もっても16万人以上となる見込みです。


また下記表は、2020年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について表した表です。

Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

【参考|国内民間IT市場規模推移と予測

 

表を見ると、2020年度以降における国内民間企業のIT市場規模は、2020年度が前年度比0.1%増の12兆9,000億円、2021年度は同4.3%減の12兆3,500億円、2022年度は同0.4%増の12兆4,000億円と予測されています。

IT業界の市場規模は例年同様、引き続き高い数値を記録すると言えます。

 

ここまでの説明と先ほど解説したWebプロデューサーの現状と考慮すると、引き続きIT業界の市場規模は高い数値を記録し、かつWebプロデューサーを含むIT人材は不足するということが言えるでしょう

つまりWeb制作を担当する開発者の需要が増す分、それらを統括するWebプロデューサーの需要も増すと推測できます。

 

また、Web業界の特徴として、正解がないという特徴があります。
正解がないからこそ、より結果を出せるWebプロデューサーの需要はより高いものになるでしょう。

 

より結果を出せるWebプロデューサーは将来的に重宝され、高収入に期待できると言えそうです。

 

 

 

5.未経験からWebプロデューサーへの転職を実現させるには


Webプロデューサー転職関連画像
Webプロデューサー転職関連画像

未経験からWebプロデューサーになる道はありますが、ややハードルが高いです。

Webプロデューサーになるために必要な特別資格などはありません。

 

しかし、Webプロデューサーはプロジェクト全体の責任者なので、制作側だけでなく、クライアント側の考えも理解した上で業務を進める必要があります。

ここでは未経験からWebプロデューサーへの転職を実現させるために最低限必要なスキルやポイントについて4点解説します。

 

Web関連スキルや知識

様々な業務に携わるWebプロデューサーは、Webに関連したスキルやノウハウは保持しておく必要があります

 

特にクリエイターとしての専門的なWebスキルやノウハウを持っていると転職時に有利になりやすいです。

例えばAdobe Photoshop、Adobe Illustrator、Sketch、Adobe XDなどのデザインソフトの基本知識やデザインスキル、Webサイト制作に関するプログラミングスキル(HTML、CSS、JavaScript、jQueryなどの基礎的プログラミング言語のノウハウが有効)、UI/UXの設計ノウハウ、SEMのノウハウが強みになります。


【Webプロデューサーの転職に役立つ資格】

Web検定 Webリテラシー
Web検定 Webディレクション
Web検定 Webデザイン
Webクリエイター能力認定試験
マーケティング・ビジネス実務検定
Webライティング能力検定
Webアナリスト検定

 

 

マネジメントスキル

Webプロデューサーにはマネジメントスキルも必要です

具体的には、開発者を適材適所に配置してチームワークを最大化したり、チームのモチベーションコントロールやスケジュール管理などを行います。

リーダーシップを取りながら、プロジェクトチームの全員が能力を最大限に発揮できるようにマネジメントする能力が求められます。

 

 

コミュニケーションスキル

ほぼすべての職種で重要視されるコミュニケーションスキルですが、Webプロデューサーも例外ではありません

Webプロデューサーはクライアントの要望を汲み取るだけでなく、社内外スタッフとも臨機応変に対応する必要があります。

 

またミーティングで得た情報をプロジェクトチームに正確に伝える必要があるので、そもそもコミュニケーションスキルがないとプロジェクトを円滑に回すことができません。

それゆえ、コミュニケーションスキルはWebプロデューサーにとって最低限身につけておかなければならない最も重要なスキルといえます。

 

 

転職サイトや転職エージェントを活用する

未経験からWebプロデューサーを目指すとなると、案件の探し方や仕事の取り方、必要なスキルやノウハウなど不明点が多いかと思います。
転職時は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです

 

転職のプロに相談することで自分の転職条件に沿った求人を探せるため最適な企業を見つけることができます。

 

転職サイトによって強みにしている分野や特長は違います。
同時に複数の転職サイトや転職エージェントを利用し、状況によって使い分けることがおすすめです。

【Webプロデューサーの転職に強い転職エージェント】
企業名 特徴
レバテックキャリア

・IT・Web業界に特化した転職エージェントで、掲載求人の約80%が非公開求人
・転職サイトのみで掲載されているWebプロデューサー求人が多数あり
・ ベンチャーから大手上場企業まで幅広い求人を取り扱っている点が強みです。

ワークポート

・IT・インターネット業界専門の人材紹介会社で、12年間で1万人もの転職支援実績が魅力
・ 中小から大手企業のWeb案件など、Webプロデューサーやクリエイティブプロデューサーとしての求人が豊富

マイナビITエージェント

・大手老舗の転職エージェントで、実績の多さ、大手企業とのコネクションが手厚い点が魅力
・コンサルティングファームや大手SIer、ベンダーやメーカー、ゲーム・Web系など、幅広く求人を取り扱いあり

 

 

 

 

 

6.まとめ


今回はWebプロデューサーへの転職を現在または将来的に検討している方に向けて、Webプロデューサーの仕事内容、年収、転職事情、未経験からWebプロデューサーへの転職を実現させるための方法などに詳しく解説してきました。

 

WebプロデューサーとはWeb制作プロジェクト全体の責任者である

Webプロデューサーの仕事内容は主に3つあり、クライアントとのヒアリングや企画提案や予算管理・スケジュール管理、プロジェクトの進行管理やトラブルシューティング

Webプロデューサー(正社員)の平均年収は約525万円

転職市場からみるWebプロデューサーの需要は現状安定
今後のWeb業界の動向を考えるとWebプロデューサーのニーズは増加
また結果を継続的に出すWebプロデューサー重宝され、高収入が可能

未経験からWebプロデューサーへの転職を実現させるためには、以下身につけておくと転職に有利
①Web関連スキル
②知識マネジメントスキル
③コミュニケーションスキル

また転職サイトや転職エージェントを活用し転職成功確率を向上させよう

 

Web制作業界は今後ますます成長し、それに伴い、Webプロデューサーの需要も高まることが予測できます。

それゆえ、Webプロデューサーは将来的に高収入に期待できる職種と言えます。

 

気になる方は、この機会にWebプロデューサーへの転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト「フリーランススタート」に少しでも興味がある方は是非ご登録ください。

 

なお、フリーランススタートはiOSアプリ版やAndroid版をリリースしています。

通勤しているエンジニア・デザイナーでちょっとしたスキマ時間で手軽にフリーランス求人・案件を検索したい、開発言語の単価が知りたい、フリーランスを将来的に検討している方などは是非インストールしてみてください。

 

フリーランススタートのアプリを有効活用して、フリーランスとして第一線で活躍しましょう!

 

フリーランススタート iOSアプリのインストールはこちらから

 

フリーランススタート Androidアプリのインストールはこちらから→

 

 

本記事が皆様にとって少しでもお役に立てますと幸いです。

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア

フリーランスお役立ち記事を検索

プロデューサーのフリーランス求人・案件

新着フリーランス求人・案件

おすすめフリーランス求人・案件