公共・官公庁の求人・案件一覧

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

61.8万円

中央値単価

60万円

最高単価

200万円

最低単価

24万円

全4466件中1-30件を表示中

全4466件中1-30件を表示中

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが293件、TechStockが251件、ハイパフォコンサルが200件、パーソルテクノロジースタッフが135件、Midworksが98件、テックリーチが88件、アットエンジニアが64件、FREE-DAが58件、PE-BANKが52件、Juntoが44件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、TechStock、ハイパフォコンサルであることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、TechStock、ハイパフォコンサルを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとテックリーチが26件、パーソルテクノロジースタッフが11件、レバテッククリエイターが9件、レバテックフリーランスが8件、ハイパフォコンサルが6件、Midworksが3件、TechStockが3件、フォスターフリーランスが1件、techtreeが1件、indecoが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはテックリーチ、パーソルテクノロジースタッフ、レバテッククリエイターであることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテックリーチ、パーソルテクノロジースタッフ、レバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

公共・官公庁のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとスマートエンジニアが120万円、DATA SOLUTIONが120万円、ハイパフォコンサルが112.3万円、i-common tech(アイコモン テック)が83.6万円、1 on 1 Freelanceが83.3万円、TechStockが81.5万円、techtreeが80万円、Relance(リランス)が77万円、indecoが75.7万円、meetX FREELANCEが75万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高い公共・官公庁のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはスマートエンジニア、DATA SOLUTION、ハイパフォコンサルであることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はスマートエンジニア、DATA SOLUTION、ハイパフォコンサルを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1395件、大阪府が186件、神奈川県が90件、埼玉県が40件、千葉県が26件、福岡県が24件、北海道が23件、兵庫県が22件、愛知県が16件、茨城県が14件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 職種別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件で公開されている職種の公開案件数を分析するとインフラエンジニアが550件、PMOが381件、システムエンジニア(SE)が317件、コンサルタントが239件、汎用機エンジニアが174件、PM(プロジェクトマネージャー)が149件、アプリエンジニアが136件、ネットワークエンジニアが114件、プログラマーが69件、サーバーエンジニアが50件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
インフラエンジニア、PMO、システムエンジニア(SE)の職種を求めている公共・官公庁のフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
インフラエンジニア、PMO、システムエンジニア(SE)の開発経験があるフリーランスは公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 職種別平均単価

公共・官公庁のフリーランス求人・案件で公開されている職種の平均単価を分析するとデータサイエンティストが95.0万円、コンサルタントが85.0万円、PMOが81.5万円、PM(プロジェクトマネージャー)が79.0万円、iOSエンジニアが76.3万円、クラウドエンジニアが70.0万円、Androidエンジニアが68.0万円、UI・UXデザイナーが67.9万円、Webディレクターが67.1万円、サーバーエンジニアが66.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
高単価案件を求めているフリーランスは公共・官公庁のデータサイエンティスト、コンサルタント、PMOの求人・案件に参画すると良いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件数の推移

公共・官公庁の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が516件、2022年1月が372件、2022年2月が573件、2022年3月が609件、2022年4月が628件、2022年5月が430件となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、198件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

公共・官公庁のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

公共・官公庁の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が85件、2022年1月が77件、2022年2月が122件、2022年3月が129件、2022年4月が141件、2022年5月が146件となっています。公共・官公庁のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、5件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が61.6万円、2022年1月が61.7万円、2022年2月が61.9万円、2022年3月が61.9万円、2022年4月が61.8万円、2022年5月が61.8万円となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が739.5万円、2022年1月が740.9万円、2022年2月が742.3万円、2022年3月が743.1万円、2022年4月が741.9万円、2022年5月が741.8万円となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.1万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

公共・官公庁の常駐案件・リモートワーク案件割合

公共・官公庁の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が144件(32.9%)、常駐案件が294件(67.1%)となっており、公共・官公庁フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

公共・官公庁のフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

公共・官公庁のフリーランス求人・案件について

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価は61.8万円、中央値単価は60万円、最高単価は200万円、最低単価は24万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)