公共・官公庁の求人・案件一覧

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

64.4万円

中央値単価

60万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

全6221件中1-50件を表示中

全6221件中1-50件を表示中

公共・官公庁のフリーランス案件に関するよくある質問

公共・官公庁のフリーランス案件は高単価ですか?

公共・官公庁のフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は64.4万円です。 公共・官公庁のフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は768~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人の公共・官公庁の経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になる公共・官公庁のフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス案件は見つかりやすいですか?

公共・官公庁の募集中フリーランス案件数は632件、累計掲載案件は6,221件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開の公共・官公庁のフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

公共・官公庁のフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

公共・官公庁の募集中リモート案件数は215件、累計掲載案件は1,116件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になる公共・官公庁のフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが903件、パーソルクロステクノロジーが330件、TechStockが313件、ハイパフォコンサルが247件、SEES(シーズ)が239件、エンジニアルーム(Engineer Room)が219件、Midworksが211件、レバテッククリエイターが181件、テックリーチが173件、アットエンジニアが147件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、TechStockであることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが129件、パーソルクロステクノロジーが17件、IT@JOBが17件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が12件、ビースタイル バリューテクノロジーズが12件、レバテッククリエイターが9件、Midworksが8件、ハイパフォコンサルが6件、TechStockが5件、エンジニアルーム(Engineer Room)が4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、IT@JOBであることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、IT@JOBを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

公共・官公庁のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが113.1万円、バチグマが96万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が88.7万円、TechStockが85.5万円、1 on 1 Freelanceが81.7万円、Relance(リランス)が80.6万円、techtreeが80万円、indecoが77.2万円、YSLソリューションが76.1万円、meetX FREELANCEが75万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
月額単価の高い公共・官公庁のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、バチグマ、HiPro Tech(ハイプロテック)であることがわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、バチグマ、HiPro Tech(ハイプロテック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が754件、週4日が130件、週3日が97件、週2日が58件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になる公共・官公庁のフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が2383件、大阪府が292件、神奈川県が180件、福岡県が89件、埼玉県が65件、兵庫県が40件、北海道が35件、千葉県が31件、愛知県が20件、茨城県が14件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
公共・官公庁のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 職種別公開案件数

公共・官公庁のフリーランス求人・案件で公開されている職種の公開案件数を分析するとインフラエンジニアが632件、システムエンジニア(SE)が457件、PMOが444件、コンサルタントが252件、アプリエンジニアが229件、汎用機エンジニアが188件、PM(プロジェクトマネージャー)が180件、ネットワークエンジニアが138件、サーバーエンジニアが93件、プログラマーが81件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
インフラエンジニア、システムエンジニア(SE)、PMOの職種を求めている公共・官公庁のフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
インフラエンジニア、システムエンジニア(SE)、PMOの開発経験があるフリーランスは公共・官公庁のフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件 職種別平均単価

公共・官公庁のフリーランス求人・案件で公開されている職種の平均単価を分析すると2Dデザイナーが110.0万円、データサイエンティストが95.0万円、クラウドエンジニアが92.1万円、機械学習エンジニアが90.0万円、iOSエンジニアが83.6万円、コンサルタントが81.9万円、PMOが80.9万円、PM(プロジェクトマネージャー)が77.8万円、ブロックチェーンエンジニアが75.0万円、マーケターが71.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
高単価案件を求めているフリーランスは公共・官公庁の2Dデザイナー、データサイエンティスト、クラウドエンジニアの求人・案件に参画すると良いでしょう。

公共・官公庁のフリーランス求人・案件数の推移

公共・官公庁の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が750件、2022年10月が636件、2022年11月が713件、2022年12月が759件、2023年1月が643件、2023年2月が750件となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、107件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

公共・官公庁のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

公共・官公庁の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が264件、2022年10月が164件、2022年11月が187件、2022年12月が228件、2023年1月が201件、2023年2月が233件となっています。公共・官公庁のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、32件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年10月が62.6万円、2022年11月が62.8万円、2022年12月が63.4万円、2023年1月が63.9万円、2023年2月が64.1万円となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年10月が750.8万円、2022年11月が754.1万円、2022年12月が760.8万円、2023年1月が766.7万円、2023年2月が769.7万円となっています。公共・官公庁のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し3.0万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

公共・官公庁の常駐案件・リモートワーク案件割合

公共・官公庁の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が235件(32.5%)、常駐案件が487件(67.5%)となっており、公共・官公庁フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

公共・官公庁のフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

公共・官公庁のフリーランス求人・案件について

公共・官公庁のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
公共・官公庁のフリーランス求人・案件の平均単価は64.4万円、中央値単価は60万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)